文章や画像を無断転用されていたら引用リンクを貼ってもらおう

これは被リンク対策の一環になります。

自分がせっかく書いた記事や作った画像が他サイトで無断転用されている場合、それは被リンク獲得のチャンスです。

以前書いた上記の記事では、競合サイトに文章や画像をパクられたらDMCA申請してGoogle検索結果から葬ろうと解説しましたが、自分のビジネスを揺らがすほどの競合サイトでなければ引用リンクの依頼をしましょう。

目次

1.運営者にメールか問い合わせフォームから引用リンクを依頼

記事や画像をパクっているサイトの運営者に引用リンクの依頼をしましょう。

引用はblockquoteというHTMLで文章をかこってもらい、その下に「引用元:https://www.xxxx.com/」のようにリンクを貼ってもらいましょう。

リンクにはnofollowをつけないように指示をしましょう。

2.レスポンスがなければDMCA申請しますよと警告する

メールや問い合わせフォームから依頼をしたのに返事がない場合は、「対応してくれない場合はDMCA申請しますよ」と警告をしましょう。

ここまで言えば、引用リンクを貼ってくれるか、パクった文章や画像を削除するでしょう。

3.引用リンクを貼ってくれればめでたしめでたし、貼ってくれなければDMCA申請して葬る

引用リンクを貼ってもらえれば被リンクを1つ獲得したことになります。DRも上がってGoogleからの評価も上がるでしょう。

引用リンクの対応をしてくれない場合は、DMCA申請でGoogle検索結果から葬りましょう。悪事は罰しましょう。

NYマーケティング株式会社では、「SEO対策」の初回無料相談を承っております。ホームページのお問い合わせからお送りいただくか、nakagawa.yuuki.2020@gmail.com、もしくはLINE公式までご連絡ください。
『ポータルサイト』『ECサイト』などのデータベース型SEOは中川にお任せください!!

↓↓SEOハンドブックを無料プレゼント中!!

↓ SEO対策に関する記事を更新しています。トラブル時の逆引きになれば幸いです。

あわせて読みたい
【実用・実践編】被リンク獲得手法、被リンク営業先のサイトまとめ SEO対策をする上で被リンクは最も重要です。 SEO対策の相談が最近多くなり、チームでナレッジを共有するため、改めて最新の被リンク獲得手法や被リンク営業先をまとめま...

↓ Youtubeもぜひご覧ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

NYマーケティング株式会社・代表取締役 中川裕貴
Webマーケティング歴13年、SEOの実績多数。ポータルサイトSEO、コンテンツマーケティングSEOなど、幅広いジャンルのコンサルティング経験が豊富。
SEO以外にもWebマーケティングの全体戦略設計から、SNSマーケ、MA設計、広告運用などWebマーケティング全般のご支援が可能です。

コメント

コメントする

目次
閉じる