AWSでフリーランスになると高年収!? 単価相場と必要スキルを徹底解説


AWSエンジニアとしてフリーランスになれば、年収1000万円は直ぐに実現できます。オンプレミスからクラウドへ移行する動きが加速し、クラウドインフラサービスが市場から求められているため、それを実現する人員の単価が高騰しているからです。

AWSエンジニアの年収が高いと言っても、フリーランスとして踏み切るとなると不安に感じるかもしれません。心配に及びません。AWSが求められている背景を知れば、不安は一切起こらなくなるからです。ここではフリーランスのAWSエンジニアの月額単価と年収の具体的な相場を確認し、将来性についてもお伝えします。

またAWSエンジニアになる方法や高単価が狙えるスキル、そして在宅案件の有無ついても併せてお伝えします。

AWSのフリーランスエンジニアの月額単価と年収の相場

AWS案件は主に2種類あります。「AWS中心のインフラ構築の案件」と「バックエンド開発も含む案件」の2種類です。

「AWS中心のインフラ構築の案件」は、AWSサービスの設計・構築に加え、ミドルウェア(Apache、nginx、PHP、MySQL等)の設定も行います。バックエンド開発が行えるようにして、始めて開発者に渡せます。そのため、ミドルウェアの知見が必要なのです。

AWS構築にミドルウェアの知見が求められるのと同様に、バックエンド開発に加えてAWSが求められます。バックエンド開発がAWSを構築できれば、開発がスムーズになるからです。また、開発をしていると時にはAWSの再構築の検討を要する事があり、その度にインフラエンジニアに頼るような体制では開発コストがかさみます。開発速度とコストの両面から、バックエンドとAWSが出来るエンジニアが求められています。

AWS中心のインフラに特化したエンジニアよりもバックエンドもできるエンジニアの方が、月額単価や年収が高くなっています。では、どれ程の違いがあるのでしょうか。

AWS案件の単価相場

AWSインフラ案件の月額単価の相場は、60~90万円/月(年収 720~1,080万円/年)です。求められる実務経験年数は、インフラ3年以上、AWS1年以上が多くなっています。月額単価の幅が30万円もありますが、AWS以外のクラウドサービス(Azure・GCP等)やミドルウェアの知見の有無によって増減するためです。

インフラ構築に加えてバックエンドの開発も求められる場合は、更に年収が増えます。バックエンド開発も含めるた場合の月額単価の相場は、75~95万円/月(年収900~1140万円/年)と、バックエンド開発が加わるだけで年収が180万円も増加します。

フリーランスのAWSエンジニアの仕事内容

AWS案件を獲得したいのであれば、仕事内容の理解は必須です。業務においてAWSの知見があるだけの者は、求められていません。業務目的と到達点の理解が求められ、面談時ではAWSの知見と共に設計方針まで確認されます。作業に伴って別のスキルが必要になる事もあり、目的や到達点を理解していれば自ら進んで学習することが期待できるからです。

AWSエンジニアの仕事内容は、AWS環境の設計、構築、運用・管理の3ステップに分かれます。3つのステップ毎にお伝えします。

環境の設計

求めに応じてAWSの各種サービスの導入・設定を検討し、同時に安定稼働・セキュアな環境を実現します。
・複数のサービスから目的に応じたものを選択
・サーバの負荷分散
・監視サービス
・ユーザー毎の制御範囲の設定
・ネットワークのアクセス権限

設計はこれで終わりではありません。AWS利用に応じて運用コストが増加する恐れがあるため、コストを抑える設計も求められます。場合によっては、他のクラウドサービス(Azure・GCP等)やレンタルサーバ等の併用も視野に入れなければなりません。

環境の構築

提案した設計で了解が得られたら、次は構築です。設計書に従ってサービスの申し込みを行い、構築を開始します。

この段階の目的の1つに「支障なくバックエンドの開発が行えるように設定する事」があります。つまり各種ミドルウェアが正常に動作するのか、ミドルウェアのバージョンも含めて自らテストをするのです。

他の要件についてもテストの実施をしなければなりません。設計段階で事前に提供したテスト仕様書に従って、全ての試験項目のテストを実施します。特にセキュリティについては厳密に求められ、設計書通りになっているのか実際にアクセスして確認することになります。

