【無料】リンク切れチェックツールおすすめ6選!SEOへの悪影響も解説

リンク切れとは、リンク先のページに遷移できず、「404 not found」と表示される状態のことです。リンク切れをチェックせず放置してしまうと、ユーザーの利便性を損なうだけでなく、SEOに対しても悪影響を与える可能性があります。

そこで今回は、リンク切れのリスクや原因、チェック方法を解説します。無料で便利なリンク切れチェックツールも6つご紹介しますので、最後まで参考にしてください。

▽内部対策について重要な記事
SEO内部施策・内部対策 ECサイトのSEO対策 ポータルサイトのSEO対策

この記事で分かること
・リンク切れとは何か
・リンク切れに注意する理由(発生・放置するリスクとSEO等に及ぼす影響)
・リンク切れの原因
・リンク切れの対処法
・おすすめのリンク切れチェックツール(無料)

こんな人におすすめの記事です
・リンク切れのリスクや原因がよくわからない人
・リンク切れ対策、主に便利なチェックツール情報を得て、SEO対策に役立てたい人

目次

リンク切れとは

リンク切れとは、サイト内のリンクをクリックしても、リンク先のページにアクセスできない状態を指します。遷移後のページに「404 Not Found(お探しのページは見つかりませんでした)」というエラーを示す画面が表示されることが多いのが特徴です。

別名「デッドリンク(DeadLink)」とも呼ばれています。

リンク切れを放置するリスク

リンク切れを放置するリスクは、主に以下の2つです。

  • ユーザビリティの低下(ユーザーに対する影響)
  • クローラビリティの低下(SEOに対する影響)

この2つの観点から、リンク切れを放置することの影響について解説します。

ユーザビリティの低下

リンク切れは、ユーザーが見たいページが見られない状態になっているため、当然ユーザーの利便性は落ちてしまいます。

ユーザーは、自分の求める情報が得られないことに混乱し、サイトに不信感を覚えるかもしれません。つまり、リンク切れはユーザーのサイト離れを招く恐れがあります。

さらに、リンク切れがあることが「メンテナンスされていない」という印象を与え、サイトの信頼性を損なう事態になりかねないのです。

クローラビリティの低下

リンク切れがあると、クローラーがリンクを巡回できず情報を取得できないため、サイトの評価が下がる可能性もあります。

そもそもクローラーとは、自動でサイト内を巡回するプログラムのことを指します。クローラーはサイト内のリンクを辿って情報収集し、取得した情報をデータベースに登録(インデックス)します。データベースにインデックスされた情報が、検索エンジンに表示される仕組みとなっています。

検索エンジンのアルゴリズム上、クローラビリティ(クローラーの巡回のしやすさ)の高いものが上位表示されると言われています。その反面、リンク切れはクローラビリティを損ない、SEOに悪影響を与えてしまうリスクがあるのです。

あわせて読みたい
検索エンジンの仕組みとは?Googleの検索アルゴリズムと上位表示させるためにやるべきこと 作成したWebページを検索結果の上位に表示させるためには、検索エンジンの仕組みを理解することが重要です。 検索エンジンがどのように検索結果を決定しているのかがわ...

リンク切れが発生する原因

リンク切れが発生する原因を大きく分けると、以下のどちらかになります。

  • リンクのスペルミス
  • リンク先ページの削除

それぞれの理由を詳しく解説します。

リンクのスペルミス

リンクの文字列の入力が誤っていたり、不完全なURLになっていることで、リンク切れとなってしまう場合があります。

  • リンク先のURLが1文字だけ間違っていた、
  • 「/(スラッシュ)」が足りなかった

というように、サイト運営者による単純なケアレスミスが原因となるケースが多いです。

対策としては、

  • リンクを貼る際に細かく注意して記述すること
  • 定期的なリンクチェックを行うこと

が必要になります。

リンク先ページの削除

リンク切れは、貼り付けたリンク先が閉鎖・削除されたために発生することも多いです。

リンク設置時には有効だったページが、その後何らかの理由で閉鎖・削除、URLを変更されるなどして、アクセスが不可能になることがあります。

リンクのスペルミスは防ぎようがありますが、リンク先の削除によるリンク切れは、サイト運営者側が防ぐことは難しいです。したがって、リンク先が削除されてリンク切れしていないか、定期的にチェックする必要があります。

