【年収1000万円】フロントエンドエンジニア、フリーランス9年目



今回のプログラマー・ITエンジニアインタビューは、フリーランスのエンジニアで年収1000万円を稼いでいる39歳の『cat_2020』さんです!

フリーランスになって9年目で、主にフロントエンドの開発を請け負っているそうです。

『cat_2020』さん曰く、「フリーランスエンジニアで1000万円は平均」らしいです。


これからプログラマーに転職しようと考えている方。これからフリーランスになって稼ごうと考えている方。

『cat_2020』のインタビューの中で、どうすればプログラマー、SEがフリーランスになって成功するか、秘訣がたくさん出てくるので要チェックです!!



フロントエンジニアで年収1000万を稼ぐ「cat_2020」さんの自己紹介


フリーランスのITエンジニアとして、スマートフォンアプリ制作webのバックエンド部分の制作を行っております。



新卒からIT業界でしたが、最初はエンジニアではなく制作進行(いわゆる何でも屋ですね…)から入り、 その後自分で手を動かして作ってみたくなりプログラマーとして雇ってくれる会社に転職しました。

その転職した会社で色々覚えさせてもらった感じで、職種はその2つしかありません。


ただ、いくつか転職はしましたが、概ね10人前後の会社が多かったので、いい意味ではお客さんから仕事を取ってきてそれを納品するまで経験できました。

ある意味、営業的なことや、仕事を外部に発注するようなことまでもやらなくてはならない状況で、 フリーランスとほとんど変わらないようなことが経験できて、そこからフリーにはなりやすかったです。 (実際にはフリーだと会社員の時とは違い、そこに、銀行にお金を入金してもらうまで、という仕事も入るのですが…)



現在の年収は、多少変動はあるのですが、毎年1000万前後という感じです。


プログラマーからフリーランスで年収1000万稼ぐまでの経歴


最初は、子供向けの電子教材(CD-ROM、webサイトなど)を作っている会社で2年間制作進行をやらせていただき、色々業界のことを教えていただきました。


その後は、6年半、プログラムをやらせていただけるWEB系の制作会社に入り、WEB制作(当時はFLASH全盛でしたのでその制作など)、PCソフトの制作をやらせていただきました。

最初はもちろん未経験ということもあり給料はかなり安かったです。

しかし、本来であればそこの教育コストを学校などに入って自分で持たないといけない中、最低限のお金をもらえるだけでもありがたいと思っておりました。


その後はまた別のWEB系の制作会社に入り、そこでもWEB制作も行っていました。

そのWEB制作業務に加えて、時代の流れがちょうど来ていたios、androidのスマートフォンアプリ制作を行うことができました。

それは今でもスキル的にはかなり繋がっている大きな経験になりました。


3年でその会社を退職し、以後は9年間、フリーランスとして働いております。

フリーランスでは、以前の会社の伝手でお仕事を頂いたり、まれに出来てしまう空いてしまう月は、ランサーズやクラウドワークスなどからお仕事をもらったりしております。 (イメージの良くないそういった仲介サイトですが、そこから今でも繋がってたまに仕事をいただける方が何人もいます)


フリーランスエンジニア「cat_2020」さんの強みを3つ教えてください


・自分で言うのも少し恥ずかしいのですが、プログラマーらしからぬ人当たりの良さとバランス感覚

やはり研究的な仕事のためか、どうやって今まで生きてきたの?! みたいなコミュニケーション能力0の人が多くいます…

もちろんそういう人ほど、脳の構造が深い思考に特化していて研究分野では優秀だったりするのですが、 そういう人はフリーで生きていくのはかなり厳しいと思ってます。

良くも悪くも、日本は体育会系コミュニケーション重視文化なので…)


・上記と少し被りますが、それによる高い営業力

またそれにより、営業に特化されている方ほどではもちろんないのですが、 知人、友人が多いので、営業サイドとプログラマーサイドを繋ぐハブになっている点


・IT業界自体が好きなので、新しいものを学ぶのが苦ではない事


フロントエンジニアで年収1000万円を稼げるまでに体験した転機や成功体験を教えてください



最初に入った会社で自分で手を動かして作ることで初めて、ものを作る流れを大局的に見れたこと

最初の会社では制作進行として、言われるままに忙しくしていたのでわからなかったのですが、 プログラマーとして実際に参加することで、ようやく、「プロダクトを制作してクライアントさんに収める」ということの全体を理解できたことでしょうか。


これは、制作進行としてやっていただけではわからなかったでしょうし、 プログラマーとしてだけでやっていたのであれば、理解はかなり遅かったと思います。

それに、 制作進行などの管理してくれる人がいて初めて自由に動けるんだ、ということへの理解も当然ながら早かったです。

なので、計算してそうなった訳ではないのですが、同じ業界で複数の立場から関わる… 実際、1つの職種だけしか経験していない方が非常に多く、双方の視点から考えられるという点はかなりのアドバンテージになったと、今振り返っても思います。



最後にいた会社で、iPhoneアプリ制作をしたいのです!と会社を強引に説得して参入し、奇跡的に有料アプリランキング2位に入り込むアプリを出せたこと

iPhoneが日本でも出るということで、昔からmac信者だった自分はどうしてもアプリ制作をやりたいと思い、 社長を説得して、会社の時間を使って作れることに成功しました。


当時はガラケー全盛で、会社でもガラケーで動く、javaでのゲーム制作もやっていたので、 そもそもiPhoneなんてそんなに日本では流行らないのでは?

