noindexとnofollowとは?違いや書き方、注意点を解説

noindexとnofollowを設定するときは、正しい使い分けが必要です。

使い方を間違えると、必要なページがインデックスされない、かつ検索順位が大幅に下がるといった事態を招きます。

当記事では、noindexとnofollowの違いに触れながら、適切な設置方法を具体的に解説します。

▽内部対策について重要な記事
SEO内部施策・内部対策 ECサイトのSEO対策 ポータルサイトのSEO対策

この記事で分かること
・noindexとnofollowの違いを理解できる
・noindexとnofollowの正しい書き方と設定すべきページを知ることができる
・noindexとnofollowを活用してSEO効果を高める方法を理解できる

こんな人におすすめの記事です
・noindexとnofollowの違いをしっかり理解できていない人
・noindexとnofollowの正しい使い方を知りたい人
・noindexとnofollowを活用して検索上位を目指したい人

目次

noindexとは

noindexとは、特定のページをインデックスさせないために設定するメタタグのことです。

noindexを設定したページは、検索結果画面には表示されなくなります。

以下のようなページには、noindexを設定するのがおすすめです。

  • 検索結果に表示させたくないページ
  • 質が低いページ
  • URLが正規化されていない重複ページ

上記のようなページがあると、ユーザーに役立たないページが存在するサイトと認識され、サイト全体の評価を落とすことになります。

そのため、noindexを活用して、サイト全体の評価を落とさないための対策を施しましょう。

あわせて読みたい
noindexタグとは?書き方・SEOにおける効果と注意点 noindexタグは、検索エンジンからのインデックスを拒否するメタタグです。 低品質なページや、類似するコンテンツにnoindexタグを記述することで、検索順位に悪影響を及...

noindexのSEO効果

noindexで「低品質なページ」をインデックスされなくすると、サイト全体の評価を底上げできる可能性があります。

ユーザーにとって有益な記事が50記事あるサイトと、有益ではない記事も含まれて300記事あるサイトだと、どちらの方がユーザーのためになるか、答えは明確なはずです。

そのため、低品質なページにnoindexし、高品質なページのみをインデックスされるようにすることで、サイト全体の評価を高めていきましょう。

nofollowとは

nofollowとは、検索エンジンのクローラーにページ内のリンクを巡回させないために設定するメタタグのことです。

以下のようなページにはnofollowを設定しましょう。

  • クロールの優先順位が低いリンク
  • リンクジュースの評価を渡したくないリンク

ただし、2020年3月1日からリンク単位で設定できる「rel=”nofollow”」は仕組みが若干変更しています。「クローラーがリンクを完全に無視する命令」ではなく「ヒントとして利用する」ようになっているため、その点は理解して設置しましょう。

あわせて読みたい
nofollowとは?役割や使用場面、SEO効果を解説 nofollowとは、検索エンジンにリンク先をクロールしないように伝える属性値のことを指します。 nofollowにはリンク先に自サイトのページ評価を受け渡さない役割があるた...

nofollowのSEO効果

nofollowにSEO効果はありません。これは2019年にGoogleから公式に発表されています。

SEO効果を望むなら、むしろ通常のリンクを貼っておいた方がよいとまで言われています。

参考:Google’s John Mueller: No Benefit to Marking All Outbound Links as Nofollow

noindexとnofollowの違い

noindexとnofollowには、以下のような違いがあります。

  • noindex:検索エンジンのクローラーにインデックスを拒否する
  • nofollow:ページ内のリンクをクロールさせない

そのため、

  • ページ自体をインデックスさせたくないのか
  • リンクを巡らせず、サイト間の評価を引き継がせたくないのか

によって、使い分けることが大切です。

noindexとnofollowの正しい書き方

noindexとnofollowの正しい書き方を解説します。

noindexの書き方

noindexの書き方は、以下の通りです。

<meta name=”robots” content=”noindex”>

また、「Googleのクローラーのみにインデックス拒否を設定したい」という場合は、以下のように記述します。

<meta name=”googlebot” content=”noindex”>

記述場所はhtmlの<head>内です。

nofollowの書き方

nofollowの書き方は、タグの適用が「ページ全体」と「リンク単位」によって異なります。

【ページ全体の場合】

<meta name=”robots” content=”nofollow”>

記述場所はhtmlの<head>内です。

【リンク単位の場合】

<a href=”example.html” rel=”nofollow”></a>

記述場所はコンテンツ部分のhtmlです。

加えて、「sponsored属性」や「ugc属性」の記述によってnofollowのタイプを細分化すれば、「発リンク」の性質をより明確に認識させることもできます。

属性書き方特徴
sponsored属性<p><a href=”http://example.com” rel=”sponsored”></a></p>広告や有料プレースメントのリンクに対して指定できる属性で、アフィリエイトリンクにおすすめ
ugc属性<p><a href=”http://example.com” rel=”ugc”></a> </p>ユーザー作成コンテンツのリンクに対して指定できる属性で、コメントやフォーラム投稿などにおすすめ

noindexとnofollowを同時に設定する方法

html内に以下のように記述することで、noindexとnofollowを同時に設定できます。

<meta name=”robots” content=”noindex , nofollow”>

noindexだけでは、検索エンジンのクローラーがページ内のリンクを辿ってしまいます。インデックスとリンク巡回の両方を回避したいなら、上記のとおり設定しておきましょう。

noindexとnofollowをWordpressで設定する方法

サイトをWordPressで運営している場合は、プラグイン「All in One SEO pack」でnoindexとnofollowを簡単に設定できます。設定方法は以下のとおりです。

