canonicalタグとは?書き方や確認方法、注意点を解説

canonical(カノニカル)タグは、内容が似ているページのURLを1本化するためのタグです。canonicalタグを設置することでGoogleからの評価を1つのURLに集約できます。

この記事では、canonicalタグの書き方や設置後の確認方法、設置するにあたっての注意したい点を解説します。

▽内部対策について重要な記事
SEO内部施策・内部対策 ECサイトのSEO対策 ポータルサイトのSEO対策

この記事で分かること
・canonicalタグを設定する意味が理解できる
・canonicalタグを使用すべきケースがわかる
・canonicalを設定する具体的な方法を、ケース別に知ることができる

こんな人におすすめの記事です
・canonicalタグを知ってはいるものの、設定する理由がわからない人
・自社でやるべきcanonicalタグの設定方法を知りたい人

目次

canonicalタグとは?

canonicalタグとは、同一サイト内に類似ページが存在する場合に、正規のURLをGoogleに伝えるタグです。この作業をURLの正規化と呼びます。

サイト運営をしていく中で、以下のように過去に作成したページと似たページが発生することがあります。特に、ECサイトでは起こりやすいです。

その場合、canonicalタグを使ってどちらか一方のURLを指定すると、どちらが重要なURLであるかをGoogleに伝えることができます。

例(SEOに関する記事) 
①https://www.abc.com/about-seo 
②https://www.abc.com/what-is-seo

URLの正規化とは?

「URLの正規化」とは、サイト内に存在する「コンテンツの内容は同じだが、URLが異なるページ」のURLを一本化することです。

例えば以下の2つは、ページの内容が同じであってもURLが異なるため、Googleは「別のページである」と判断します。

以下に示されている①のページを、②のURLに正規化することで、①の評価が②に集約されます。

例 
①https://www.abc.com/ 
②https://www.abc.com

また、クローラーも①ではなく②が重要なページであることを認識できます。

canonicalタグを設定すべき理由|どんな意味がある?

canonicalタグを活用することで、どのような効果があるのでしょうか。

ここでは、canonicalタグを設置すべき理由を2つ紹介します。

  • 重複コンテンツを解消できる
  • 被リンクの評価を1ページに集約できる

重複コンテンツを解消できる

canonicalタグを活用すると、Googleから重複したコンテンツであるとみなされなくなります。

Googleは様々なページをバランスよく検索結果に載せたいため、似たページが複数あった場合はクロールされにくくなります。そのため、質が高いとはいえ内容が近いページが同サイト内にあることは、SEOの観点で好ましくありません。

Googleから「内容が重複している」と判断されると、サイトの評価が低くなる可能性があります。

最悪の場合、「同じ内容のページを増やして、サイトを充実させているように見せた悪用サイト」とみなされてしまうかもしれません。

そうならないためにも、canonicalタグを活用して、重複コンテンツとみなされる可能性を排除しましょう。

あわせて読みたい
重複ページと判断されインデックス除外された場合の対処方法 この現象は、主にポータルサイトやECサイトでまれに起こるものです。 あるキーワード検索で表示されてほしいページが表示されず、別のページが表示される現象が起こり、...

被リンクの評価を1ページに集約できる

canonicalタグを活用すると、被リンクの評価を1つのページで受けることができます。

以下の例の場合、①と②が同じコンテンツであっても①のURLで被リンクを50件、②のURLで100件というように、URLが異なれば評価も別々に換算されます。

この場合、canonicalタグで②のURLに正規化することで、①と②別々に受けていた評価を②のURLに集約できます。

例 
①https://www.abc.com/ ・・・被リンク50件 
②https://www.abc.com ・・・被リンク100件
  ↓
②https://www.abc.comに正規化・・・被リンク150件
あわせて読みたい
自然な被リンク・外部リンクを増やす。被リンク分析とリンクビルディング戦略 2022年現在、被リンク(外部リンク)はSEOにおいて重要視されている項目の1つです。Google公式も、サイトを評価する上で被リンクを重要な指標としていることを明言して...

