検索エンジンの仕組みとは?Googleの検索アルゴリズムと上位表示させるためにやるべきこと

作成したWebページを検索結果の上位に表示させるためには、検索エンジンの仕組みを理解することが重要です。

検索エンジンがどのように検索結果を決定しているのかがわかれば、自社コンテンツを検索上位に表示させる対策を打ちやすくなります。

この記事では、検索エンジンの仕組みや、検索結果で上位表示させるためにすべきことを解説します。

▽内部対策について重要な記事
SEO内部施策・内部対策

この記事で分かること
・検索エンジンでページが上位表示される仕組み
・検索結果で上位表示するためにすべきこと

こんな人におすすめの記事です
・検索エンジンの仕組みを理解したい方
・検索エンジンから自社サイトへのアクセスを増やすために必要なことを知りたい方

目次

検索エンジンとは?

検索エンジンとは、インターネット上の画像やテキストなどの情報を探すためのシステムです。

私たちがインターネットで何かを検索するとき、検索エンジンが働くことで検索キーワードに関連するページが表示されています。

検索エンジンは、ユーザーが求める情報を手に入れられるよう検索行動の分析を行い、そのデータをもとに検索結果を表示しています。

主要な検索エンジン一覧

主要な検索エンジンには、以下のようなものがあります。

  • Google
  • Yahoo
  • Bing
  • DuckDuckGo
  • Baidu
  • YANDEX

この中でも、日本では90%以上のシェアをGoogleとYahooが占めています。

YahooはGoogleの検索技術を活用しているため、検索結果が似通っており、実質的に検索エンジンのほとんどがGoogleであると言えます。

そのため、検索エンジンの中でも特にGoogleの仕組みを理解することが重要です。

検索エンジンの仕組み

GoogleやYahooなど、主要な検索エンジンは「ロボット型検索エンジン」を採用しています。

ロボット型検索エンジンとは、Webサイトの情報を収集して検索キーワードに沿ったデータを表示させる仕組みです。

検索エンジンで検索順位が決定するまでには、大きく以下3つの工程に分けられます。

  1. クローリング
  2. インデックス
  3. ランキング

ここでは、それぞれの流れを解説します。

クローリング

クロ―リングとは、検索エンジンのロボットがWeb上のサイトを巡回して情報を取得することです。クローリングを行うロボットをクローラーといいます。

Webページが検索結果に表示されるためには、クローラーにページを見つけてもらわなければなりません。

クローラーは、Web上を巡回して既知のページからリンクをたどったり、クロールのリクエストを受け付けたりすることで、新規ページのURLを認識します。

インデックス

インデックスとは、クローラーが検出したページを検索エンジンのデータベースに格納することです。

例えばユーザーが「京都 カフェ」と検索した場合、検索エンジンはデータベースに登録された情報から、検索したユーザーが求めているであろうページを検索結果に表示します。

インデックスされていないページは検索結果に表示されないため、いかにインデックスを促進するかが重要です。

ランキング

ランキングとは、インデックスされたページの中から検索結果の表示順位を決めることです。

検索エンジンは、インデックスされたWebページのデータを分析してランキングを決定します。

このランク付けのためのアルゴリズムは日々更新されているため、上位表示のためには最新のアルゴリズムを理解し、それに沿った対策を行うことが重要です。

Googleの検索アルゴリズムについて

Googleのアルゴリズムには数百の要素がありますが、直近で重視されているGoogleの検索アルゴリズムの一例を紹介します。

MFI(モバイルファーストインデックス)

モバイルファーストインデックスとは、パソコンのサイトではなくモバイル用のページを評価対象としてインデックスするというものです。

従来はパソコン用のページの評価を元にインデックスしていましたが、スマートフォンで検索するユーザーが増えたため、モバイルでの評価が重視されるようになりました。

具体的には、文字や画像の大きさをスマートフォンでも見やすいよう設定するといった対策が必要です。

QDF(検索は新鮮さに値する)

QDFとは「Query Deserves Freshness」の略で、Googleが最新の情報を上位に表示させようとする考え方です。

記載内容が更新されていないページを検索上位に表示させると、ユーザーに古い情報を提供してしまう恐れがあります。

ユーザーに正しい情報を届けるためには、ページの情報を最新に保つ必要があります。

QDD(多様性のある検索結果)

QDDとは「Query Deserves Diversity」の略で、1つの検索キーワードに対して同じような記事ばかり表示されないよう、検索結果に多様な記事を載せることです。

例えば、ユーザーが「パン」というキーワードで検索したとしましょう。

検索エンジンは、ユーザーが「近くのパン屋」を知りたいのか「パンの作り方」を知りたいのかわかりません。

このような場合、Googleは検索上位にパン屋のサイトやパンのレシピサイトを表示させます。

さまざまな検索意図が考えられる場合に、複数の選択肢を見せるのがQDDの仕組みです。

検索結果で上位に表示させるためにやるべきこと

検索結果で上位に表示させるためには、質のよいコンテンツ作りが欠かせません。

ここでは、検索上位に表示させるために必要なことを解説します。

Googleのビジョンを理解する

検索結果で上位に表示されるためには、Googleから質が良いと評価されるページでなければなりません。Googleが求めているのは「ユーザーファースト」なページです。

SEOのテクニックも必要ではありますが、ユーザー視点に立ったページ作りを求められます。

ユーザーを満足させるためには、Googleが推奨する「E-A-T」を参考にするとよいでしょう。

E-A-Tは、専門性(Expertise)、権威性(Authoritativeness)、信頼性(Trustworthiness)の頭文字をとった言葉で、以下のような基準が求められます。

