ソフト404とは?サーチコンソールを使って改善しよう

ソフト 404 とは、URL にアクセスしたときに、ページが存在しないことをユーザーに伝えるページを表示し、200 レベル(成功)のコードを返すエラーのことです。コンテンツがほとんどまたはまったくないページ、たとえば、コンテンツがまばらに表示されるページや空のページなどがあります。https://developers.google.com/search/docs/advanced/crawling/soft-404-errors?hl=ja


要するにページを開くと「ページが見つかりませんでした」とか「検索に該当する情報がありませんでした」みたいな404ページのような内容にも関わらず、ステータスコード200を返してしまっているページのことです。

※ステータスコード200は正常なページ、404はnotfound。

目次

ソフト404の対処法

ソフト404と出ているページは、ステータスコード404を返すように修正しないといけません。

なぜ修正しないといけないかというと、「Googleさんがこのページは不要で価値のないページと判断されている」ためです。

『中身がないのに200返すなよ』ってちょいオコな感じなのです。

Googleさんを怒らせるのも怖いですが、ソフト404ページが大量に存在すると、自分達にもマイナスの影響を及ぼします。

ソフト404ページが大量にあると、クロールバジェットを消費してしまい、本来クロールしてほしいページをクロールしてもらえなかったり、クロール頻度が落ちたりします。

だから、Googleさんは『ソフト404ページをなんとかしなさいよ』とサーチコンソールで警告してくれているのです。Googleさんの忠告は素直に聞きましょう。

ソフト404はサーチコンソールでチェックする

ソフト404はサーチコンソールのカバレッジの除外の中にあります。

この「ソフト404」をクリックすると、対象のURLの一覧が表示されます。

URLを1つ1つ開いて確認し、どういう内容のページがソフト404と判断されるのかを認識しましょう。

ポータルサイトやECサイトの場合、検索結果0件のページなどが該当していると思われます。

0件のページは、ユーザーにもGoogleからしても価値のないページになりますので、ステータスコード404を返すようにしましょう。

ただ、優秀なサイトの場合、検索結果0件のページには関連情報の表示をおこない、ユーザーをそちらに誘導するUIにしています。

この場合はGoogleにインデックスしてほしいのでステータスコード200を通常返します。しかし、こういったページの場合でもソフト404と判断されることがあるため、その場合はもっと情報を充実するように改修を行いましょう(ユーザーの利便性を考えながらね◎)

サーチコンソールにはソフト404の他にもGoogleさんの忠告が色々確認できるため、サイト管理者は定期的にカバレッジをチェックし、常に改善を繰り返す必要があります。

NYマーケティング株式会社では、「SEO対策」の初回無料相談を承っております。ホームページのお問い合わせからお送りいただくか、nakagawa.yuuki.2020@gmail.com、もしくはLINE公式までご連絡ください。
『ポータルサイト』『ECサイト』などのデータベース型SEOは中川にお任せください!!

↓↓SEOハンドブックを無料プレゼント中!!

↓ SEO対策に関する記事を更新しています。トラブル時の逆引きになれば幸いです。

あわせて読みたい
【実用・実践編】被リンク獲得手法、被リンク営業先のサイトまとめ SEO対策をする上で被リンクは最も重要です。 SEO対策の相談が最近多くなり、チームでナレッジを共有するため、改めて最新の被リンク獲得手法や被リンク営業先をまとめま...

↓ Youtubeもぜひご覧ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

NYマーケティング株式会社・代表取締役 中川裕貴
Webマーケティング歴13年、SEOの実績多数。ポータルサイトSEO、コンテンツマーケティングSEOなど、幅広いジャンルのコンサルティング経験が豊富。
SEO以外にもWebマーケティングの全体戦略設計から、SNSマーケ、MA設計、広告運用などWebマーケティング全般のご支援が可能です。

コメント

コメントする

目次
閉じる