meta refreshとは?リダイレクト設定方法とSEOへの影響を解説

「meta refresh(メタリフレッシュ)」とはHTMLタグの一種で、設定することでユーザーを任意のページにリダイレクトさせられます。

この記事では、meta refreshの概要と設置手順、使用する際の注意点について詳しくご紹介します。

この記事で分かること
・meta refreshについて理解し、使用することができる
・meta refreshとSEOの関係について知ることができる
・meta refreshを使用する際の注意点がわかる

こんな人におすすめの記事です
・meta refreshをどういった場面で使用するのか、どういった方法で記すのかわからない方
・meta refreshを実際に自社サイトで使用したい方
・meta refreshとSEOの関係性について知りたい方

目次

meta refreshとは?

「meta refresh(メタリフレッシュ)」とは、ページを訪れたユーザーを任意のページへ移動させることができるメタタグです。

サイトをhttps化したときやドメインを変更したときなど、以前のページから新しいページへユーザーをリダイレクトするために主に利用されます。

meta refreshを設置することで新しいURLへ自動で移行するため、ブックマーク等により以前のURLにアクセスしたユーザーの混乱を防ぐことにつながります。

meta refreshの設置手順

meta refreshの設置は簡単です。設置した後は、正しくリダイレクトされているかの確認も行いましょう。

1.meta refreshのhtml記述方法

meta refreshは以下のように記述します。

<meta http-equiv=”refresh” content=”秒数;URL=URL”>

上記記述の「秒数」部分に数字を入力することで、リダイレクトするまでの秒数を指定することができます。「URL”」の箇所には、ユーザーを移動させる先のサイトURLを記述しましょう。

<meta http-equiv=”refresh” content=”20;URL=https://ny-marketing.co.jp/”>

例えば上記の例の場合、ユーザーがページにアクセスしてから20秒経つと「https://ny-marketing.co.jp/」というURLへ自動で移行します。

ただし、リダイレクトまでの時間が長くなるとユーザーの離脱につながるため、「0秒」に設定するのが一般的です。

2.meta refreshの記述位置

meta refreshは、headタグ内に記載します。

<head></head>で囲まれた場所であればどこに記述しても問題ありませんが、</head>の直前に記載しておくとわかりやすいでしょう。

3.meta refreshによってリダイレクトされているかを確認する方法

meta refreshが機能しているかどうかの確認方法として、ブラウザのアドレスバーにURLを直接入力し、リダイレクトさせたいページが表示されれば基本的には問題ありません。

とはいえ、検索エンジンにも正しくリダイレクトを処理してもらうため、見た目上の確認だけでなく、ステータスコードもチェックしておいたほうが無難です。

ステータスコードの確認には、Google Chromeのデベロッパーツールを利用しましょう。

確認方法は以下のとおりです。

  1. 右クリック→検証をクリックし、Networkタブを選択
  2. Networkタブ内の「Preserve log」にチェック
  3. ブラウザのアドレスバーにリダイレクト前のサイトURLを入力
  4. ログのチェック後、「200」「ページに成功したHTTPステータスコードがあります」「正常に処理が完了」などの表示がされればリダイレクト済み

リダイレクトが失敗している場合は、「404」「400」「500」といった表示がされます。

その他Google Chromeの拡張機能「Redirect Path」でも確認できるため、使いやすいものでチェックしましょう。

meta refreshのSEOへの影響

meta refreshは簡単に設置できるため便利ですが、リダイレクト先のサイト・URLにSEO評価が引き継がれる保証はなく、インデックスされない可能性もあります。Googleもmeta refreshの使用を推奨しておらず、ジョン・ミューラー氏もフォーラムで言及しています。

参考:https://support.google.com/webmasters/forum/AAAA2Jdx3sU9yMIwHQaF5U/?hl=en&gpf=%23!msg%2Fwebmasters%2F9yMIwHQaF5U%2F95dEzFaoyNYJ&msgid=95dEzFaoyNYJ

また、W3Cでもmeta refreshの使用は推奨されていません。そのため、セマンティックWebの観点から、クローラーがリダイレクトを正常に処理できない可能性があります。

meta refreshを設置する際の注意点

ページのリダイレクト処理を行う際には、下記の内容を理解したうえでmeta refreshを使用するようにしましょう。

基本的には301/302リダイレクトを利用する

リダイレクトを目的とする場合は、meta refreshよりも301/302リダイレクトの利用がおすすめです。301リダイレクトとは「半永久的なリダイレクト」、302リダイレクトとは「一時的なリダイレクト」のことを指します。

