DRをあげる方法。SEO分析ツールahrefs(エイチレフス)

今回はちょっとテクニカルなSEOの話題になります。

SEOにちょっと詳しい人ならご存じの「DR(ドメインレーティング)」について、今回はDRの上げ方と、DRについての考え方などをお話していきたいと思います。

目次

DR(ドメインレーティング)とは?

SEO対策をするマーケター御用達のSEO分析ツールで「ahrefs(エイチレフス)」というものがあります。

このツールを使ってURLを分析すると、そのドメインが持つDR(ドメインレーティング)が測れます。

DRとはつまり、『ドメインの価値』になります。0~100でレイティングされ、高いほど良い評価となります。(https://ahrefs.com/blog/seo-metrics/#section10

あわせて読みたい
SEO対策に便利なAhrefs(エイチレフス)の使い方は?機能や特徴も解説! Ahrefsとは、世界の60万人以上の方が利用している有料のSEOツールです。日本国内においても、海外で生産されたSEOツールの中で最も利用されています。 Ahrefsは、自社の...

DRはどういう仕組みでレーティングされるのか

シンプルに「被リンクの質と量」によって評価されます。

最近はあまり言われなくなりましたが、ひと昔前には「リンクジュース」といって、自サイトから他サイトへリンクを貼ることで”自サイトから他サイトへリンクを価値を渡す”という概念が話題になっていました。

強いサイトからリンクジュースをもらうと自サイトの価値が上がるよね、という考え方です。

DRもこの概念と同じで、DRが高いサイトから被リンクをもらうと自サイトのDRが上がります。最初に質と量と言いましたが、質の良いサイトから多くの被リンクをもらうことがポイントになります。DRの低いサイトから大量にもらうより、DRの高いサイト1つから被リンクをもらう方が価値があります。

DRを上げるには被リンクを貼ってもらう活動をする

DRの評価方法がわかったので、あとは実際に被リンクが増えればDRはあがっていきます。

しかし…言うは易く行うは難し、そんな簡単に被リンクを増やすことはできません。いきなり知らないサイトに「ウチへのリンク貼ってください」ってお願いしても貼ってくれませんよね。。

ここで被リンク獲得戦略が必要になってくるわけです。

ロジカルシンキングができる頭のキレる人であれば、”相手がどうやったらリンクを貼ってくれるか”を論理的に逆算して考えて導き出せますが、ケースバイケースで一様にこの方法が良いとは言い切れません。

ここはマーケターやSEOコンサルタントが頭をフル回転させて考える部分になります。

あわせて読みたい
自然な被リンク・外部リンクを増やす。被リンク分析とリンクビルディング戦略 2022年現在、被リンク(外部リンク)はSEOにおいて重要視されている項目の1つです。Google公式も、サイトを評価する上で被リンクを重要な指標としていることを明言して...

DRが上がればGoogleの検索順位も上がるのか?

結論、まったくのイコールではありません。大いに関連性はある、という具合です。

そもそもahrefsがどうやってDRなどのサイト分析をしているのか。簡単に言うとGoogleを模倣しているんです。

Googleに成りきって同じように世に存在するサイトをクローリングし、Googleの評価アルゴリズムを真似ているんですね。

それでGoogleとは関係ない独自の評価である「DR」を算出しているんです。

我々マーケターがなぜahrefsを愛用するかというと、Googleが各サイトの評価(点数)を教えてくれないから、Google以外で一番信用できるahrefsを信用しているわけです。

だからDRがGoogleの検索順位とイコールではないが、非常に参考にできる指標という風になるわけです。

関連するサイトから被リンクをもらおう

最後に、ただ闇雲にDRの高いサイトからリンクを貼ってもらうだけでは、Googleの検索順位は上がりません。

ahrefsのDRの算出方法にサイトの関連性を見ているかは定かではありませんが、Googleは「関連するサイトからのリンクを評価する」という公表をしています。

自サイトが不動産のサイトなのに、中古車のサイトからリンクを貼ってもらっても価値は半減すると考えられます。

被リンクというのは「Googleがそのサイトへの外部からの評価を決定するのに使う」ものです。また被リンクに関しての持論は別の記事で詳しく書きたいと思いますが、自然に被リンクが増えるケースとして、”便益のあるサイトを紹介する”ことが主になります。

例えば、個人がブログで不動産についての記事を書いているとき、見やすい物件サイトや参考になる記事が掲載されているURLを、自分が作った文章の中で紹介することがあります。

こういった自然なリンクを貼る行為が、被リンク増加の主要因とGoogleは考えているため、作為的に関係のないサイトからリンクを貼ってもらっても価値はあまり上がらないのです。

あわせて読みたい
被リンクサービスは危険!?正しい被リンク対策・営業方法を解説 「被リンク」はSEO対策をする上で切っても切れない要素となっているのは周知の通りです。Googleの精度が今ほど高くない10数年前は被リンクサービスが横行し、色んな掲示...

まとめ

・DR(ドメインレーティング)とはahrefsが独自で算出しているサイト価値の1指標

・DRが高いからと言ってGoogle検索順位がイコールで高いわけではない

・DRに固執せず、本質である関連サイトからリンクをもらうべき

あわせて読みたい
被リンクはなぜ重要なのか? SEOの永遠の課題である被リンク、この重要性はみなさんもご存じだと思います。 SEOに詳しい人なら被リンクがなぜ重要なのかを知っていると思いますが、初学者やこれから...

▼おすすめ記事集

あわせて読みたい
【ECサイトSEO対策完全マニュアル】キーワード調査からカテゴリ設計まで 「ECサイトを自社で運営しているがSEO対策がうまくいっていない」「これからECサイトを立ち上げる予定だがSEOで何をしたらいいかわからない」 そんなお悩みを持っている...
あわせて読みたい
【ポータルサイトのSEO対策】イチから作るときのサイト設計方法と戦略策定方法 ラーメン屋を探すポータルサイトを例にして考えます。ポータルサイトをイチから作るときには、SEO対策を大前提として設計や戦略を構築していく必要があります。 ポータ...
あわせて読みたい
自然な被リンク・外部リンクを増やす。被リンク分析とリンクビルディング戦略 2022年現在、被リンク(外部リンク)はSEOにおいて重要視されている項目の1つです。Google公式も、サイトを評価する上で被リンクを重要な指標としていることを明言して...
あわせて読みたい
被リンク営業、被リンク獲得方法【実用・実践編】 SEO対策をする上で被リンクは最も重要です。 SEO対策の相談が最近多くなり、チームでナレッジを共有するため、改めて最新の被リンク獲得方法や被リンク営業先をまとめま...
あわせて読みたい
検索意図を分類・分析し、上位表示を目指す方法【SEOノウハウ公開】 コンテンツSEOにおいて、ユーザーの検索意図を読み解き、ユーザーにとって満足感の高いコンテンツを作成することが至上命題です。 この記事では、検索意図の重要性、そ...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

SEO歴13年、過去に月間1億PVまでWebサイトをグロース。ポータルサイトSEO、コンテンツマーケティングSEOなど、幅広いジャンルの順位UP・売上UP実績が豊富。YoutubeでSEO動画を大量配信中。『オリジナルSEOハンドブック【無料】』を配布中!!

目次
閉じる