【結論:集客ありき】ホームページ制作を頼む業者選定の方法は?

大企業から中小・零細企業まで、自社ホームページを持つのは当たり前になっています。

自社サービスをPRするためや、採用を強化するためにホームページは必須のツールとなっています。

しかし、「よし、ウチもホームページを作ろう、リニューアルしよう」と思い立ったとき、どこにホームページ制作を頼めばいいのか悩みますよね。

ホームページ制作会社は大小あわせて星の数ほど存在するため、依頼先の選定が難しいです。

この記事ではどういう基準でホームページ制作会社を選べばよいか、費用対効果を最大限にするための考え方を解説します。

目次

結論、HP制作のコンサルティングと集客に強い会社を選ぶべき

結論から先にお伝えすると、ホームページ制作のコンサルティングと集客に強い会社に依頼するべきです。

この2点に強い会社に依頼することで、費用対効果を最大化することが可能だからです。

理由を詳しく解説していきます。

まずホームページを作る目的を明確にする

ホームページを作る際、必ず目的があります。

・自社サービスを売るために集客をしたい
・採用で優秀な人材を獲得するためにホームページをリッチにしたい

ホームページ制作会社との打ち合わせの際に、この目的の解像度を上げてくれるコンサルティングをしてもらう必要があります。

大抵、初期に考える目的は抽象的で情報の質としては低い場合がほとんどのため、「集客するにしても、どのようなサービスに対してどのような人を集客して、どうアクションをしてほしいか」まで、しっかりヒアリングしてくれる業者が良いです。

ホームページは企業やサービスの顔になりますから、ここが目的に沿って作られていないとブランディングに失敗し、目的を果たさない負債のホームページになってしまいます。

目的から逆算してホームページ制作に落とし込む必要がある

目的がしっかり定まったら、その目的通りにユーザーを動かすための設計をし、デザインに落とし込む必要があります。

ホームページに訪れたターゲットが会社やサービスについて好感を持ち、自然な流れで問い合わせをしてくれる設計をおこないます。

一言で簡単に言いましたが、それに伴う要素は数多くあります。

・ファーストビューで何を見せるか
・どういったカラーの方がターゲットに刺さるか
・会社、サービスの良さを伝えるために何を推すか
・コンテンツをどういった順番でどのようなUIで見せるか
・問い合わせをさせるためにどういったコンテンツをどこに配置すればよいか
・ホワイトペーパーやメルマガなどでCVのハードルを下げるべきか

これらをしっかり分析してホームページに落とし込むことが必要不可欠です。

制作後の運用(集客)についても一気通貫で任せられる制作会社がベスト

ホームページを美しく作ることはできるけど、そのあとの集客については疎い業者は多いです。

何度も言っていますがホームページを作る目的は「作ること」ではありません。作って運用して成果を出さないといけません。

1つ前の章では、ホームページに訪れたユーザーに目的の動作をさせるための話をしましたが、ホームページに集客するための方法も考える必要があります。

ホームページは作るだけでは誰も訪れてくれません。SEOや広告、SNSや口コミで広げないと人はやってきません。

そう、ホームページは作ってからがスタートなのです。ホームページ制作を考える時点で集客方法まで考えておかないと、完成してから誰も訪れない無駄な時間が発生してしまいます。

そのため、ホームページを作った後の運用までを任せられる業者に制作からお願いするべきなのです。もちろん、ホームページ制作、集客でそれぞれ強い業者がいれば、最初からタッグを組んでプロジェクトを進めてもらうのもありです。

予算がないからと言って妥協してはダメ

予算がないからと言ってとにかく安い業者に依頼してしまうケースがありますが、絶対にダメです。

私にもよく次のような相談が来ます。「ホームページを作ったけど集客がまったくうまくいかない。ホームページのどこが悪いのか見てほしい」

大抵が予算をケチって作ってしまい、どこにでもあるありきたりな見た目と酷いUIになっていることがほとんど。結局リニューアルするなら、最初から予算をしっかり設けて良いものを作りましょう。

弊社では予算に応じてホームページ制作をご依頼いただくことが可能です。弊社は制作のパートナー企業・フリーランスと連携しているため、予算に応じてのチーム構成を行います。

最初から短時間でスーパーリッチなホームページを作りたい場合は強力なパートナー企業とチームを組みますし、予算少な目で時間に余裕がある場合は歴が浅めのフリーランスでチームを構成して費用を抑えます。もちろんフロント・プロジェクト管理は弊社の上級パートナーが行いますので、品質に大きな差が生まれることはありません。(デザイン面とかかる時間で差が出ます)

▼おすすめ記事集

あわせて読みたい
自然な被リンクを増やす。SEOに効果的な被リンク分析・リンクビルディング戦略 2022年現在、被リンクはSEOにおいて重要視されている項目の1つです。Google公式も、サイトを評価する上で被リンクを重要な指標としていることを明言しています。そのた...
あわせて読みたい
被リンク営業、被リンク獲得方法【実用・実践編】 SEO対策をする上で被リンクは最も重要です。 SEO対策の相談が最近多くなり、チームでナレッジを共有するため、改めて最新の被リンク獲得方法や被リンク営業先をまとめま...
あわせて読みたい
【2022版】サイテーションのSEO効果、増加施策、調べ方を徹底解説します SEOの外部施策のひとつに、サイテーションという指標が存在します。サイテーションとは、直訳すると「言及する」という意味で、SEOの文脈では「Web上でサービス名が話題...
あわせて読みたい
【SEOノウハウ公開】検索意図を分類・分析し、上位表示を目指す方法 コンテンツSEOにおいて、ユーザーの検索意図を読み解き、ユーザーにとって満足感の高いコンテンツを作成することが至上命題です。 この記事では、検索意図の重要性、そ...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

SEO歴13年、過去に月間1億PVまでWebサイトをグロース。ポータルサイトSEO、コンテンツマーケティングSEOなど、幅広いジャンルの順位UP・売上UP実績が豊富。YoutubeでSEO動画を大量配信中。『オリジナルSEOハンドブック【無料】』を配布中!!

目次
閉じる