オウンドメディアでコンテンツマーケティングする場合、SEO対策だけやっていてもダメ×

現在SEOからCVを取るための施策として、オウンドメディアを運用しコンテンツマーケティングをすることが主流となっています。

コンテンツマーケティングとは、ユーザーに有益なコンテンツを作り、それを目当てにユーザーを集めて集客しましょう。というマーケティング手法です。

その手法の1つにオウンドメディアがあり、自社でWEBメディアを作り、ユーザーが興味のある記事を書いて集客する手法が主流となっています。

しかし、流行にのってオウンドメディアを始めたは良いが、全然CVにつながらない事例が多発しています。

目次

【結論】SEO対策とLPO対策を分けて考える必要がある

WEBに携わる人ならほとんどの人がご存じだと思いますが、SEO対策とは検索エンジン最適化と言って、簡単に言うとGoogle検索でより上位に表示させるための対策のことです。

SEO対策に対してまだまだ認知度が低いと思われるLPO対策は、ランディングページ最適化といってLPを最適化してCVRを改善しようという対策になります。

SEO対策をやるぞーーと言って記事を量産し、GoogleやYahooの検索エンジンからの流入獲得にある程度成功しても、そのあとのCVに全然つながらないケースが非常に多いです。

LPO対策は主にガッツリ作りこんだLPに対しておこなう施策ですが、1つ1つの記事に対しても、流入してきたユーザーにCVにつながる行動を起こさせるための施策を行わないといけません。

LPO対策と記事へのCTA設置

CV獲得のためのオウンドメディアの設計方法として一般的なのが、キーワード対策をした記事を量産し、その記事にCTAを置いてLPに遷移させCVさせます。(CTAを使わずフォームを埋め込んで直接CVさせる方法もありますが)

■CTAのA/Bテスト

まずはSEOから記事に流入してきたユーザーのCTAクリック率を上げる施策をしましょう。

これはシンプルに配置する位置CTAのクリエイティブやデザインの変更をA/Bテストします。

記事の上部にだけCTAを配置していれば押してくれるだろうと考える人もいますが、記事を読み終わった後に自然な流れでCTAをクリックする人もいるため、色んな配置パターンを検証しましょう。

CTAはバナーであったりCSSでデザインされたボタンであったり色々あるため、どういったCTAがクリック率が高いか検証をしましょう。

■LPのA/Bテスト

CTAのクリック率が高まったら、次はその先のLPの改善をしなければいけません。せっかくLPに訪れる人が増えても、そこで問い合わせや応募をする気にならないページ内容だとCVRは悪化します。

LPOの基本的な設計方法はGoogleで検索してください。外部に依頼せず内製で行う場合は、あまり難しいことは考えず、自社サービスの良さを真摯に伝えることを念頭につくってください。

細かいテクニックはたくさんあるため、改善につながらない場合はLP制作もできるコンサルに依頼すべきでしょう。

【まとめ】考え方はシンプル◎

オウンドメディアで集客する考え方はシンプルです。

SEOで多くの人を呼び込み、LPOで呼び込んだ人のできるだけ多くをCVに結びつける、だけです。

どんな商売でもそうです。カフェでもたこ焼き屋でもエステでも…。

多くの人を集め、多くの人に買ってもらう。デジタルだからって難しく考える必要はありません◎

NYマーケティング株式会社では、「SEO対策」の初回無料相談を承っております。ホームページのお問い合わせからお送りいただくか、nakagawa.yuuki.2020@gmail.com、もしくはLINE公式までご連絡ください。
『ポータルサイト』『ECサイト』などのデータベース型SEOは中川にお任せください!!

↓↓SEOハンドブックを無料プレゼント中!!

↓ SEO対策に関する記事を更新しています。トラブル時の逆引きになれば幸いです。

あわせて読みたい
【実用・実践編】被リンク獲得手法、被リンク営業先のサイトまとめ SEO対策をする上で被リンクは最も重要です。 SEO対策の相談が最近多くなり、チームでナレッジを共有するため、改めて最新の被リンク獲得手法や被リンク営業先をまとめま...

↓ Youtubeもぜひご覧ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

NYマーケティング株式会社・代表取締役 中川裕貴
Webマーケティング歴13年、SEOの実績多数。ポータルサイトSEO、コンテンツマーケティングSEOなど、幅広いジャンルのコンサルティング経験が豊富。
SEO以外にもWebマーケティングの全体戦略設計から、SNSマーケ、MA設計、広告運用などWebマーケティング全般のご支援が可能です。

コメント

コメントする

目次
閉じる