それならガラケー向けにリソースを割いたほうがいいと反対する人もいました。が、まず2ヶ月で簡単なアプリをリリースするので…という制限を設けて、なんとか折れてもらいました。


それで当時は審査も1ヶ月くらいかかったため、実質1ヶ月かからないくらいでできる、 facebookやtwitterの友人を管理するという簡単なツール系のアプリを作成しました。

当時はアプリ本数も非常に少なく、かなりタイミング的な運も良かったのですが、SNS自体がスマートフォンと相性が良かったというのもあり、かつ、色々な媒体で取り上げてもらったという事もあり、有料アプリランキングで2位まで行くことが出来ました。


当時は1万DLもいけば2位が取れた時代だったのですが、結局トータルのDL数は2万を超え、当時は115円で売っていたので、 115円 x 20000DL で、1ヶ月くらいの作業で200万円超えの利益を出すことができました。

さらにその実績のおかげで他社さんからもアプリ制作の依頼が多く入り、 実質の総額としては1000万以上の売上に寄与したと思います。


まとめますと、うまく時代の流れに乗れたという運も合ったものの、まずそこで当たらなくてもいいからやってみよう!と周りを説得して無理矢理にでも動けたことは結果的にすごく良かったと思います。

これはもはやエンジニア力とかそういうことでもなく、行動力、ということだったのだと思います。 (実際、アプリの内容はかなり簡単なもので、それこそ新卒の方が1,2ヶ月もプログラムを学べば作れるような内容だったので…)


フロントエンジニアで年収1000万を目指している若者にアドバイスをお願いします


自分はエンジニアなので、その方向性でしかアドバイスは難しいのですが、一人で作業することが多いと言っても、人とのつながりは大事にしたほうがいいということでしょうか。


前述の通り、そこが出来ていない人がどうしても多い業界なので、それが出来ているだけで、よほどのことがなければ、ひとまず仕事に困るということは無いと思います。

それに加えて、原材料を買ったりしないと作れない、試せないというような業種でもないので、その時に流行っていることをまず色々やってみて、 圧倒的と言わないまでも、お客さんよりも少しだけ詳しくなっておく…

それだけで、フリーのエンジニアであれば700万は全然不可能な目標ではないというか、普通にしていれば行くと思います。

(むしろ、行かないようであれば会社でエンジニアをやっていたほうが勉強にもなりますし、その方がいいと思います。 恐らく、フリーのエンジニアの方の平均年収を出したら、1000万を超えていると思うので…)


編集後記


cat_2020さんありがとうございました!


このメディアを運営している私も、エンジニア歴13年でフリーランス1年目です。

確かに元々システムエンジニアの年収は会社員でも高いです。

しかしフリーランスで年収1000万円を稼ぐには、能力はあって当たり前、実績と信頼があって太い案件を安定して供給してもらう必要があります。

平均1000万円、というのは成功している人の中の話でしょう。


システムエンジニアのキャリアプランについては、ほぼほぼプログラマーからのキャリアアップになります。

大手システム会社であれば、最初からSE候補として入りプログラミングはせずに設計から学ぶ人もいますが、中小企業でシステムエンジニアになるにはプログラマーで現場で学んでからキャリアアップします。


フロントエンドエンジニアの仕事とは?


そもそもフロントエンドエンジニアの仕事とはどんなものでしょうか?

フロントエンドエンジニアとは、名前の通りフロントエンド(画面側)のシステムを設計・構築する仕事です。


ユーザーが触れる画面をプログラミングをするのが主な仕事で、デザイナーが構築したデザインを元に、HTML、CSS、Javascriptを用いてコーディングしていきます。


必須になる技術がHTML、CSS、Javascriptの3つであり、Javascriptの人気フレームワークであるReact(リアクト)、Vue(ビュー)、Angular(アンギュラー)を学んでおくと案件が取りやすいです。

バックエンドエンジニアに比べて覚えることが比較的少なく、未経験からでも挑戦しやすい職種となっています。


フロントエンドエンジニアがリアルに年収1000万を実現する方法を調査


会社員として働くフロントエンドエンジニア、フリーランスとして働くフロントエンドエンジニアなど、働き方はさまざまですが、実際にどうすれば年収1000万円が実現可能なのか調査しました。


フロントエンドエンジニアが年収UPのためにやるべきこと


①スキルアップ

当たり前ですが技術者として必要なスキルアップを心がけましょう。

HTML、CSS、Javascriptは最低ラインとして、Vue、React、Angularなどのフレームワークの知識・技術も身につけましょう。

求められるものを正確にスピーディーに開発することができれば、周りからの評価が上がっていきます。

また、管理職やチームリーダーとしてマネジメントやチームを率いるリーダーシップを発揮できるエンジニアになれれば、さらに市場から求められる人材になれます。


②経験を積む

フロントエンドエンジニアとしてさまざまな開発現場の経験を積みましょう。1社の1つのチームに長期間いても、さまざまなケースに出会える確率は少なく知見は増えていきません。

