SEOと文字数の関連性とは?長文コンテンツが有利と言われる理由を解説

SEOで最も大切なことは、ユーザーに有益なサイトであることです。しかし、文字数がSEOに関連すると言う人も多いため、悩んでいる人も多いことでしょう。

本当に、SEOと文字数には関連性があるのでしょうか。本記事では、SEOと文字数の関連性や、SEO効果の高いコンテンツのポイントを解説します。

▽コンテンツ対策について重要な記事
検索意図 関連キーワード・サジェストキーワード キーワード選定

この記事で分かること
・SEOと文字数の関係、SEO対策に最適な文字数の考え方が理解できる
・「長文コンテンツはSEOに強い」などの説の真偽と理由がわかる
・文字数に関わらずSEO効果の高いコンテンツに関する情報が得られる

こんな人におすすめの記事です
・SEOとコンテンツの文字数の関係がわからない人
・SEOに最適な文字数の考え方を理解して対策に役立てたい人

目次

SEOと文字数に直接的な関係はない

SEOと文字数に直接的な関係はありません。これは、Googleのジョン・ミューラー氏が公式に言及しています。

SEOで重要なのは、ユーザーの検索意図に答えているかという部分です。そのため、文字数は必須要素ではありません。

あわせて読みたい
検索意図を分類・分析し、上位表示を目指す方法【SEOノウハウ公開】 コンテンツSEOにおいて、ユーザーの検索意図を読み解き、ユーザーにとって満足感の高いコンテンツを作成することが至上命題です。 この記事では、検索意図の重要性、そ...

一方で、長文コンテンツは上位表示されやすいと言われています。公式的には関係がないと言われつつも、上位の記事を見ると、長文の記事が多くあるのも事実です。

ではなぜ、SEOと文字数には直接的な関係がないにも関わらず、長文コンテンツは上位にきやすいと言われているのでしょうか。

「長文コンテンツはSEOに強い」と言われる2つの理由

ここでは、「長文コンテンツはSEOに強い」と言われる2つの理由を解説します。

  • コンテンツの質を高めると、自然と文字数が多くなるから
  • 関連キーワードや共起語を多く含むと、結果的に文字数が増えるから

①コンテンツの質を高めると、自然と文字数が多くなるから

1つ目の理由は、コンテンツの質を高めると、自然と文字数が多くなるからです。

例えば、「英語 参考書」のキーワードで上位表示を狙って記事を書いた場合を例に挙げます。

「英語 参考書」と調べるユーザーの中には、

  • 英単語の参考書を知りたい人
  • 英語長文の参考書を知りたい人
  • そもそも英語の参考書をどう勉強すればいいのかを知りたい人

など、さまざまなニーズを持った人がいることが想定できます。

全てのニーズに答えるような網羅性の高い記事を書こうとすると、必然的に文字数が多くなるのです。

このように、網羅性の高い記事を書こうとすると、どうしても文字数が増えてしまうという背景から、長文コンテンツが上位表示に有利だと言われています。
※ケースバイケースで1記事で網羅するべきか、複数記事に分けて内部リンクで繋げるか判断する必要があります。

そして、検索意図を満たす網羅性の高いコンテンツはGoogleに評価されやすいため、長文コンテンツが上位に多くあるのです。

決して、長文だからという理由で上位にあるわけではありません。

反対に、網羅性が低い長文コンテンツは、いくら長文であったとしても上位表示されづらいため、注意しましょう。

あわせて読みたい
内部リンクとは?SEO効果を高める6つのコツやチェック方法を解説 内部リンクの最適化は、SEOの重要施策の1つです。内部リンクを最適化すると、インデックスされやすくなったり、ユーザーがサイトに滞在する時間の増加が期待できたりと...

