AIエンジニアでフリーランスになれば稼げる?平均年収や必要なスキルを解説!

 

「フリーランスのAIエンジニアって稼げるの?」
フリーランスエンジニアを目指している方はエンジニア・非エンジニアともいらっしゃると思いますが、実際に現在より稼いでいけるかという不安を抱える方も多いのではないでしょうか。

しかし、AIエンジニアとしてフリーランスになれば確実に年収を上げることができます。
AI分野の急成長により市場が拡大し、AIエンジニアの需要が高まっているためです。

ここではフリーランスのAIエンジニアの年収や、勉強するべきスキルなどについて解説します。
また現在AIエンジニアでない方向けに、仕事内容なども確認していきます。

フリーランスエンジニアを目指している方はぜひ参考にしてください。

フリーランスのAIエンジニアは稼げる?需要は?

AIエンジニア向けの案件は多いので、フリーランスとして十分稼いで行くことができます。
現状、AIエンジニアは需要に対し供給が足りていないためです。
今後もその状況は続くと見られ、経済産業省の試算によると2030年には12.4万人のAI人材が不足するとされています。

AIニーズはここ数年で一気に拡大し、例えばお掃除ロボットやスマートフォンの音声認識ソフトなど現在AIはあらゆるモノに搭載されています。

そのためAI技術はIT業界に限らず家電や金融、スポーツ、ゲームなどあらゆる業界で必要とされているのです。

AIを取り入れたい企業は多いものの、近年発展してきた分野であることや高度な技術が求められることから働き手の確保が容易ではありません。

そのため、すでにスキルのあるフリーランスエンジニアは重宝され高待遇で受け入れられています。

AIエンジニアの仕事内容

AIエンジニアの仕事は大きく「開発」「分析」に分けられます。

AIの開発

実際にAIの設計や、プログラミングをして開発します。画像認識や音声認識、自然言語処理などがAI開発の中心です。

AIは大量のデータを学習した結果、AI自身が何かしら判断を行ったり、計算を行ったりするシステムです。

そのためデータを学習させ、目的を達成するようなプログラムを実装することがAIエンジニアの最も主となる仕事内容です。

AIデータの分析

AIは開発して終わりではありません。AIによって得られたデータを分析し、ビジネスに役立てる必要があります。

主に分析はデータサイエンティストやデータアナリストと呼ばれる方が行う場合が多いですが、AIエンジニアが担当する場合もあります。

▼当メディアおすすめコンテンツ
⇒プログラマー年収インタビュー(リアルなプレイヤーの声が聞ける!!)

AIエンジニアの平均年収

求人ボックスによると、AIエンジニアとして働いている正社員の平均年収は575万円。平均は国税庁の調査によると全労働者の436万円とのことですので、平均以上の水準です。

ちなみに厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、システムエンジニアの平均年収は556万円なので、他のITエンジニアの中でもAIエンジニアが高いということになります。

また日本ではそこまで突出している感じはありませんが、海外ではAIエンジニアが非常に高く評価されており平均が1000万円を超えます。

アメリカのシリコンバレーでは3000万円以上を提示される企業もあるとの情報があり、AIエンジニアとして働くなら海外を視野に入れてみるのもよいでしょう。

日本でも、フリーランスになれば年収1000万円に近づくことができます。レバテックフリーランスによると、機械学習案件の平均月単価はおよそ80万円前後です。

AIエンジニアに必要なスキル

プログラミング技術

AIエンジニアのみならず、ITエンジニアとして最低限のプログラミング技術が必要です。
AI開発ではもちろん使用することになりますし、分析がメインだとしても最低限システムへの理解は必要となります。
言語はPythonやC,C#が主力です。

特にPythonは機械学習用のライブラリが備わっており、AI開発の言語として近年注目を浴びています。
文法だけでなく、そのようなライブラリを使いこなすところまで技術を深めておきたいところです。

機械学習やディープラーニングの知識

AIの開発に用いられる機械学習やディープラーニングといった知識への理解も不可欠になります。
ライブラリを用いることである程度の機能は実装できますが、根本的な理解が足りていないとデバッグや微調整で苦しむことになるためです。

特にフリーランスを目指している方は、企業によって求められる技術レベルが異なるためなるべく高いレベルの技術を持っておきたいところ。

その中でAIの仕組みを十分に理解することは必須と言えます。

他のエンジニアとの差別化を図るためにもなるべく深く理解しておきたいところです。

数学の知識

AIの仕組みを根本から理解するには大学レベルの数学は必要です。

というのも、先に挙げた機械学習やディープラーニングなどの分野はすべて数学が根底にあり、それらを学ぶために必要になるからです。

具体的には微積分、線形代数、統計学といった分野が挙げられます。

AIのロジックを支える根幹の部分ですので、市場価値の高いAIエンジニアになるためには数学の知識が必須と言えます。

AIエンジニアは独学でなれる?

結論としては、独学でAIエンジニアになることは可能です。

書籍や学習サービスが充実してきているためで、それらを活用することで必要とされるスキルを習得することができます。

具体的には書籍を始めUdemyなどの動画学習サービスや、プログラミング言語学習サービスのProgateが挙げられます。
プログラミングスクールでもAIコースは用意されているので、思い切って入学してみるのもよいでしょう。

しかし、最も重要なのは実際のAI開発の実務経験です。

最も効率的にスキルアップできますし、フリーランスエンジニアを目指すのであれば実務経験が求められることがほとんどだからです。

実際にフリーランス向けの案件紹介サイトを見ると、必須条件に「エンジニア経験5年以上」「AIに関する開発経験」といった文言が多く見受けられます。

個人での開発もよいですが、未経験でも受け入れている企業はあるので転職も視野に入れると良いかと思います。

AIエンジニアでフリーランスになるには?

【ITエンジニア未経験の場合】まずは企業で経験を積む

未経験の方は「未経験OK」の企業に転職するのがおすすめのキャリアパスになります。
理由は先程も述べましたが「実務経験を積める」「最速でスキルが身につく」からです。

AIエンジニアの場合は未経験からフリーランスになるのは難易度が高くなっています。

AIエンジニアはITエンジニアの中でも高度な技術・知識を求められる上、実務経験がない案件が取れない場合も多いためです。

実際、フリーランスAIエンジニアは企業で勤めてから転身している方が多くを占めています。

まずは独学した上で転職するか、社会人インターンを探してみて実務経験を積むことをおすすめします。

【ITエンジニア経験者の場合】案件を受けてみる

すでにAIエンジニア経験者の方であれば、早速案件を受けてみましょう。案件サイトを見てみるとAIエンジニア向けの案件は多いので、自分に合った条件も見つかるはずです。

実務経験は大きな強みとなりますので、これまでの経験をアピールすれば案件獲得は困難ではないと言えます。
案件を探すにはエージェントサイトを利用するのがおすすめです。

またAI以外のITエンジニア経験をお持ちの方は、AIに関する知識を独学した上でフリーランス案件を受けてみてはいかがでしょうか。

まとめ

AIエンジニアは需要の急増に対し供給が少ないため年収も高くなる傾向にあることをお伝えしました。
フリーランスであれば平均月単価が80万円前後となり、スキルによっては年収1000万円超えも現実的です。

経済産業省によるとAIエンジニアの供給不足はまだまだ続くと試算されていますので、将来性も高く仕事がなくなる恐れも低いと言えます。

未経験でも経験を積むことでフリーランスへの転身も十分可能なので、早いうちに挑戦してみてはいかがでしょうか。