h1タグは1ページに1つだけ使うことをGoogleは推奨している?

h1のSEO的な正しい理解
h1は必ずしも1ページに1つである必要はない
少なくとも、グーグルは1つを推奨したことはない
複数のh1を使ってもまったく問題ない。適切だと考えるなら、2つでも3つでも利用できる。
逆にページ内にh1が1つもなくても評価が下がることはない。

タイトルに関する話題が少し前にTwitterのSEO界隈で話題になっていました。webtanでも取り上げられてましたね。

結論としては上記の引用の通り、h1を1ページで複数使っても問題ないとのことです。逆にh1が1つもなくてもGoogleは適切にページを解析してくれるということですね。

目次

この話題のそもそもの発端はHTML5の仕様

なんなのこの話題は?って思っている方が多いと思います。私も思っています。

WebサイトはHTMLというマークアップ言語で記述されているのですが、HTML5という仕様からh1を各sectionや各article内で使用することがOKとなりました。

<section>
    <h1>xxx</h1>
   あああああ
</section>
<section>
   <h1>yyyy</h1>
 いいいいい
</section>

こんな感じですね。前職でもそんな話題になった時期がありました。が、その時もSEOを担当していた私は、あえてh1を複数使う必要はなんなのか?h2,h3でいいんじゃね?って思ってました。

【結論】1ページにh1は1回だけ使おう

ページのタイトルが1つのように、h1はタイトルと連動した内容で1つだけ使うようにしましょう。

h1をあえて複数使うメリットがあればだれか教えてください。

今回の話題はかなり不毛な内容でしたね。SEOはこれぞっていう正解がないから難しいですね。

NYマーケティング株式会社では、「SEO対策」の初回無料相談を承っております。ホームページのお問い合わせからお送りいただくか、nakagawa.yuuki.2020@gmail.com、もしくはLINE公式までご連絡ください。
『ポータルサイト』『ECサイト』などのデータベース型SEOは中川にお任せください!!

↓↓SEOハンドブックを無料プレゼント中!!

↓ SEO対策に関する記事を更新しています。トラブル時の逆引きになれば幸いです。

あわせて読みたい
【実用・実践編】被リンク獲得手法、被リンク営業先のサイトまとめ SEO対策をする上で被リンクは最も重要です。 SEO対策の相談が最近多くなり、チームでナレッジを共有するため、改めて最新の被リンク獲得手法や被リンク営業先をまとめま...

↓ Youtubeもぜひご覧ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

NYマーケティング株式会社・代表取締役 中川裕貴
Webマーケティング歴13年、SEOの実績多数。ポータルサイトSEO、コンテンツマーケティングSEOなど、幅広いジャンルのコンサルティング経験が豊富。
SEO以外にもWebマーケティングの全体戦略設計から、SNSマーケ、MA設計、広告運用などWebマーケティング全般のご支援が可能です。

コメント

コメントする

目次
閉じる