【SEO対策になる?】動画コンテンツを埋め込むと検索順位は上がるのか?

これは2、3年位前から根拠なく噂されている施策です。

「動画を記事内に入れるとSEO対策になるらしいよ」って、なぜSEO対策になるのか理解せず、ただ動画をバシバシ入れるのが流行りました。

なぜ記事内に動画を入れるとSEO対策になるのか、本質的なところを理解したうえで対策を進めていきましょう。

▽コンテンツ対策について重要な記事
検索意図 関連キーワード・サジェストキーワード キーワード選定

目次

【結論】動画アリ=SEO対策ではなく、動画によってユーザーの疑問が解決されればSEO対策になる

巷では、「動画を記事に入れれば動画を視聴して滞在時間が上がるからSEO対策になるよ」って言う人が多い気がします。

もちろんGoogleは滞在時間をランキングアルゴリズムの要素として扱っていると思います。

ただ一番は、その記事を見てユーザーの疑問が解消されるかどうかです。

ユーザーは疑問を解消するためにGoogleで検索し、大抵は上位のページから順に見ていきます。1つ目のページで疑問が解消し、これ以上別のページを見る必要がなくなれば、そのままブラウザを閉じるか、そのページを開いたまま放置するでしょう。このユーザーの行為によって閲覧されたページの評価は上がります。ユーザーの疑問を一発で解消したからです。

逆に1つ目のページを見ても疑問が解消されず、Googleの検索結果に戻って2つ目のページを見るとします。2つ目のページで疑問が解消し、そのままブラウザを閉じます。この行為によって、1つ目のページより2つ目のページの方がGoogleの評価が上がります。

Googleはこのユーザーの動きを分析し、ユーザーが最短でほしい情報にたどり着けるように順位付けをしています。

ユーザーの疑問の解決を補助する動画を入れることがベスト

上記のGoogleのアルゴリズムを理解すれば、ただ動画を記事内に闇雲に入れるのではなく、ユーザーの疑問の解決を補助する動画を入れることが大切とわかります。(記事途中に無駄に動画をバンバン差し込んでも鬱陶しいだけです)

文字だけでは理解しづらい内容の場合、動画を使ってビジュアル的に理解を促せば、ユーザーは疑問が解決されて満足するでしょう。

コンテンツごとに、文章だけでユーザーが満足する理解を得られるのか、イラストを使うのか、動画を入れるのか、コンテンツの設計段階で考えていきましょう。

あわせて読みたい
【ラストサーチ】Googleはユーザーのどの行動を見てランキングのシグナルにしているか SEO対策をして検索順位を上げるには、「被リンク」「E-A-T」「内部リンク」「コンテンツの質」「コンテンツの量」など…非常に多くの要素が必要です。 しかし、Googleは...

▼おすすめ記事集

あわせて読みたい
【ECサイトSEO対策完全マニュアル】キーワード調査からカテゴリ設計まで 「ECサイトを自社で運営しているがSEO対策がうまくいっていない」「これからECサイトを立ち上げる予定だがSEOで何をしたらいいかわからない」 そんなお悩みを持っている...
あわせて読みたい
【ポータルサイトのSEO対策】イチから作るときのサイト設計方法と戦略策定方法 ラーメン屋を探すポータルサイトを例にして考えます。ポータルサイトをイチから作るときには、SEO対策を大前提として設計や戦略を構築していく必要があります。 ポータ...
あわせて読みたい
自然な被リンク・外部リンクを増やす。被リンク分析とリンクビルディング戦略 2022年現在、被リンク(外部リンク)はSEOにおいて重要視されている項目の1つです。Google公式も、サイトを評価する上で被リンクを重要な指標としていることを明言して...
あわせて読みたい
被リンク営業、被リンク獲得方法【実用・実践編】 SEO対策をする上で被リンクは最も重要です。 SEO対策の相談が最近多くなり、チームでナレッジを共有するため、改めて最新の被リンク獲得方法や被リンク営業先をまとめま...
あわせて読みたい
検索意図を分類・分析し、上位表示を目指す方法【SEOノウハウ公開】 コンテンツSEOにおいて、ユーザーの検索意図を読み解き、ユーザーにとって満足感の高いコンテンツを作成することが至上命題です。 この記事では、検索意図の重要性、そ...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

SEO歴13年、過去に月間1億PVまでWebサイトをグロース。ポータルサイトSEO、コンテンツマーケティングSEOなど、幅広いジャンルの順位UP・売上UP実績が豊富。YoutubeでSEO動画を大量配信中。『オリジナルSEOハンドブック【無料】』を配布中!!

目次
閉じる