②関連キーワードや共起語を多く含むと、結果的に文字数が増えるから

2つ目の理由は、関連キーワードや共起語を多く含むコンテンツほど、結果的に文字数が多くなるからです。

特定のキーワードで上位表示を狙うためには、そのキーワードの関連キーワードや共起語を含める必要があります。

そのため、上位表示されている記事は、関連キーワードや共起語を多く含むことになり、結果として長文になる傾向があると言えます。

特に、検索ボリュームの多いビッグキーワードはこの傾向が特に顕著です。例えば、「SEO対策」というキーワードで上位表示を狙う場合、SEO対策にまつわるトピックの数だけ関連キーワードや共起語があるため、含めるべきキーワードの数が増え、文字数が増えることは当然と言えるでしょう。

なお、「SEO対策」の関連キーワードをラッコツールで調べたら、426個も見つかりました。

このように、特定のキーワードで上位表示を狙うためには、そのキーワードの関連キーワードや共起語を含める必要がある。そして、その必要性に起因して文字数が多いコンテンツが上位に上がりやすいという背景が、長文コンテンツが優遇されていると言われる理由です。

SEO対策に最適な文字数の考え方

ここでは、SEO対策を行う上で理解すべき「文字数の考え方」について解説します。

  • 上位表示に最適な文字数は存在しない
  • キーワードによって最適な文字数は異なる
  • 本文テキスト以外の最適な文字数

①上位表示に最適な文字数は存在しない

SEO上での最適な文字数は、正確なラインが存在しません。「3,000文字以上は必要」といった考え方などもあるものの、あくまで目安に過ぎないです。

そのため、特定のキーワードで上位表示を目指す際は、そのキーワードの上位サイトの文字数を参考にしましょう。なお、文字数の目安の確認は、文字数カウントツールの利用が手軽で便利です。

②キーワードによって最適な文字数は異なる

文字数の適量は、検索キーワードによるところが大きいです。

ユーザーが知りたい内容がピンポイントなら、最小限の文字数で端的に伝えるコンテンツがニーズを満たすこともあるでしょう。例えば、「四面楚歌」の意味を調べているユーザーに対してであれば、意味を端的に答えているコンテンツでもニーズを満たすことが可能です。

逆に、多様な検索ニーズが想像でき、ユーザーに伝えるべき内容が多いキーワードの場合、おのずと長文になることもあります。

ニッチなキーワードで対策している場合は、競合サイト数が少なくなるため、上位表示にそこまでの文字数は不要かもしれません。

あわせて読みたい
ロングテールSEOとは?実施するメリット・デメリットや注意点を解説 ロングテールSEOを用いれば、中小サイトであっても費用をかけずに検索上位を目指せます。 競合サイトが少ないユーザーニーズに応えやすい という特徴があるため、SEO効...

③本文テキスト以外の最適な文字数

タイトルやメタディスクリプションに関しては、SEO上適切な文字数が明確です。

タイトルは32文字以内に収めるのが良いと言われています。なぜなら、32文字より長いと検索結果画面に表示されないからです。

メタディスクリプションは、100文字程度が最適な文字数です。メタディスクリプションが表示される文字数は、以下のようにデバイスによって異なることが関連しています。

  • PC画面:90〜120文字程度
  • スマホ画面:70文字程度

最近はスマホ検索が増えてきているので、ユーザーに伝えたいことは最初の70文字に含めるようにしましょう。

メタディスクリプションの詳しい対策方法はこちら。

あわせて読みたい
SEO内部対策とは?17の対策を解説 SEO内部対策は、サイトを検索結果の上位に表示させるために欠かせません。 しかし、SEO内部対策には多くの種類があり、何をすべきかわからない人も多いのではないでしょ...

文字数に関わらずSEO効果の高いコンテンツ4選

前述の通り、検索エンジンから評価されるには、文字数ありきではなく、どれだけ質の高いコンテンツになっているかということが大切です。

ここでは、文字数に関係なくSEOに強いコンテンツのポイントを厳選して4つ紹介します。

  • ユーザーの検索意図を満たしているコンテンツ
  • 網羅性の高いコンテンツ
  • 異なるテーマが混在していないコンテンツ
  • 可読性の高いコンテンツ
あわせて読みたい
検索エンジンの仕組みとは?Googleの検索アルゴリズムと上位表示させるためにやるべきこと 作成したWebページを検索結果の上位に表示させるためには、検索エンジンの仕組みを理解することが重要です。 検索エンジンがどのように検索結果を決定しているのかがわ...

