【SEO対策】画像サイトマップでバーティカル検索に対応

XMLサイトマップはサイトのWebマスターならご存じかと思いますが、一般的なサイトのURLを含めるサイトマップの他に、Googleは拡張機能として「動画」「画像」「Googleニュース」のサイトマップも受け付けています。

今回は画像サイトマップについて解説していきたいと思います。

目次

画像サイトマップとは

※こちらはGoogleの公式のドキュメントですので、一通り目を通しておきましょう。

画像サイトマップとは、その名の通り画像に特化したサイトマップです。

↓ NYマーケティングの会社ロゴの場合

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<urlset xmlns="http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9"
       xmlns:image="http://www.google.com/schemas/sitemap-image/1.1">
    <url>
        <loc>https://ny-marketing.co.jp/</loc>
        <image:image>
            <image:loc>https://ny-marketing.co.jp/wp-content/uploads/2021/05/header-logo.png</image:loc>
            <image:title>NYマーケティング株式会社ロゴ</image:title>
            <image:caption>Webコンサルティング会社「NYマーケティング株式会社」のロゴ</image:caption>
            <image:geo_location>愛知県名古屋市中区</image:geo_location>
        </image:image>
    </url>
</urlset>

https://ny-marketing.co.jp/ のページ内にある画像をリストで持たせる形式です。titleは画像のタイトル、captionがキャプション(説明文)になります。

今まで広く知られてきた画像に対するSEO対策では、<img>タグのalt属性に画像のキャプションを入れ、それをGoogleに認識させるものでした。画像サイトマップのtitleとcaptionがどういう扱いをされるかGoogleの正式発表はありませんが、altと同じように検索でヒットさせたいキーワードをいれましょう。

<img>タグのalt属性でも十分Googleは認識をしてくれますが、画像サイトマップを使えばより認識しやすくなるのでしょう。

なにせ、この画像サイトマップ自体がまだ浸透しておらず、情報自体もまばらです。最近でこそバーティカル検索が注目され、画像検索、動画検索での流入を狙う施策も注目されてきました。その1つの施策として画像サイトマップは有効になると考えています。

どういうサイトが画像サイトマップを使うべきか

結論、画像検索での流入を狙っているサイト…です。

そんなサイトあるのか?と思う方がほとんどでしょうが、文字より画像で理解したいユーザー需要が高いジャンルにおいては、画像検索で上位表示することが重要になります。

「画像検索の流入が多ければ、ウチも画像サイトマップを入れてみるか…」と考えられるのですが、現状画像検索からの流入数を知る術はありません。

サーチコンソールの[検索パフォーマンス]-[検索での見え方]では、「動画」や「ジョブリスティング」などの流入数は見られますが、なぜか「画像」がないのです…。

画像検索の需要自体を、インスタグラムやピンタレストに完全に取られてしまっているので、Googleはもう諦めてしまったのでしょうか…。

いずれサーチコンソールから画像検索の分析もできるようにはなるでしょう。(たぶん)

感覚的に画像検索が多いだろう…と思うサイト管理者は、画像サイトマップを導入してみましょう。

NYマーケティング株式会社では、「SEO対策」の初回無料相談を承っております。ホームページのお問い合わせからお送りいただくか、nakagawa.yuuki.2020@gmail.com、もしくはLINE公式までご連絡ください。
『ポータルサイト』『ECサイト』などのデータベース型SEOは中川にお任せください!!

↓↓SEOハンドブックを無料プレゼント中!!

↓ SEO対策に関する記事を更新しています。トラブル時の逆引きになれば幸いです。

あわせて読みたい
【実用・実践編】被リンク獲得手法、被リンク営業先のサイトまとめ SEO対策をする上で被リンクは最も重要です。 SEO対策の相談が最近多くなり、チームでナレッジを共有するため、改めて最新の被リンク獲得手法や被リンク営業先をまとめま...

↓ Youtubeもぜひご覧ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

NYマーケティング株式会社・代表取締役 中川裕貴
Webマーケティング歴13年、SEOの実績多数。ポータルサイトSEO、コンテンツマーケティングSEOなど、幅広いジャンルのコンサルティング経験が豊富。
SEO以外にもWebマーケティングの全体戦略設計から、SNSマーケ、MA設計、広告運用などWebマーケティング全般のご支援が可能です。

コメント

コメントする

目次
閉じる