301/302リダイレクトを使用することで、移行前のページのSEO評価を引き継ぐことができます。また、移行前のページを残しておかなくてもリダイレクトできるため、meta refreshよりも使い勝手が良いです。

ただし、301/302リダイレクトは「.htaccess」というファイルに記述しないといけないため、無料のホームページやブログの使用者によっては設置できないケースがあります。

その場合は、0秒設定のmeta refresh&rel=”canonical”タグを使うことで、301/302リダイレクトに近い効果を得られますが、SEO評価を引き継ぐ保証はありません。

あわせて読みたい
canonicalタグとは?書き方や確認方法、注意点を解説 canonical(カノニカル)タグは、内容が似ているページのURLを1本化するためのタグです。canonicalタグを設置することでGoogleからの評価を1つのURLに集約できます。 こ...

ユーザビリティを下げる可能性がある

meta refreshで20秒や30秒など一定の秒数指定をする場合、ユーザビリティを下げる可能性があります。ユーザーがページを開いてコンテンツを読み始めた場合、途中で移転先のページURLに飛んでしまう可能性があるからです。

ユーザビリティを下げないためにも、meta refreshを使用する際は秒数指定を0秒にしておいたほうが良いでしょう。

meta refreshを使用する場面

meta refreshはGoogleやW3Cから推奨されていないため、基本的には使わないのが無難です。

リダイレクトを行いたい場合は、SEO評価を引き継ぐ301/302リダイレクトを使用しましょう。

meta refreshを使用する場面として、主に以下の2つが挙げられます。

301/302リダイレクトが利用できない場合

301/302リダイレクトは「.htaccess」に記述する必要があるため、無料ブログなどファイルを編集できない場合はmeta refreshを使うしかありません。

WordPressを利用していて「.htaccess」が編集できない場合は、プラグインでも301/302リダイレクトを行うことができます。

meta refreshの使用は、301/302リダイレクトが利用できない場合の最終手段として捉えておきましょう。

クッションページを作成する場合

meta refreshはSEO評価を引き継ぐ保証はありませんが、SEOが関係ないページであれば使用しても問題ないと言えます。

例えば、効果を計測するためのクッションページなどです。

301/302リダイレクトを利用しても良いですが、meta refreshのほうが手軽に設置できるため、クッションページのリダイレクトには適していると言えるでしょう。

meta refreshは状況によって使い分けよう!

meta refreshを利用することで、サイトに訪れたユーザーを任意のURLへ移動させることができます。

しかし、SEO効果を引き継ぐ保証はないため、meta refreshよりも301/302リダイレクトの使用がおすすめです。

meta refreshは301/302リダイレクトが使えない場合の最終手段として押さえておきましょう。

▼おすすめ記事集

あわせて読みたい
自然な被リンクを増やす。SEOに効果的な被リンク分析・リンクビルディング戦略 2022年現在、被リンクはSEOにおいて重要視されている項目の1つです。Google公式も、サイトを評価する上で被リンクを重要な指標としていることを明言しています。そのた...
あわせて読みたい
被リンク営業、被リンク獲得方法【実用・実践編】 SEO対策をする上で被リンクは最も重要です。 SEO対策の相談が最近多くなり、チームでナレッジを共有するため、改めて最新の被リンク獲得方法や被リンク営業先をまとめま...
あわせて読みたい
【2022版】サイテーションのSEO効果、増加施策、調べ方を徹底解説します SEOの外部施策のひとつに、サイテーションという指標が存在します。サイテーションとは、直訳すると「言及する」という意味で、SEOの文脈では「Web上でサービス名が話題...
あわせて読みたい
【SEOノウハウ公開】検索意図を分類・分析し、上位表示を目指す方法 コンテンツSEOにおいて、ユーザーの検索意図を読み解き、ユーザーにとって満足感の高いコンテンツを作成することが至上命題です。 この記事では、検索意図の重要性、そ...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

SEO歴13年、過去に月間1億PVまでWebサイトをグロース。ポータルサイトSEO、コンテンツマーケティングSEOなど、幅広いジャンルの順位UP・売上UP実績が豊富。YoutubeでSEO動画を大量配信中。『オリジナルSEOハンドブック【無料】』を配布中!!

目次
閉じる