運用・管理

無事にサービス提供を開始しても、サービスを維持するための運用と管理の仕事があります。

提供しているサービスが止まるようなことがあったら、復旧作業に取り掛からなければなりません。AWSにはサービスが稼働しているか監視する機能があり、サービスが止まると通知されます。その通知に従って行動するだけです。通知が来たら再稼働させる事はもちろん、停止原因を特定し報告する義務があります。

他にもAWSの利用料金がしきい値を超えたら、対処する作業もあります。一定料金を超えAWSより通知を受けたら、原因を特定し改善案を提供するのです。

また人員の入れ替えでサービスの設定変更をすることもあります。AWSにはユーザー毎にアクセスできるサービスを設定できます。人員が変わればその設定も変えなければなりません。またAWSサービスにアクセスできるIPアドレスの設定ができるのですが、アクセス元の変更に合わせて設定を変更する作業も発生するでしょう。

AWSのフリーランスエンジニアの将来性

AWSに限らずクラウドインフラサービスが、今後の主流になる事は間違いありません。

クラウドサービスの提供が始まる前は、機器の導入に時間とコストが掛かっていました。そのような代償を支払っても、運用途中で検討不足に気付く事があります。

しかしクラウドサービスならば導入時における労力は限りなく少なく、運用途中に再検討を要してもクラウドの設定を変更するだけです。WEB上で設定が完結し、直ぐに反映されます。面倒な手続きは一切ありません。

特段の理由がない限りクラウドサービスを選ばない理由がなく、そのためオンプレミスで稼働しているサービスがクラウドに移行しつつあるのです。

そして将来クラウドサービスの普及が進み、より多くの者が苦なく使いこなせる状況が望まれています。これは今クラウドエンジニアを始めれば、将来は有利なポジションを築ける事を意味しています。もし後から始めるのであれば、その他大勢に組み入れられるだけです。

では、何故クラウドサービスの中でもAWSなのでしょうか。

AWSが求められている理由

AWSがクラウドインフラ市場から求められている主な理由は、以下の3点です。
・ドキュメントの充実
・サポートの良さ
・リージョン(サーバの所在エリア)が世界各地にあり、安心感がある

ドキュメントが充実しているため、サーバの構築時に迷うことはないでしょう。ユーザーガイド、デベロッパーガイド、チュートリアル、用語の説明ととても分かりやすい構成になっています。特定のAWSサービスにはどのような機能があり、設定項目はどのようなものがあるのか、分かり易く記述されています。ドキュメントが充実していれば、開発を助けサービスの開始時期を早められるでしょう。

もしそれでもAWSの構築に支障があるのであれば、テクニカルサポートも利用できます。サポートプランに申し込めば、サポートエンジニアに電話・チャット・Eメールで問い合わせる事ができるのです。

もちろん運用時でもサポートが期待できます。一部サポートでは、24時間365日対応のものもあります。24時間体制のサポートの強みは障害発生時で、いつでもテクニカルエンジニアに問い合わせができるため、あたふたと慌てることはないでしょう。

このように導入時も運用時もハードルが低く安心できるため、AWSが支持されているのです。

AWS・Azure・GCPの特徴とシェア

各クラウドインフラサービスの特徴とシェアを見ると、AWSの優位性がある事が分かります。シェアが高いAWS・Azure・GCP(出典 canalysの2021年第1クォータ)について、それぞれの特徴をお伝えします。

AWSの特徴 シェア32%

提供されているサービスが200種類と豊富であり、他のクラウドサービスから頭一つ抜けています。WEBサーバはもちろんモバイル向けの配信システム・コンテンツ配信・機械学習・ブロックチェーン・IoTと、AWSだけでも提供できるサービスの幅が広がります。加えてロボットの制御を容易にするロボットフレームワークさえ提供されているのです。また運用実績の長さもあり、安定稼働を要求する企業から支持を得ています。

Azureの特徴 シェア19%

Windowsベースで構築されていることから、マイクロソフト製品との親和性が高いのが特徴です。資金が潤沢な企業では、社内システムがマイクロソフト製品で構築されています。そのため社内システムの一部をオンプレミスからクラウドに移行する計画が起こると、親和性の高いAzureが選択されるのです。Azureは、Windowsユーザーに適しているクラウドサービスと言えます。