  • 専門性:1つの内容に特化していて専門性が高いこと
  • 権威性:第三者からサイトを評価されていて、記載内容が正しいと判断できること
  • 信頼性:サイトの運営者が明確で、コピーコンテンツが存在しないこと

また、ユーザーが求めている情報にすぐたどりつけるように内部リンクを設置するなど、サイトの使いやすさを心がけることも重要です。

ユーザーの意図に合わない検索結果が表示されると、ユーザーはGoogleを使わなくなるかもしれません。

検索結果に満足してもらうために、Googleはユーザーファーストなページを上位表示するような仕組みとなっています。

あわせて読みたい
【完全版】E-A-Tを高めるためのSEO対策 【E-A-Tとは】 専門性、権威性、信頼性のことで、Webサイトに対してGoogleが内部で設けている指標の1つになります。具体的にそれぞれの指標で何点とかがわかるわけでは...

クローラーに見つけてもらうための施策

検索順位に表示されるためには、クローラーにページを見つけてもらうことが第一歩となります。

クローラーに見つけてもらうためには、以下のような施策を実施しておく必要があります。

新規に登録したページをクローラーに知らせる

Web上にページを公開した後、クローラーが巡回するまで時間がかかります。

はやくクローラーに見つけてもらいたい場合は、XMLサイトマップを送信しましょう。

XMLサイトマップは、検索エンジンにWebサイトのページ内容を知らせるためのXMLファイルです。プラグインなどで作成でき、サーチコンソールに登録して送信します。

サイト内の既存ページから新規ページにクローラーを誘導する

クローラーはサイト内外のリンクを経由して、新規ページを検知します。

そのため、サイト内の既存ページから新しいページへリンクを貼ると、クローラーが巡回しやすくなります。

クローラーの回遊性を上げるために、サイト内はトップページを起点として、2クリック以内で末端のページにたどりつける構成がおすすめです。

外部のサイトから自分のサイトにクローラーを誘導する

クローラーが巡回しやすくするためには「外部リンク施策」といって、サイト外からのリンクを貼ってもらうことも有効です。

外部リンクを貼ってもらえるようにするためには、他のサイトから「参考にしたい」「役に立つ」と思ってもらえるようなページでなければなりません。

情報の正確さやわかりやすさなど、質の良いコンテンツ作成を心がけましょう。

ページを正しくインデックスしてもらうための施策

クローラーにページをインデックスしてもらうためには、ページの内容をクローラーに適切に伝えなければなりません。

クローラーがページの内容を正しく理解できるよう、タイトルタグや見出しタグを適切に設定しましょう。

Google Search Consoleを確認してページがインデックスされていないようであれば、インデックスをリクエストをするのも有効です。

ランキング上位に表示されるための施策

Googleによるランキング付けでは、検索されたキーワードとページのタイトル・コンテンツ内容に関連性があるかどうかを1つの要因としています。

ランキング上位に表示されるためには、記事の内容が明確であり、ユーザーを満足させられる情報が記載されていなければなりません。

ユーザーがどのような目的を持って検索しているのかという「検索意図」を意識してコンテンツを制作しましょう。

検索順位の仕組みを理解して質の良いページを作ろう

Webページを検索結果の上位に表示させたいのであれば、Googleの理念や検索アルゴリズムへの理解が必要です。

Googleが大切にしているのは、ユーザーファーストで質のよいコンテンツの提供です。Googleにとってもユーザーにとっても読みやすいコンテンツを心がけ、検索上位表示を目指しましょう。

あわせて読みたい
SEOに強い記事とは?上位表示が狙えるポイントと作成ステップを解説 SEOに強い記事とは、検索結果画面で上位表示されやすい記事のことです。 上位表示されるためには、検索エンジンのアルゴリズムで高く評価される記事にする必要がありま...

▼おすすめ記事集

あわせて読みたい
【ECサイトSEO対策完全マニュアル】キーワード調査からカテゴリ設計まで 「ECサイトを自社で運営しているがSEO対策がうまくいっていない」「これからECサイトを立ち上げる予定だがSEOで何をしたらいいかわからない」 そんなお悩みを持っている...
あわせて読みたい
【ポータルサイトのSEO対策】イチから作るときのサイト設計方法と戦略策定方法 ラーメン屋を探すポータルサイトを例にして考えます。ポータルサイトをイチから作るときには、SEO対策を大前提として設計や戦略を構築していく必要があります。 ポータ...
あわせて読みたい
自然な被リンク・外部リンクを増やす。被リンク分析とリンクビルディング戦略 2022年現在、被リンク(外部リンク)はSEOにおいて重要視されている項目の1つです。Google公式も、サイトを評価する上で被リンクを重要な指標としていることを明言して...
あわせて読みたい
被リンク営業、被リンク獲得方法【実用・実践編】 SEO対策をする上で被リンクは最も重要です。 SEO対策の相談が最近多くなり、チームでナレッジを共有するため、改めて最新の被リンク獲得方法や被リンク営業先をまとめま...
あわせて読みたい
検索意図を分類・分析し、上位表示を目指す方法【SEOノウハウ公開】 コンテンツSEOにおいて、ユーザーの検索意図を読み解き、ユーザーにとって満足感の高いコンテンツを作成することが至上命題です。 この記事では、検索意図の重要性、そ...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

SEO歴13年、過去に月間1億PVまでWebサイトをグロース。ポータルサイトSEO、コンテンツマーケティングSEOなど、幅広いジャンルの順位UP・売上UP実績が豊富。YoutubeでSEO動画を大量配信中。『オリジナルSEOハンドブック【無料】』を配布中!!

目次
閉じる