  • 記事の編集画面に表示される「All in One SEO Pack」の項目をクリック
  • 「この固定ページ/投稿に noindex を使用する」もしくは「NOFOLLOW このページ/投稿」にチェックマークを入れる

noindexとnofollowが正しく設定されてるか確認する方法

noindexとnofollowを設定したあとは、正しく反映されているか確認しましょう。

Webサービスを活用する

noindexの設定は、Webサービスの活用で簡単に確認できます。有名なWebサービスは「noindexありなしチェッカー」です。

「URL入力エリア」に確認したいページのURLをコピーペーストして、「URLを入力してnoindexをチェック」ボタンを押せば結果が出ます。

引用:noindexありなりチェッカー

拡張機能を使う

拡張機能「NoFollow」を使えば、noindexとnofollowの設定を同時かつ瞬時に確認できます。

この拡張機能は

  • Googlechrome
  • Safari
  • Edge
  • FireFox
  • Opera

で使用可能です。

使い方は簡単で、まず検索エンジンで「NoFollow」を検索してインストールするだけ。

アドレスバー右横の鎖アイコンで「有効」にし、ブラウザで設定の確認をしたいページを表示させるだけです。

拡張機能が有効になっていれば、ページを開くだけで画面右下に上記が表示されます。

-false:設定なし
-true:設定あり

ページのソースを確認する

noindexとnofollowの設定は、ページソースからでも確認できます。

以下は、Google Chromeの一例です。

  • 調べたいページを開いて右クリック「ページのソースを表示する」
  • ソースページが表示されたら、画面右上の「ページ内検索」をクリック
  • 検索欄に「noindex」「nofollow」で検索する
  • ヒットすれば設定されている

noindexとnofollowを使うときの注意点

noindexとnofollowを使うときの注意点を解説します。

  • タグをどのように設定するかを予め決めておく
  • noindexとnofollowは設定してもすぐに反映されない
  • ページによってはnoindexではなく削除やリライトで対応する

タグをどのように設定するかを予め決めておく

noindexとnofollowを設定する際は、予め「タグをどのように設定するか」を決めておきましょう。「どこに、どのように」使うかを決めておくことで、ミスの発生を防げます。

noindexは強力なタグなので、設定すると絶対にインデックスされません。サイトの評価や流入数に大きな影響を与えるため、設定後の確認も大切です。

noindexとnofollowは設定してもすぐに反映されない

noindexとnofollowが反映されるのは、クローラーがタグを確認したあとです。そのため、設定してもすぐには反映されません。

設定してから数日間は検索結果に表示される可能性がありますが、正しく設定されている場合は様子を見ましょう。

ページによってはnoindexではなく削除やリライトで対応する

noindexはすべての「低品質なコンテンツ」に対して設定するのではなく、ページの状況に合わせて対応するのがポイントです。

ページによって、

  • noindex
  • リライト
  • 削除

を正しく使い分けることで、SEO効果を高められます。

SEOツールを活用して流入数やCVRなどを把握し、適宜使い分けるのが大切です。

noindexとnofollowを正しく活用して効果的なSEO対策をしよう

noindexとnofollowは、正しく活用すればサイト全体の評価向上につながる可能性があります。一方で、使い方を間違えると、サイトやページの評価を下げたり検索結果に表示されなかったりという事態を招きかねません。

そのため、noindexとnofollowを設定するときは、事前に設定の方針を決めておいてミスなく設定するのが大切になります。

当記事を参考に、noindexとnofollowをうまく活用して、サイト全体の評価向上につなげていただけたら幸いです。

あわせて読みたい
SEO内部対策とは?17の対策を解説 SEO内部対策は、サイトを検索結果の上位に表示させるために欠かせません。 しかし、SEO内部対策には多くの種類があり、何をすべきかわからない人も多いのではないでしょ...

▼おすすめ記事集

あわせて読みたい
【ECサイトSEO対策完全マニュアル】キーワード調査からカテゴリ設計まで 「ECサイトを自社で運営しているがSEO対策がうまくいっていない」「これからECサイトを立ち上げる予定だがSEOで何をしたらいいかわからない」 そんなお悩みを持っている...
あわせて読みたい
【ポータルサイトのSEO対策】イチから作るときのサイト設計方法と戦略策定方法 ラーメン屋を探すポータルサイトを例にして考えます。ポータルサイトをイチから作るときには、SEO対策を大前提として設計や戦略を構築していく必要があります。 ポータ...
あわせて読みたい
自然な被リンク・外部リンクを増やす。被リンク分析とリンクビルディング戦略 2022年現在、被リンク(外部リンク)はSEOにおいて重要視されている項目の1つです。Google公式も、サイトを評価する上で被リンクを重要な指標としていることを明言して...
あわせて読みたい
被リンク営業、被リンク獲得方法【実用・実践編】 SEO対策をする上で被リンクは最も重要です。 SEO対策の相談が最近多くなり、チームでナレッジを共有するため、改めて最新の被リンク獲得方法や被リンク営業先をまとめま...
あわせて読みたい
検索意図を分類・分析し、上位表示を目指す方法【SEOノウハウ公開】 コンテンツSEOにおいて、ユーザーの検索意図を読み解き、ユーザーにとって満足感の高いコンテンツを作成することが至上命題です。 この記事では、検索意図の重要性、そ...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

SEO歴13年、過去に月間1億PVまでWebサイトをグロース。ポータルサイトSEO、コンテンツマーケティングSEOなど、幅広いジャンルの順位UP・売上UP実績が豊富。YoutubeでSEO動画を大量配信中。『オリジナルSEOハンドブック【無料】』を配布中!!

目次
閉じる