GCPの特徴 シェア7%

Google提供の他のクラウドサービスと親和性が高くなっています。クラウド内のBigqueryを用いたビッグデータの解析やディープラーニングに長けています。Googleのディープラーニングは業界随一と評されており、そのためにGCPが使われるのです。ビッグデータの解析やサイエンス分野に特化しているのであれば、GCP以外の選択肢はありません。

AWSの優位性

GCPはビッグデータの解析やディープラーニングが得意であるため利用されています。Azureはマイクロソフト製品との親和性で選ばれていることから、Azureの支持層は限定的です。GCPもAzureも特別な事情による選択です。一方、AWSはWEB系サービスを含む多く分野をカバーしています。そのため特段の事情がない限り、AWSエンジニアを目指す方が無難と考えられます。

AWSのフリーランスエンジニアになるために必要なスキル

フリーランス向けのAWS案件の受注で求められる主なスキルは、ネットワーク設定・ミドルウェア設定・AWSサービスの設定が主なものです。それぞれについて説明します。

ネットワーク通信及びその周辺に関する知識は必要ですが、多くはありません。IPv4の「ネットワークの概念」「ルーティングとNAT」「セキュリティの概念」が理解できていれば、他の必要な知識はAWSサービスの設定の中で学べます。

またミドルウェアの設定ですが、コマンドラインで行うことになります。AWSが選択されている場合、一般的にOSはLinuxが選ばれるからです。シェルでミドルウェアの設定ファイルにアクセスして、テキストエディタで編集することになるでしょう。使い慣れているテキストエディタがないようなら、最も使われているvimに慣れておくことをお勧めします。

AWSに関する知見で求められているのは、以下のものです。尚、以下のスキルはあくまでスタートに過ぎません。中規模以上のサービスでは不足します。中規模以上を求めるのであれば、後述する「フリーランスがAWSエンジニアとして高単価を狙うには」に挙げているスキルの習得をオススメします。

AWSサービスのVPC・EC2・RDS・S3・IAM

Amazon EC2は、クラウド上にコンピューティング性能(LinuxやWindows等)を提供するサービスです。EC2上にWEBサーバやRuby・PHP等のミドルウェアを設置して運用します。

RDSはリレーショナルデータベースです。リレーショナルデータベースは複数のサービスで提供されており、RDSはそのうちの一つです。そして最も使われています。他にEC2上に設置できるリレーショナルデータベースがあります。しかしアクセス増に伴って複数のEC2による運用が考えられるため、EC2内にあるものよりもEC2外にあるRDSが選ばれるのです。

Amazon VPCはAWS上に仮想ネットワークを構築するサービスです。EC2とRDSは、VPCがなければ設置できません。VPC上にゲートウェイやにルートテーブルの設定をし、仮想サーバをサブネットで分割して使用するのが一般的です。その上でEC2やRDSを配置して利用できるようにします。

EC2とは独立した形でAmazon S3というストレージサービスがあります。主な利用目的は、ファイル保存です。

これらのAWSサービスのアクセス権限を各ユーザーに割り当てることができます。その管理を行えるのがIAMです。ユーザーを自由に追加・削除でき、それぞれユーザーにAWSサービスやミドルウェア(Ruby・PHP等)のアクセス権を設定できます。どのようなサービスでもセキュリティや安定稼働は欠かせないため、IAMの知見は必須です。

AWSサービスのコンテナ管理

コンテナとはプログラムの実行環境を管理する仕組みで、アプリケーションやそれに必要なライブラリとデータを1つにまとめて管理しています。アプリケーション他を1つにまとめたものをイメージと呼んでいます。

コンテナサービスとして一般的に利用されるDockerが、AWSでも使われます。

AWSでDockerイメージを作成する場合、ローカル環境でDockerイメージを作成することから始まります。RubyやPHP等のインストール及び設定を行い、そして実行環境一式をDockerイメージとして作成するのです。そのDockerイメージをAWSのEC2に入れて運用を開始します。もし問題があれば、変更前のDockerイメージに戻すこともできます。