リンク切れチェックの具体的な方法

具体的にリンク切れを確認する方法には、以下の2つのステップがあります。

  1. リンク切れチェックツールで確認する
  2. リンク切れを修正する

ここでは、チェックツールの使用後に修正を行う方法をご紹介します。

STEP1. リンク切れチェックツールで確認する

サイト内の全てのリンクとリンク先が有効かを確認するには、リンク切れチェックツールの活用が効率的です。

リンク切れチェックツールとは、自動でリンク切れを調査するプログラムです。多くのツールがワンクリックで、サイト内の全てのリンクを調査し、エラー(リンク切れ)を検出します。手動で全ページを確認していくと膨大な手間と時間がかかります。しかし、チェックツールを使用すれば、簡単に一括でリンク切れを発見できます。作業負担も少ないので、月に1度などのルーティンワークにもしやすいでしょう。おすすめのリンク切れチェックツールは後述します。

STEP2. リンク切れを修正する

チェックツールでリンク切れを検出したら、該当箇所を修正します。

リンク先そのものが削除または閉鎖されていてURLがすでに存在しない場合は、リンク自体を削除しましょう。

リンク切れチェックにおすすめの無料ツール6選

リンク切れチェックツールには、有料、無料、ブラウザ上で使用できるもの、インストールするものなど、様々な形式があります。

ここでは、リンク切れチェックツールを合計6つご紹介します。

  • dead-link-checker.com
  • takotubo.jp
  • W3C Link Checker
  • Googleサーチコンソール
  • Broken Link Checker
  • Check My Link

いずれも無料で手軽に利用できるので、色々と試して、自分に合ったツールを見つけてみてください。

①dead-link-checker.com

dead-link-checker.comは、チェックしたいサイトのURLを入力するだけで簡単にリンク切れを確認できるサイトです。

使い方は、まず「リンク切れチェックを実行する」の下のボックスにURLを入力し、「チェック」ボタンをクリック。実行されると「内部リンクのチェック中」という風に赤い文字で表示され、サイト全体のリンク切れを調査します。リンク切れがある場合、「エラー数」が数えられ、詳細が表示されます。

チェック中は調査数と残調査数がリアルタイムで分かるので、処理完了までどれだけ時間がかかるかを予測できるでしょう。

②takotubo.jp

無料SEOツール「takotubo.jp」の機能に、リンク切れチェック機能があります。

使い方は、チェックしたいサイトのURLを入力して「Check!」ボタンを押すだけ。そうすると、

  • リンク切れの有無
  • リンク切れのリンク先URL
  • アンカーテキスト
  • リンク一覧

が自動で取得されます。

③W3C Link Checker

W3C Link Checkerは、World Wide Web Consortium(W3C)というWebの標準化団体が提供するリンク切れチェックツールです。

使い方は、他のブラウザ上で使用するツールと同じく、URLを入力し、「Check」ボタンを押すだけ。サイト全体の調査が完了すると結果が表示されます。

他のツールと違うのは、いくつかの細かいオプションがあるところで、表示方法をカスタマイズすることができます。

デメリットとして、英語のみの対応となる点があげられます。英語が苦手な方は、Google翻訳などを活用しながら慣れていく必要があるでしょう。

④Googleサーチコンソール

Google サーチコンソールは、Googleが提供するインターネット検索の分析ツールです。

検索キーワードの表示回数・順位の推移や、サイトが抱える問題点の把握といった主な機能に加え、リンク切れをチェックする方法もあります。

使い方は、Googleサーチコンソールにログイン後、左メニューの「インデックス」内にある「カバレッジ」をクリックします。そうすると、画面には「エラー・有効(警告あり)・有効・除外」という4つのステータスが表示され、各ステータスに該当するURLを確認できます。「送信されたURLは404エラーです」というエラーが表示されていれば、リンク切れが発生している状態となります。