canonicalタグを使うべきパターン

canonicalタグを使うべきパターンは、以下の3通りがあります。

  • パソコン用とスマートフォン用でURLが異なる
  • 計測用のパラメータなどがURLにつく場合
  • ECサイトで複数の色・サイズのページがある

パソコン用とスマートフォン用でURLが異なる

パソコンとスマートフォンで以下のようにURLが異なる場合があります。媒体が異なるだけで内容は同じなため、canonicalタグを設置していずれかのURLに集約しましょう。

▼PCとスマホでサブドメインが異なる場合は、こちらのページも確認しましょう。

あわせて読みたい
PCとスマホでサブドメインが異なる場合のalternate/canonical設定方法 今日もちょっとマニアックなSEOの話で、昔から運用しているポータルサイトやECサイトに該当するケースが多いです。 PCとスマホのドメインやURLが異なる場合に、alternat...
例 
パソコン用URL: https://abc.com/ 
スマートフォン用URL: https://sp.abc.com/

計測用のパラメータなどがURLにつく場合

広告やLPで計測用のページでは、URLの末尾にパラメータがついていることがあります。

canonicalタグを設置して、パラメータのついていないページに集約しましょう。

例 
https://www.abc.com?〇〇〇=△△△△” 
https://www.abc.com
あわせて読みたい
URLパラメータツールで重複コンテンツを制御 URLパラメータツールという言葉が聞き慣れない方の方が多いと思います。 旧サーチコンソールに搭載されていたツールで、現在でもURLを直で叩けば開けて使用可能です。 ↓...

canonicalタグの書き方

ここでは、canonicalタグの書き方を説明します。

HTMLに記載する場合

HTMLにcanonicalタグを書く場合は、以下のように記述してください。

<head><link rel=””canonical”” href=””正規化して評価を集めたいページのURL””></head>

canonicalタグの追加場所はheadタグ内です。相対パスで指定した場合、正規化できない可能性があります。headタグ内のURLは絶対パスで記述してください。

HTTPヘッダー部分に記載する場合

HTTPヘッダー部分にcanonicalタグを書く場合は、以下のように記載してください。

Link:<http;//正規化して評価を集めたいページのURL>; rel=”canonical”

WordPressで設定する場合

WordPressを使用している場合は、プラグインから簡単に操作できます。

  1. WordPressの管理画面からプラグイン「All in One SEO Pack」をインストール
  2. 「All in One SEO Pack」有効化する
  3. 「一般設定」から「Canonical URL」という項目をチェックする

canonicalタグの設定状況を確認する方法

canonicalタグを設置した後、正しく反映されているか確認しましょう。確認する方法は2種類あります。

HTMLファイルで確認する方法

HTMLファイルで確認する場合は、以下のように行います。

  1. Google Chrome上で右クリック→「ページのソースを表示」
  2. HTMLファイルが表示されたら「canonical」で文字検索する
  3. canonicalに関する記述を目視で確認する

Google Search Consoleで確認する方法

Google Search Concoleで確認する場合は、以下のように行います。

  1. Google Search Concoleの検索欄にコピーしたURLを貼り付けて検索する
  2. 検査結果の「カバレッジ」欄で「ユーザーが指定した正規URL」を確認する

canonicalタグを設置するにあたっての注意点

canonicalタグの設置にあたって、注意すべき点が4つあります。

  • 操作を誤るとサイトが検索結果に出なくなる
  • ユーザーに不要なページを回遊させない
  • 複数ページにわたって続く場合はcanonicalタグを使わない
  • canonicalタグで全ページ同じURLを設定しない

操作を誤るとサイトが検索結果に出なくなる

canonicalタグの設置操作を誤ると、指定先ページがGoogleの結果欄に表示されなくなる可能性があります。

サイト全体のSEO評価が下がる可能性もあるので、作業は慎重に行ってください。

ユーザーに不要なページを回遊させない

ユーザーに不要なページは、canonicalタグでどこかのページに正規化するのではなく、301リダイレクトをしましょう。ユーザーに不要なページは、見せるべきではないからです。