これらを実現できるサービスが、Amazon ECSとAmazon ECRです。ECSはDockerからプログラムを実行するサービスで、ECRはDockerイメージを管理するサービスになります。両方とも必要ですので、一度は触れておくことをお勧めします。

AWSサービスの監視

監視サービスは、主に以下の2つが使われます。

1つはAmazon CloudWatchです。各サービスを監視し、CPUの利用率、読み書きのバイト数、通信量、EC2のインスタンス(実態)の起動や停止の回数等をログに保存し、同時にしきい値を超えた場合通知してくれます。障害発生時はもちろんの事、サービス構成の変更の検討にも必要です。

もう一つは、AWS Billing and Cost Managementです。サービス単位でどれだけコストが掛かっているのか、視覚的に教えてくれます。サービスの利用方法の検討に使われます。そして、AWS Billing and Cost Managementの中で、もっとも利用価値が高いのはAWS Budgetsでしょう。利用料金がしきい値を超えると通知してくれるため、それだけ早めに対処できるからです。

AWS認定資格 SAA の取得で、案件獲得の難易度が下がる

AWS認定 ソリューションアーキテクト – アソシエイト(SAA)を取得すると、案件獲得がしやすくなります。

利用者が100名も満たないサービス規模が小さい案件では、AWSを実際に手で動かして設定した経験が求められます。書籍で学んだ程度では、評価されません。手を動かした経験があれば、AWSの各サービスについて成功体験や苦労した点を確認されるでしょう。受託の成否が、その時の受け答えに掛かっているのです。しかしSAAを取得していれば、それを証明するだけで済みます。

一方、既に稼働している中規模以上のサービスになるとAWSの認定資格の取得が最低条件になり、その上で幅広く深い知見の確認が行われます。SAA取得は、小規模案件において有利に運び、中規模以上になれば最低条件になっているのです。

SAAの取得難易度は中レベルと言われていますが、必要な知識は実務経験1年のレベルに過ぎず取得は容易です。そして全問題が選択式で、合格ラインは720/1000点です。過去問を繰り返し解くだけで合格できます。

SAA取得は案件獲得に大きく関わっているにも関わらず、取得難易度は高くないのです。

未経験でもフリーランスのAWSエンジニアになれるのか

AWS認定資格SAAを取得すれば、業界未経験でも企業に就職してAWSエンジニアとなる事は可能です。しかしフリーランスが業界未経験で案件受注するのは困難です。例え認定資格を取得したとしても、それはあくまでもAWSの知識の証明であって、業務の完遂能力の一部に過ぎません。

要求された作業を終わらせるためには、AWS以外の作業もあります。
・ミドルウェアの設定
・テスト仕様書の作成と実施
・障害発生時の対処と報告書の作成

上記は、極一部です。独学で学べるものもありますが、限界があります。経験しなければ得られない技術や、他者と関わらなければ学べない事があります。業務の完遂能力は、実務の中で初めて得られるものなのです。

フリーランスは社員と違い、受注後にクライアントから教えてもらえません。例えAWS認定資格を取得しても、業務未経験のフリーランスが発注主を満足させるのは難しでしょう。業界未経験者が受注することは期待できないのです。

フリーランスがAWSエンジニアとして高単価を狙うには

高単価を狙うには、中規模以上のサービスに対応できるAWSスキルが必須です。予算がフリーランスに回ってくるのは、大手企業が運営するサービスが中心だからです。小規模サービスはスタートアップ企業が多く、資金の出資元は投資家になります。従って予算は限られています。

中規模以上のサービスで必要になるのは、セキュリティと安定稼働に関するより深い知見です。各々についてお伝えします。

AWSのセキュリティスキル

主にファイアウォールとアクセスの乗っ取り防止に力点が置かれます。マルウェアはAWS側で対策が取られているため、利用者が気を配る必要はありません。

AWSには2種類の通信ルールを設定する方法が存在し、1つもしくは両方を利用してアクセスをコントロールできます。1つは、EC2のインスタンス(実態)に対して通信ルールの設定が可能です。もう1つはVPCのサブネットに対して通信ルールを定める事ができます。
両方ともポート番号等の詳細な設定が可能ですので、不足はありません。

