【サーチコンソール】低品質ページの見つけ方

以前にもまして、コンテンツSEOに取り組む事業者が増えてきました。コンテンツSEOは、上位化ができてCVの獲得が安定すると、かなりコスパの良いWebマーケティング施策になります。

社内でライターを雇ったり、クラウドソーシングでライターに外注するところが増えてきましたが、ライティングよりもディレクションがとっても重要になります。

前回の記事でも書きましたが、記事を書けば必ずGoogleにインデックスされるわけではありません。低品質ページはインデックス登録されしてくれないのです。

目次

なぜ低品質ページができあがってしまうのか

ライターにすべて任せっきりにしてしまうと、気づいたら低品質ページばかり量産して、インデックス数もアクセスも増えない…ということは珍しくありません。

適当にネット上の記事から情報をかき集めて、それらをただ真似したページを作ってもインデックスされないことが多々あります。

自社でディレクターを立て、自社の強みや情報を活かした最大限のオリジナル記事を作ることで、インデックス登録もされるし順位もUPします。

サーチコンソールで定期的に低品質ページを見つけてブラッシュアップ

サーチコンソールのメニューからカバレッジ⇒除外をクリック。「クロール済み – インデックス未登録」と「検出 – インデックス未登録」のURLが低品質ページになります。

ディレクションをきちんとやっても、インデックス登録されないページは生まれてしまいます。

そのため、上記のサーチコンソールから低品質ページを見つけ、その記事をリライトしなければいけません。

月に1回など定期的にサーチコンソールから低品質ページをチェックし、リライトをするという体制を作りましょう。

NYマーケティング株式会社では、「SEO対策」の初回無料相談を承っております。ホームページのお問い合わせからお送りいただくか、nakagawa.yuuki.2020@gmail.com、もしくはLINE公式までご連絡ください。
『ポータルサイト』『ECサイト』などのデータベース型SEOは中川にお任せください!!

↓ SEO対策に関する記事を更新しています。トラブル時の逆引きになれば幸いです。

あわせて読みたい
【実用・実践編】被リンク獲得手法、被リンク営業先のサイトまとめ SEO対策をする上で被リンクは最も重要です。 SEO対策の相談が最近多くなり、チームでナレッジを共有するため、改めて最新の被リンク獲得手法や被リンク営業先をまとめま...

↓ Youtubeもぜひご覧ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

NYマーケティング株式会社・代表取締役 中川裕貴
Webマーケティング歴13年、SEOの実績多数。ポータルサイトSEO、コンテンツマーケティングSEOなど、幅広いジャンルのコンサルティング経験が豊富。
SEO以外にもWebマーケティングの全体戦略設計から、SNSマーケ、MA設計、広告運用などWebマーケティング全般のご支援が可能です。

コメント

コメントする

目次
閉じる