301リダイレクトはURLが変更になった際に、変更後のURLに転送するための手段です。

301リダイレクトを活用すると、ユーザーが不要なページにアクセスした場合に、本来見せたいページに飛ばすことができます。

複数ページにわたって続く場合はcanonicalタグを使わない

ページネーションを使ってコンテンツが2ページ以上にまたがる場合は、canonicalタグで別URLを指定する必要はありません。

例えば1つのコンテンツが5ページにまたがった場合、それぞれのページは異なったコンテンツになります。そのため、別URLを1つのURLに正規化しないようにしましょう。

しかし、Google公式は、

  • 2ページ目以降を検索結果に表示させなくても良い場合
  • 他のページから2ページ目以降に容易にアクセスできる場合

は、1ページ目に正規化することも問題ないとしています。

このような例外もおさえておきましょう。

canonicalタグで全ページ同じURLを設定しない

canonicalタグを設置する時に、全ページに同一URLを指定しないようにしてください。

全て同一のURLを指定すると、Googleに「全ページが1つのコンテンツである」と判断される可能性があります。適切なURLを選んで指定しましょう。

canonicalタグを使ってサイトの質を高めよう

URLの異なる同一コンテンツが存在すると、Googleからの評価が分散してしまいます。

似た内容のコンテンツとみなされそうなときはcanonicalタグを設置し、Googleから適切に評価を受けるようにしましょう。被リンクやGoogleからの評価を集約でき、より質のよいサイトになります。

▼URLの正規化とは?SEOとの関連性や確認方法、対策を解説

あわせて読みたい
URLの正規化とは?SEOとの関連性や確認方法、対策を解説 URLの正規化を行うと、SEOへの良い影響を期待できます。検索エンジンからの評価を分散させなくするからです。 この記事では、URLの正規化の詳細や具体的な対策、自サイ...

▼おすすめ記事集

あわせて読みたい
【ECサイトSEO対策完全マニュアル】キーワード調査からカテゴリ設計まで 「ECサイトを自社で運営しているがSEO対策がうまくいっていない」「これからECサイトを立ち上げる予定だがSEOで何をしたらいいかわからない」 そんなお悩みを持っている...
あわせて読みたい
【ポータルサイトのSEO対策】イチから作るときのサイト設計方法と戦略策定方法 ラーメン屋を探すポータルサイトを例にして考えます。ポータルサイトをイチから作るときには、SEO対策を大前提として設計や戦略を構築していく必要があります。 ポータ...
あわせて読みたい
自然な被リンク・外部リンクを増やす。被リンク分析とリンクビルディング戦略 2022年現在、被リンク(外部リンク)はSEOにおいて重要視されている項目の1つです。Google公式も、サイトを評価する上で被リンクを重要な指標としていることを明言して...
あわせて読みたい
被リンク営業、被リンク獲得方法【実用・実践編】 SEO対策をする上で被リンクは最も重要です。 SEO対策の相談が最近多くなり、チームでナレッジを共有するため、改めて最新の被リンク獲得方法や被リンク営業先をまとめま...
あわせて読みたい
検索意図を分類・分析し、上位表示を目指す方法【SEOノウハウ公開】 コンテンツSEOにおいて、ユーザーの検索意図を読み解き、ユーザーにとって満足感の高いコンテンツを作成することが至上命題です。 この記事では、検索意図の重要性、そ...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

SEO歴13年、過去に月間1億PVまでWebサイトをグロース。ポータルサイトSEO、コンテンツマーケティングSEOなど、幅広いジャンルの順位UP・売上UP実績が豊富。YoutubeでSEO動画を大量配信中。『オリジナルSEOハンドブック【無料】』を配布中!!

目次
閉じる