この通信ルールとは別に、AWS WAFというファイアウォールサービスも用意されています。ウェブアプリケーションまたはAPIを保護する目的のものです。特定のトラフィックパターンによる通信を遮断する等のセキュリティルールを設定する事ができます。

また、Amazon IAMによってアクセスの乗っ取りを防ぐ必要もあります。IAMはユーザー毎にアクセス権の設定ができますが、グループ毎にも設定ができます。サービスの規模が大きくなると、人単位での管理はヒューマンエラーを誘発しやすく現実的ではありません。そこでグループ毎の管理が行われます。管理作業もセキュリティ対策の一部ですので、慣れておく必要があります。

AWSの安定稼働に関連するスキル

中規模以上のサービスになると、安定稼働が必須です。

特定の仮想サーバに集中することでレスポンスが悪くなり、サービス品質の低下が起こり得ます。そのため負荷の増大を防止する目的で、複数の仮想サーバを設置します。この複数の仮想サーバの制御に、AWSではELB(Elastic Load Balancing)と呼ばれるロードバランサーが使われるのです。負荷が一部の仮想サーバに集中しないように、ELBによって適切に分散されます。ELBの中に複数種の制御方法があり、この点も抑えておかなければなりません。代表的なものは2つで、OSI参照モデルにおけるアプリケーション層を見て制御するALBと、トランスポート層を見て制御するNLBが使われます。

しかし想定したアクセス量を超えた場合、用意している仮想サーバで処理できない事もあります。そのような時は、Auto Scalingです。仮想サーバ数の増減を自動で制御してくれます。CPUの負荷や通信量を監視して、多ければ仮想サーバの数を増やし、少なければ減らす事が自動でできるのです。

上記以外にも安定稼働を損なう事があります。手動による設定によって起こるミスです。オンプレミスにおいて数十台のサーバ機器を設定すると、設定ミスとテスト漏れが起こり得ます。AWSでも仮想サーバ毎に設定してれば、同様に設定ミスが起こるのです。この仮想サーバの設定ミスを防げるのが、AMIです。1つのAMIを設定すれば、複数の同じ仮想サーバが生成できます。安定稼働には、AMIのような設定を簡素化できるサービスの知見が必要なのです。

フリーランスのAWSエンジニアに在宅案件はあるのか

レバテックによるとAWSのリモート案件の割合は、16%(608/3734)です。しかし、他の一部エージェントではもっと豊富にあります。

その一つがGeechs Jobです。一般公開されているフリーランス向けの案件は、リモート等によって衛生面の対策が取られたものに限ります。AWSの公開案件は現在160件ありますが、その全てがリモート案件の検索に掛かります。つまりギークスジョブで公開されているAWS案件の全てが、リモート案件なのです。

在宅業務を希望するのであれば、ギークスジョブは外せないでしょう。

まとめ

AWS案件は月額単価が60万円以上であり、バックエンドの開発を含めると75万円以上にも上ることをお伝えしました。しかも求められるスキルの幅が非常に広いため、更に上昇余地が見込まれ、年収1,000万円越えは経験年数によって実現されるため時間の問題です。

そして現在の年収の高さは、未来も維持されます。お伝えしたようにクラウドインフラサービスが求められており、その中でもAWSに優位性があるためです。また誰でもクラウドサービスを使いこなせる事が期待され、これも将来有利に働きます。AWSエンジニアが増えた将来は、有利なポジションに就けることを意味するからです。

現在AWSエンジニアの年収は高く、将来も維持されます。しかもフリーランスのAWSエンジニアになるのは、難しくありません。AWSを勉強し、エージェントに登録するだけです。メジャーなエージェントは幾つかありますが、もし在宅勤務を希望するのならギークスジョブを選ぶと良いでしょう。

エージェントに登録しても将来の案件取得に不安があるのなら、お伝えしたように取得容易なAWSの認定資格で案件獲得が簡単になります。

フリーランスのAWSエンジニアになるための障害は、どこにもありません。もしAWSについて知識があるのであれば、今直ぐにギークスジョブに登録することをお勧めします。このような恵まれた状況は、二度と訪れないからです。