①ユーザーの検索意図を満たしているコンテンツ

ユーザーの求める情報が記載されているコンテンツは、ユーザーの満足度が高いのはもちろん、Googleの評価も高いです。

というのも、Googleは「Googleの使命」の中で、

  • 「ユーザーの皆様が求めている情報を提供する」
  • 「関連性と信頼性の高い情報を提供し続けることができているかを計測する」

という方針を表明しています。

SEO対策で大事なのは、「ユーザーは何を求めているか?」を捉え、質の高い情報で応えるコンテンツであることだと言えるでしょう。

②網羅性の高いコンテンツ

ユーザーが抱える悩みをイメージし、すべての悩みを1ページ内で解決できるような網羅性の高いコンテンツを作ることがSEOでは大切です。

Googleの公式文書でも、網羅性の重要性について次のように説明しています。

テーマに応じた適切な量のコンテンツを提供する

高品質のコンテンツを作成するには、時間、労力、専門知識、才能 / スキルのうち少なくとも 1 つが十分にあることが必要です。コンテンツが事実として正確で、記述が明確で、内容が包括的であることを確認してください。したがって、たとえばページでレシピを紹介する場合は、食材のリストや料理の基本的な説明だけでなく、手順がよくわかる詳細な料理方法を説明します。

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド|Google検索セントラル

検索者の悩みに対して様々な観点からの回答を用意しているページは、ユーザーとGoogleの双方から好かれるということでしょう。

③異なるテーマが混在していないコンテンツ

検索エンジンは1ページ1キーワード(1記事1テーマ)というように、テーマが限定されたページを好み、上位に配置します。テーマが混在しているコンテンツは、ユーザーを混乱させてしまう恐れがあるため、評価が低くなるのです。

ひとつのテーマに特化するか、複数のテーマを扱わざるを得ない場合はテーマごとにページ分けすることで、各キーワードで上位表示を狙うことができます。

④可読性の高いコンテンツ

検索者のニーズに応えるように質を高めながら、さらに読みやすいコンテンツにしていくことが重要です。

誤字脱字はもちろん、同じ文末表現が何度も続いたり、行間がぎっしり詰まっているなど、読むのに疲れるような文章では、ユーザーは離脱してしまいます。

内容の充実はもちろん、ユーザーがストレスフリーで読めるコンテンツを作ることも意識しましょう。

コンテンツの質を高めて、SEO効果を得るための4つの方法

ここでは、SEO効果を得るために、コンテンツの質を高める具体的な方法を4つ紹介します。

①想定される検索意図やユーザーのニーズを抑える

想定される検索意図を取りこぼすことなく回答しているコンテンツは、検索エンジンに評価されます。検索者のニーズをリサーチして、関連する情報は抜け漏れなくリストアップし、見出しとして設定しましょう。

また、細かなニーズを見つけるための方法としては、

  • TwitterなどのSNSで人気のコンテンツを調査する
  • Yahoo知恵袋で調査し、ユーザーの解像度を高める

などがあります。

これらのニーズ調査方法は、競合でもやっているところが少ないため、おすすめ方法です。

あわせて読みたい
検索意図を分類・分析し、上位表示を目指す方法【SEOノウハウ公開】 コンテンツSEOにおいて、ユーザーの検索意図を読み解き、ユーザーにとって満足感の高いコンテンツを作成することが至上命題です。 この記事では、検索意図の重要性、そ...

