フロントエンドエンジニア・フリーランスの年収は低い?報酬相場や今後についても解説!

フリーランス向けのフロントエンドの案件が増えていることは、誰の目にも明らかです。では、業務に就いた場合、どの様な仕事が待っているのでしょうか。仕事内容の他、同業の他の仕事と比較して、フロントエンドエンジニアの重要性について触れていきます。

また、フリーランスならば気になるのは収入面です。今の平均年収と将来性について、信頼できるデータを元にお伝えします。

そしてフロントエンドエンジニアになり案件受注に至る、具体的な道筋について説明します。

フロントエンドエンジニアの仕事内容

WEBサイトやWEBアプリケーションにおいて、ユーザーが直接目にする部分の内、特にプログラミングを用いた機能の開発を担当します。「ブラウザ内で起こるイベントを契機に表示物を変える」「サーバサイドと送受信結果を表示する」といった、主に表示物の動的制御を開発します。

JavaScript案件がフロントエンドではメイン

フロントエンドエンジニアの主要な開発言語は、JavaScriptです。

次のような制御に、JavaScriptが使われます。
・ページ遷移のないチャットを実装
・要素のリンクのクリックを契機に、サーバに送信
・時間訪問回数に応じて表示物を変える

生のJavaScriptでも実装できますが、現在はライブラリと派生言語の組み合わせも求められています。動的型付言語を始めとする自由度の高い記述は、保守性の観点から高度な機能を持つWEBサイトやアプリケーションに不向きだからです。

そのため、React、Vue.jp、Angularとのライブラリが、JavaScriptの静的型付言語であるTypeScriptと共に利用されています。ライブラリは、各種表示物の部品化や画面遷移の管理が可能になるため、ソースの可読性を高めてくれるのです。

また、TypeScriptは型の誤りを未然に防ぐだけではなく、読みやすくなるため保守性に優れており、ディファクトスタンダード化しています。

コーダー・マークアップエンジニアの仕事内容との違い

コーダー・マークアップエンジニアの仕事の範囲は、静的なWEBページの制作になります。制作はHTML・CSSを中心に用いて行います。

そして、経験を積むと、jQueryを利用した簡単な動的デザインを行うようになりますが、ここまでです。作業の主目的が外観であるため、WEBデザイナーの延長線上の仕事と捉える人もいます。

対して、フロントエンドエンジニアは、動的なWEBサイトやWEBアプリケーションの開発になります。「サーバアクセスのないページ遷移」「ユーザーのリクエストに応じて表示内容の変更」といった動的な機能の開発が中心です。

UI/UXの設計から実装・テストまで担当と、プログラミング主体の開発になります。

バックエンドエンジニアの仕事内容との違い

バックエンドエンジニアは、サーバサイドが開発範囲となります。フロントエンドの要求に応じて、必要なデータを集め加工しブラウザ側に戻すといった、裏方的な役割を担っています。

一方、フロントエンドエンジニアが担当するのは、ユーザーが直接目にする部分になります。

主な開発対象は、ブラウザのレンダリング領域です。ユーザー操作を受け取り、WEBサーバ側に要求します。そして、WEBサーバから返ってきた値を視覚化します。

ユーザーと直接接点があるUI/UXが開発対象になるため、フロントエンドエンジニアはユーザー体験に密接に関わる重要な役割なのです。

フリーランスフロントエンジニアの単価相場、平均年収

フロントエンジニアの年収が気になるところではないでしょうか。市場からフロントエンドエンジニアが求められていれば、生活保障としての正社員をわざわざ選ぶ理由がありません。

確認のため、正社員とフリーランスの年収を比較しました。

正社員とフリーランスの比較

求人ボックス.comによると、勤続12年の正社員の年収は576万円です。対してフリーランスは、レバテックによると852万円(月額単価71万円)と、差は歴然としています。

今回比較対象としたのは勤続年数12年の正社員です。正社員の方が圧倒的に有利にも関わらず、フリーランスの年収が大きく上回っているのです。

情報ソース
求人ボックス.com
レバテック

未経験からフリーランスのフロントエンドエンジニアになれるか

未経験エンジニアがフリーランスとして受注するのは可能ですが、お勧めできません。受注できても、実績不足のため将来に渡り受注金額が極めて低くなるからです。

そのため、正社員として2年以上の経験を積むと良いでしょう。

キャリアを積み重ねる事で、より安定的に受注できる土台ができます。発注主が発注するのは、相応しい実績を持ち、妥当な金額を提示した者です。受注が新たな実績になり、更に受注されやすくなります。

それにも関わらず未経験スタートを選んでしまっては、得られるべき案件を放棄するのと同義です。当然、安定した収入など期待できません。

しかし、企業には実績が豊富にあります。正社員として就職すれば、会社の実績により未経験でも業務に携われるのです。

そして、正社員の実績を武器に副業を重ねれば、それがあなた個人の実績になります。副業を重ねれば、発注主から選ばれる条件が整います。フリーランスとして独立しても、十分な収入が得られます。

言うまでもなく正社員として入社する会社には、WEBサービスやアプリの開発の経験が必要です。経験により採用されるだけの、意欲ある人物と感じてもらえる必要があります。

資格取得が意欲として適していますが、それを実現できるのがプログラミングスクールです。独学と異なり講師が質問に応えてくれるため、途中挫折が起こりえません。プログラミングスクールで意欲的に学習に取り組めば、正社員が約束されたようなものです。

