【SEO対策になる?】動画コンテンツを埋め込むと検索順位は上がるのか?

これは2、3年位前から根拠なく噂されている施策です。

「動画を記事内に入れるとSEO対策になるらしいよ」って、なぜSEO対策になるのか理解せず、ただ動画をバシバシ入れるのが流行りました。

なぜ記事内に動画を入れるとSEO対策になるのか、本質的なところを理解したうえで対策を進めていきましょう。

目次

【結論】動画アリ=SEO対策ではなく、動画によってユーザーの疑問が解決されればSEO対策になる

巷では、「動画を記事に入れれば動画を視聴して滞在時間が上がるからSEO対策になるよ」って言う人が多い気がします。

もちろんGoogleは滞在時間をランキングアルゴリズムの要素として扱っていると思います。

ただ一番は、その記事を見てユーザーの疑問が解消されるかどうかです。

ユーザーは疑問を解消するためにGoogleで検索し、大抵は上位のページから順に見ていきます。1つ目のページで疑問が解消し、これ以上別のページを見る必要がなくなれば、そのままブラウザを閉じるか、そのページを開いたまま放置するでしょう。このユーザーの行為によって閲覧されたページの評価は上がります。ユーザーの疑問を一発で解消したからです。

逆に1つ目のページを見ても疑問が解消されず、Googleの検索結果に戻って2つ目のページを見るとします。2つ目のページで疑問が解消し、そのままブラウザを閉じます。この行為によって、1つ目のページより2つ目のページの方がGoogleの評価が上がります。

Googleはこのユーザーの動きを分析し、ユーザーが最短でほしい情報にたどり着けるように順位付けをしています。

ユーザーの疑問の解決を補助する動画を入れることがベスト

上記のGoogleのアルゴリズムを理解すれば、ただ動画を記事内に闇雲に入れるのではなく、ユーザーの疑問の解決を補助する動画を入れることが大切とわかります。(記事途中に無駄に動画をバンバン差し込んでも鬱陶しいだけです)

文字だけでは理解しづらい内容の場合、動画を使ってビジュアル的に理解を促せば、ユーザーは疑問が解決されて満足するでしょう。

コンテンツごとに、文章だけでユーザーが満足する理解を得られるのか、イラストを使うのか、動画を入れるのか、コンテンツの設計段階で考えていきましょう。

NYマーケティング株式会社では、「SEO対策」の初回無料相談を承っております。ホームページのお問い合わせからお送りいただくか、nakagawa.yuuki.2020@gmail.com、もしくはLINE公式までご連絡ください。
『ポータルサイト』『ECサイト』などのデータベース型SEOは中川にお任せください!!

↓↓SEOハンドブックを無料プレゼント中!!

↓ SEO対策に関する記事を更新しています。トラブル時の逆引きになれば幸いです。

あわせて読みたい
【実用・実践編】被リンク獲得手法、被リンク営業先のサイトまとめ SEO対策をする上で被リンクは最も重要です。 SEO対策の相談が最近多くなり、チームでナレッジを共有するため、改めて最新の被リンク獲得手法や被リンク営業先をまとめま...

↓ Youtubeもぜひご覧ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

NYマーケティング株式会社・代表取締役 中川裕貴
Webマーケティング歴13年、SEOの実績多数。ポータルサイトSEO、コンテンツマーケティングSEOなど、幅広いジャンルのコンサルティング経験が豊富。
SEO以外にもWebマーケティングの全体戦略設計から、SNSマーケ、MA設計、広告運用などWebマーケティング全般のご支援が可能です。

コメント

コメントする

目次
閉じる