②上位サイトのコンテンツを参考にする

SEOで評価されるコンテンツを作るために、実際に評価されているサイトを参考にすることは効果的です。検索順位1〜10位までのサイトを分析し、検索上位となっている理由を丁寧に分析しましょう。

検索順位2〜10位のページからも、1位を超えるコンテンツを生み出せるヒントが得られるかもしれません。そのため、上位10位までのサイトを分析してからコンテンツ作成に取りかかることをおすすめします。

③関連キーワード・サジェストキーワードを参考にする

関連キーワードやサジェストキーワード(Googleの検索ボックスに表示されるワード)を参考にすることで、該当キーワードに対してどういった内容が関連し、多く検索されているのかを知ることができます。

それらを記事に入れることで、ユーザーのニーズを満たし、さらにコンテンツの網羅性を高められるでしょう。

あわせて読みたい
関連キーワードとは?サジェスト・再検索(LSl)キーワードやSEO効果、取得ツールを紹介 関連キーワードとは「特定の言葉に関連するキーワード」のことで、サジェストキーワードや再検索(LSl)キーワードがその一部です。 関連キーワードを把握することで潜...

④専門知識を身につける

上位表示したいキーワードに関する専門知識を身につけて、多くの情報をコンテンツに盛り込みましょう。記事の網羅性を高め、検索者の疑問を解決できるからです。

  • 書籍
  • Web記事コンテンツ
  • SNS
  • Youtube

などのサービスを活用して情報収集することはもちろんです。その上で、足を使って一次情報を取りに行くなどして、知識を蓄えましょう。

SEOライティングは文字数よりコンテンツの質

SEOに重要なのは、ユーザーの検索意図を考慮し、高品質なコンテンツを作ることです。文字数はそのイチ条件に過ぎません。

そのため、SEOと文字数の正しい関係を理解して、クオリティの高いコンテンツ作成を目指しましょう。

あわせて読みたい
アンカーテキスト(テキストリンク)とは?作り方やSEO効果を解説 アンカーテキストとは、リンク先の内容が簡潔に書かれたリンクのことで「テキストリンク」とも呼ばれます。 適切なアンカーテキストの設置はクローラビリティやユーザビ...

▼おすすめ記事集

あわせて読みたい
【ECサイトSEO対策完全マニュアル】キーワード調査からカテゴリ設計まで 「ECサイトを自社で運営しているがSEO対策がうまくいっていない」「これからECサイトを立ち上げる予定だがSEOで何をしたらいいかわからない」 そんなお悩みを持っている...
あわせて読みたい
【ポータルサイトのSEO対策】イチから作るときのサイト設計方法と戦略策定方法 ラーメン屋を探すポータルサイトを例にして考えます。ポータルサイトをイチから作るときには、SEO対策を大前提として設計や戦略を構築していく必要があります。 ポータ...
あわせて読みたい
自然な被リンク・外部リンクを増やす。被リンク分析とリンクビルディング戦略 2022年現在、被リンク(外部リンク)はSEOにおいて重要視されている項目の1つです。Google公式も、サイトを評価する上で被リンクを重要な指標としていることを明言して...
あわせて読みたい
被リンク営業、被リンク獲得方法【実用・実践編】 SEO対策をする上で被リンクは最も重要です。 SEO対策の相談が最近多くなり、チームでナレッジを共有するため、改めて最新の被リンク獲得方法や被リンク営業先をまとめま...
あわせて読みたい
検索意図を分類・分析し、上位表示を目指す方法【SEOノウハウ公開】 コンテンツSEOにおいて、ユーザーの検索意図を読み解き、ユーザーにとって満足感の高いコンテンツを作成することが至上命題です。 この記事では、検索意図の重要性、そ...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

SEO歴13年、過去に月間1億PVまでWebサイトをグロース。ポータルサイトSEO、コンテンツマーケティングSEOなど、幅広いジャンルの順位UP・売上UP実績が豊富。YoutubeでSEO動画を大量配信中。『オリジナルSEOハンドブック【無料】』を配布中!!

目次
閉じる