記事を書けば必ずGoogleにインデックス登録されると勘違いしていませんか??

個人ブログや企業のオウンドメディアの活用が盛んになっていますが、思わぬ落とし穴の存在に気づいていない人が多いようです。

記事を書いたからといって、Googleが100%インデックス登録してくれるとは限らないのです。

インデックス登録してくれない原因のパターンは3つあります。

目次

【原因1】コンテンツが明らかにしょぼい

・記事のボリュームが圧倒的に少ない
・内容が他サイトの転用
・ユーザーのためになる情報が書かれていない

上記のようなページは、Googleはインデックス登録してくれません。

MECE的には上の条件はダブついていますが、総じて「ユーザーのためになる情報が書かれていない」が最大の問題です。

記事のボリュームが少なかったとしても、それがユーザーのためになる情報であればインデックス登録されます。

【原因2】テクニカルなミスがある

気付かない内にnoindexが入っていたり、canonicalが誤って別のURLを指定したりすると、インデックス登録されない可能性があります。

noindexが入っていたら、当たり前ですがインデックス登録されません。canonicalが誤っている場合は、Googleが独自の判断で誤りを判定して、正しくインデックス登録するケースもあります。

noindexは致命的になりますので、ワードプレスの設定でミスをしないように注意しましょう。

【原因3】コンテンツが評価されていない

コンテンツもオリジナル性があってしっかり作りこみ、noindexもcanonicalも間違っていない。にも関わらずインデックス未登録の場合があります。

この場合は、「コンテンツが評価されていない」と考えられます。結論としては原因1と同じです。

この場合は、まずサーチコンソールでインデックス登録リクエストを送ります。数日経ってインデックス登録される場合があります。

インデックス登録されれば問題ないですが、数日待ってもインデックス登録されない場合は、コンテンツの評価が低い可能性があります。

自分なりにコンテンツを作りこんでいるが、Googleとしては不十分の可能性もあります。その場合はコンテンツを見直し、ブラッシュアップをしてみましょう。

NYマーケティング株式会社では、「SEO対策」の初回無料相談を承っております。ホームページのお問い合わせからお送りいただくか、nakagawa.yuuki.2020@gmail.com、もしくはLINE公式までご連絡ください。
『ポータルサイト』『ECサイト』などのデータベース型SEOは中川にお任せください!!

↓ SEO対策に関する記事を更新しています。トラブル時の逆引きになれば幸いです。

あわせて読みたい
【実用・実践編】被リンク獲得手法、被リンク営業先のサイトまとめ SEO対策をする上で被リンクは最も重要です。 SEO対策の相談が最近多くなり、チームでナレッジを共有するため、改めて最新の被リンク獲得手法や被リンク営業先をまとめま...

↓ Youtubeもぜひご覧ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

NYマーケティング株式会社・代表取締役 中川裕貴
Webマーケティング歴13年、SEOの実績多数。ポータルサイトSEO、コンテンツマーケティングSEOなど、幅広いジャンルのコンサルティング経験が豊富。
SEO以外にもWebマーケティングの全体戦略設計から、SNSマーケ、MA設計、広告運用などWebマーケティング全般のご支援が可能です。

コメント

コメントする

目次
閉じる