関連記事

SE歴13年で現在フリーランスエンジニアをしている筆者の目線で、本当に稼げるエンジニアになれるであろうプログラミングスクールを厳選して紹介します。 最近ではプログラミングスクールのCMもするようになり、世間にもプログラミングスクールの[…]

フリーランスのフロントエンジニアとして必要なスキル

HTML/CSSとJavaScriptは必須です。要求されるレベルは、1年にも満たない何とか出来た経験ではなく、深い知識です。

深い知識とは、困難を乗り越えられるレベルです。実績が少ないフリーランスの場合、面談時に技術面を確認する質問を受けます。

聞かれるのは、技術面での障害と解決に至った経緯です。障害を乗り越えられるノウハウを持った人材が求められているのです。

更にReact、Vue.jp、Angularは、フロントエンドの開発において既に標準技術となっています。フリーランス向けの案件の多くには、ライブラリの実務経験が求められているのです。

JavaScriptでも要求される機能を実装できますが、既存ライブラリとしてあるものをわざわざ開発する必要はありません。既存ライブラリの方が不具合が入り込む余地が少なくなり、保守が容易になるからです。

React、Vue.jp、Angularの内、一つ以上の経験が望ましいです。もし経験していなければ、reactを学ぶと案件獲得がしやすくなるでしょう。reactのnpmダウロード数は、他の2つの総量の3倍もあり、世界的に見て優位性があると分かります。

情報ソース
https://www.npmtrends.com/angular-vs-react-vs-vue

高単価フリーランスになるために必要なスキルと経験

フロントエンドのエンジニアとして高年収を目指すためには、必要な条件があります。
・モダンなWEB技術を追い続ける
・上流工程を担える人材になる
・バックエンドの実務経験を積む
・大手企業の大規模案件の受注
・勢いのある業界の案件の受注

高単価案件で求められるモダンな技術は、以下の項目です。
・React / Vue.jp / Angular
・TypeScript
・Redux / Mocha / webpack / Jest
・サーバサイド(PHP / Ruby / Laravel / AWS / GCP)

フロントエンドとかけ離れているものもありますが、上流工程の役割に必要だからです。

周知の通り年収を上げられる方法は、上流工程にコミットする事です。基本設計の一部に技術選定があり、詳細設計以降になっても技術指導があります。そのため、実務経験をより積んでいる方が望ましいのです。

また上流工程へのコミットが僅かでも、年収は容易に伸ばせます。2つ以上の案件を同時に受注し並行して進める事で実現できます。求められる作業時間が限られている案件を受ければ、過労の心配はありません。しかし、やはりモダンな技術のスキルを求められます。

フリーランスは、学びの継続が年収に繋がります。学びを継続し続ければ、振り返って「年収1000万円は通過点に過ぎなかった」と感じるでしょう。

フロントエンドエンジニアの将来性や今後について

フロントエンドエンジニアの需要は、ますます高まります。リモートワークのようにインターネットを利用した業務形態が中心になりつつありますが、必要なサービスが不足しているからです。

業務系システムの一部はオンプレミスからクラウドへ移り、ブラウザで操作できるまでになっています。多機能な表計算ソフトですら、ブラウザで操作できるのです。フロントエンドのコンポーネントを利用すれば、それらを実現できます。技術面での課題はないと言っても過言ではありません。

需要が切迫し実現できる技術的な環境が整っているにも関わらず、実現できていない状態です。人手不足とみるのが自然です。

フリーランスとしてフロントエンド案件を獲得するならエージェントがおすすめ

将来も安心できる案件獲得の手段は、エージェントの活用です。

自分自身で営業すると、接点が少ない相手にコンタクトを取り、心身とも疲れ果てるという残念な結果を繰り返します。フリーランスの収入確保の近道は、スキルアップです。学習にあてる時間のロスは、後々に響きます。できるだけ不慣れな営業は避けたいところです。

その点、エージェントを活用するとマッチ度の高い案件のみ紹介してくれるので、時間のロスを大幅に減らせます。

また、フリーランスの悩みは妥当な金額での受注です。著しく低く受けたと、受注後に気付くこともあります。しかし、エージェントを活用すれば、業界に精通した営業マンが代わりに金額交渉をしてくれます。

一度でも利用すれば、自分自身で行うよりもメリットが多いことに気付くでしょう。
フリーランスより知られていて代表的なエージェントは、ギークスジョブ、DYMテックです。両方とも登録しておけば、まず仕事が途絶えないでしょう。

まとめ

フロントエンドエンジニアの仕事内容は、ユーザーと直接接点がある機能の開発である事をお伝えしました。そして、フリーランスの平均年収は、同等の作業をこなす勤続12年の正社員を大きく上回っている事を確認しています。

年収を更に上げるためには、モダンな技術を学び続ける必要性をお伝えしました。スクールで学び、正社員として実績を積み、その実績により副業を始めます。実績の中にモダンな技術があり学び続けられれば、フリーランスとして独立しても年収1000万円は十分実現可能です。

エージェントの活用により、自ら営業することなく見合った案件の獲得が可能となっています。そして学び続ければ、収入が保障されたようなものです。フリーランスのフロントエンジニアとしての、安定高収入の条件は整っています。

後は一歩を踏み出すだけです。