ソフト404とは?サーチコンソールを使って改善しよう

ソフト 404 とは、URL にアクセスしたときに、ページが存在しないことをユーザーに伝えるページを表示し、200 レベル(成功)のコードを返すエラーのことです。コンテンツがほとんどまたはまったくないページ、たとえば、コンテンツがまばらに表示されるページや空のページなどがあります。https://developers.google.com/search/docs/advanced/crawling/soft-404-errors?hl=ja


要するにページを開くと「ページが見つかりませんでした」とか「検索に該当する情報がありませんでした」みたいな404ページのような内容にも関わらず、ステータスコード200を返してしまっているページのことです。

※ステータスコード200は正常なページ、404はnotfound。

▽内部対策について重要な記事
SEO内部施策・内部対策 ECサイトのSEO対策 ポータルサイトのSEO対策

目次

ソフト404の対処法

ソフト404と出ているページは、ステータスコード404を返すように修正しないといけません。

なぜ修正しないといけないかというと、「Googleさんがこのページは不要で価値のないページと判断されている」ためです。

『中身がないのに200返すなよ』ってちょいオコな感じなのです。

Googleさんを怒らせるのも怖いですが、ソフト404ページが大量に存在すると、自分達にもマイナスの影響を及ぼします。

ソフト404ページが大量にあると、クロールバジェットを消費してしまい、本来クロールしてほしいページをクロールしてもらえなかったり、クロール頻度が落ちたりします。

だから、Googleさんは『ソフト404ページをなんとかしなさいよ』とサーチコンソールで警告してくれているのです。Googleさんの忠告は素直に聞きましょう。

ソフト404はサーチコンソールでチェックする

ソフト404はサーチコンソールのカバレッジの除外の中にあります。

この「ソフト404」をクリックすると、対象のURLの一覧が表示されます。

URLを1つ1つ開いて確認し、どういう内容のページがソフト404と判断されるのかを認識しましょう。

ポータルサイトやECサイトの場合、検索結果0件のページなどが該当していると思われます。

0件のページは、ユーザーにもGoogleからしても価値のないページになりますので、ステータスコード404を返すようにしましょう。

ただ、優秀なサイトの場合、検索結果0件のページには関連情報の表示をおこない、ユーザーをそちらに誘導するUIにしています。

この場合はGoogleにインデックスしてほしいのでステータスコード200を通常返します。しかし、こういったページの場合でもソフト404と判断されることがあるため、その場合はもっと情報を充実するように改修を行いましょう(ユーザーの利便性を考えながらね◎)

サーチコンソールにはソフト404の他にもGoogleさんの忠告が色々確認できるため、サイト管理者は定期的にカバレッジをチェックし、常に改善を繰り返す必要があります。

あわせて読みたい
【サーチコンソール】低品質ページの見つけ方 以前にもまして、コンテンツSEOに取り組む事業者が増えてきました。コンテンツSEOは、上位化ができてCVの獲得が安定すると、かなりコスパの良いWebマーケティング施策に...

▼おすすめ記事集

あわせて読みたい
【ECサイトSEO対策完全マニュアル】キーワード調査からカテゴリ設計まで 「ECサイトを自社で運営しているがSEO対策がうまくいっていない」「これからECサイトを立ち上げる予定だがSEOで何をしたらいいかわからない」 そんなお悩みを持っている...
あわせて読みたい
【ポータルサイトのSEO対策】イチから作るときのサイト設計方法と戦略策定方法 ラーメン屋を探すポータルサイトを例にして考えます。ポータルサイトをイチから作るときには、SEO対策を大前提として設計や戦略を構築していく必要があります。 ポータ...
あわせて読みたい
自然な被リンク・外部リンクを増やす。被リンク分析とリンクビルディング戦略 2022年現在、被リンク(外部リンク)はSEOにおいて重要視されている項目の1つです。Google公式も、サイトを評価する上で被リンクを重要な指標としていることを明言して...
あわせて読みたい
被リンク営業、被リンク獲得方法【実用・実践編】 SEO対策をする上で被リンクは最も重要です。 SEO対策の相談が最近多くなり、チームでナレッジを共有するため、改めて最新の被リンク獲得方法や被リンク営業先をまとめま...
あわせて読みたい
検索意図を分類・分析し、上位表示を目指す方法【SEOノウハウ公開】 コンテンツSEOにおいて、ユーザーの検索意図を読み解き、ユーザーにとって満足感の高いコンテンツを作成することが至上命題です。 この記事では、検索意図の重要性、そ...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

SEO歴13年、過去に月間1億PVまでWebサイトをグロース。ポータルサイトSEO、コンテンツマーケティングSEOなど、幅広いジャンルの順位UP・売上UP実績が豊富。YoutubeでSEO動画を大量配信中。『オリジナルSEOハンドブック【無料】』を配布中!!

目次
閉じる