1つの会社に在籍するにしても色んな開発現場に挑戦させてもらうなど、現場での経験値を増やしていきましょう。


③転職or副業orフリーランスになる

①②が十二分に備わってきたら、年収アップが図れる環境へのキャリアチェンジを模索します。

転職で年収アップが図れる企業を探す、もしくは現職のまま隙間時間で副業ができる案件を探す、フリーランスになって高額案件を獲得するなどの方法があります。

フリーランスになるのがまだ不安という方は、副業OKの会社に転職して平日の夜や土日に受けられる副業案件に挑戦しましょう。

自ら案件を獲得することに慣れてきたら、フリーランスとして独立し高額案件で年収1000万円を目指しましょう。


フロントエンドエンジニアの平均年収・年収相場


大手転職サイトの求人データによると、フロントエンドエンジニアの平均年収は350~400万円でした。

これは会社員としてのフロントエンドエンジニアの求人の年収相場になるため、会社員でフロントエンドエンジニアとして働き続けていても年収1000万円は厳しいことがわかります。


中には会社員の正社員募集でも、大手IT企業や外資系でのフロントエンドエンジニアの募集であれば、年収700~900万円の募集もありましたが、英語が必須など高い技術力が求められるため狭き門と思われます。


レバテックキャリア」が調査したフリーランスフロントエンドエンジニアの平均年収は876万円です。

最高年収が1380万円最低年収が480万円です

フリーランスの方が会社員より圧倒的に稼げることがわかります。フリーランスのフロントエンドエンジニアの最低年収が会社員の平均年収をすでに超えていますね。


【結論】フロントエンドエンジニアで年収1000万円を目指すならフリーランスになるべき


上記の調査から、現実的にフロントエンドエンジニアで年収1000万円を実現するならフリーランスが一番良いことがわかります。


未経験からフロントエンドエンジニアのフリーランスを目指したい方は、プログラミングスクールに通いまずは基礎を学びましょう。

プログラミングスクールに関しては以下の記事で解説していますので、是非参考にしてください。


関連記事

この記事では、プログラマーが最終的に1000万円を目指すためにはどうすればよいかを解説します。 異業種からプログラマーへの転職を考えている人、いま正社員プログラマーとして働いている人、いまフリーランスの人。それぞれの境遇からどうすれば[…]


現在正社員としてフロントエンドエンジニアの仕事をしている人や、フリーランスになりたいと考えている人は、フリーランス案件を紹介してくれる会社に相談しましょう。

フリーランス紹介会社によって持っている案件が異なりますので、複数社と契約して自分にあった案件を紹介してもらいましょう。


ITエンジニア専門のエージェント【フォスターフリーランス】
週1日~のフリーエンジニア案件なら【DYMテック】
独立を考えるITエンジニアの方へ【Pe-BANK】


プログラマー・エンジニア向けの関連記事


エンジニア不足で人材の需要は高まっています。未経験からでもプログラミングスクールに通ってプログラマーになるチャンスは大いにあります。


関連記事

日本のIT人材・ITエンジニア不足は、ニュースやさまざまなメディアで取り上げられています。 菅政権に変わり、日本自体のIT化の遅れを取り戻すためデジタル庁を新設するなど、日本のIT人材不足はますます加速しそうです。 20[…]


関連記事

新型コロナの影響で失業や休業を余儀なくされている人は多くいます。そんな中でも需要が衰えていないのがITエンジニアです。 さまざまな業界でデジタルシフトが進む中、ITエンジニアはこれからも不足すると言われています。 新型コロナで仕[…]


関連記事

プログラマーという職業が世に出てきてから、世間では『プログラマーの仕事はきつい』というイメージが色濃くついてしまいました。 皆さんのイメージ通りプログラマーの仕事は本当にきついのでしょうか? 特に『未経験からプログラマーになるの[…]


関連記事

新卒や中途で初めてプログラマーとして働き始める人は、ベンチャー企業で働くことをおすすめします。 なぜかって?「働き方改革を無視して好きなだけ働けるから」です。 若いうちは働き方改革に逆らえ 働き方改[…]


関連記事

Twitterを眺めていたら、プログラミングスクールの言語はWEB系ばかりなの?っていう疑問がツイートされてた。 確かになーと思いつつ、なぜそうゆう実情になっているのか、WEB系SE歴13年で現在はフリーランスでシステム開[…]


関連記事

Twitterで女性プログラマーについてツイートがありましたので、私個人の女性プログラマーについての見解を書いていきます。 私はプログラマーからSEのキャリアで13年経ちますが、たくさんの女性プログラマーを見てきま[…]


関連記事

私は13年間システム会社で働き、多くのプログラマーと接してきた。その中でずっと疑問に感じてきたことがある。 どんな職業でも武器となるものはある。それを磨かない人は職務怠慢としか思えない。 周辺環境、タイピング技術[…]