⑤Broken Link Checker 

Broken Link CheckerはWordpressのプラグインなため、前述したチェックツールとは異なりWordpressにインストールする必要があります。

インストールの手順は、WordPressの管理画面を開き、プラグインから「新規追加」をクリック。「Broken Link Checker」を検索し、「今すぐインストール」をクリックします。インストール後はプラグインを有効化するだけで、通常のリンク切れはもちろん、コメント内や画像のリンク切れもチェックできます。

また、このツールは有効化しておくだけで、リンク切れが発生したらWordPressの管理画面上に自動通知してくれます。リンクのチェック頻度なども設定できるので、見逃しやチェック忘れが防げるのが魅力でしょう。

⑥Check My Link

Check My Linksは、ページ単位でリンク切れをチェックできるChromeの拡張機能です。

インストール方法は、ダウンロード画面の「Chromeに追加」をクリックし、ブラウザに拡張機能を追加。インストールされると、Chromeブラウザの右上にチェックマークのアイコンが表示されるようになります。リンクチェックしたいサイトにアクセスし、アイコンをクリックすると、そのサイトのリンク状態を確認することができます。

Check My Linksが便利なのは、Chromeのブラウザに追加しておけば、ワンクリックでチェックできるところです。

リンク切れは無料のチェックツールを活用して対策しよう

リンク切れを放置しておくと、ユーザビリティとクローラビリティが低下してしまうリスクがあります。つまり、サイトの評価が下がり、SEOに悪影響を及ぼす可能性があるということです。そのため、素早く修正しなければなりません。

今回ご紹介した無料のリンク切れチェックツールを活用し、迅速に対策をしましょう。

あわせて読みたい
【無料もあり】SEO診断ツールのおすすめ13選と具体的にできることを解説 SEO診断ツールとは、サイトの内部対策のSEO項目を診断できるツールのことです。自社コンテンツの質を上げるために必須のツールで、その種類は様々あります。 当記事では...
あわせて読みたい
SEO外部対策とは?被リンク対策のポイントや便利なツールを解説 外部対策は内部対策やコンテンツSEO同様、SEO対策に必須で、被リンクやサイテーションの獲得が特に重要とされています。 良質な被リンクやサイテーションの獲得は、ユー...

▼おすすめ記事集

あわせて読みたい
【ECサイトSEO対策完全マニュアル】キーワード調査からカテゴリ設計まで 「ECサイトを自社で運営しているがSEO対策がうまくいっていない」「これからECサイトを立ち上げる予定だがSEOで何をしたらいいかわからない」 そんなお悩みを持っている...
あわせて読みたい
【ポータルサイトのSEO対策】イチから作るときのサイト設計方法と戦略策定方法 ラーメン屋を探すポータルサイトを例にして考えます。ポータルサイトをイチから作るときには、SEO対策を大前提として設計や戦略を構築していく必要があります。 ポータ...
あわせて読みたい
自然な被リンク・外部リンクを増やす。被リンク分析とリンクビルディング戦略 2022年現在、被リンク(外部リンク)はSEOにおいて重要視されている項目の1つです。Google公式も、サイトを評価する上で被リンクを重要な指標としていることを明言して...
あわせて読みたい
被リンク営業、被リンク獲得方法【実用・実践編】 SEO対策をする上で被リンクは最も重要です。 SEO対策の相談が最近多くなり、チームでナレッジを共有するため、改めて最新の被リンク獲得方法や被リンク営業先をまとめま...
あわせて読みたい
検索意図を分類・分析し、上位表示を目指す方法【SEOノウハウ公開】 コンテンツSEOにおいて、ユーザーの検索意図を読み解き、ユーザーにとって満足感の高いコンテンツを作成することが至上命題です。 この記事では、検索意図の重要性、そ...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

SEO歴13年、過去に月間1億PVまでWebサイトをグロース。ポータルサイトSEO、コンテンツマーケティングSEOなど、幅広いジャンルの順位UP・売上UP実績が豊富。YoutubeでSEO動画を大量配信中。『オリジナルSEOハンドブック【無料】』を配布中!!

目次
閉じる