【ラストサーチ】Googleはユーザーのどの行動を見てランキングのシグナルにしているか

SEO対策をして検索順位を上げるには、「被リンク」「E-A-T」「内部リンク」「コンテンツの質」「コンテンツの量」など…非常に多くの要素が必要です。

しかし、Googleはユーザーのためになるコンテンツを上位表示するようにアルゴリズムを調整しています。

では、ユーザーのためになるコンテンツの判断基準とは何なのか、それをひも解いていきましょう。

目次

【結論】答えはユーザーの検索行動

ポイントは、「キーワード検索した「目的」を果たせて、そのキーワードでの検索行動が終わる」ことです。

この「検索が終わる(ラストサーチ)」が重要なポイントです。

例えば、「1位のページを見てユーザーはその検索を終了した=1位のページに満足した」事を意味します。

逆に検索結果に再び戻ってきて、2位や3位のページを見始めたら、1位のページはユーザーの目的を満たせなかった事になります。

被リンクやE-A-Tなどの総合的な評価で1位になったサイトであっても、上記のような2位や3位のサイトを見る行動をとるユーザーが多いと、順位下落につながります。

ラストサーチとは

・そのキーワードでの検索が終わる
・別のキーワードで再検索する
・サイト内の他ページを見始める
などが挙げられます。

そのため、1ページだけ見てGoogleに戻ってしまう「直帰=NG」という訳ではありません。直帰してしまっても、そのあと別のサイトに入らずウィンドウを閉じるか、別のキーワードで再検索されればマイナス評価にはならないのです。

大事なのは「そのキーワードでの検索が終了したか」という点になります。

上位(1ページ目)に上げるには被リンクとかE-A-Tとか色々必要

ラストサーチの議論は上位に上がっているサイトの話になるため、2ページ目3ページ目でそもそも流入がないページは論外です。

まずは被リンクやE-A-T施策、内部リンク、コンテンツ質と量など、自力でできる対策をして、1ページ目へ上げないといけません。

ユーザー行動を支配するためにE-A-Tが有効!?

自分のページだけを見てユーザーに満足してもらうためには何が必要か…。

もちろんユーザーが求めている情報を網羅し、わかりやすく解説するなどの工夫は必要です。

それに加えてE-A-T施策が重要になります。

つまり、その記事の内容を誰が言っているのか、ということです。同じ内容の記事を読む際でも、そのジャンルの専門家が言っているのか、主婦が言っているのかでは、受け取り方が大きく違います。

1位のページを見たユーザーが、「内容的には納得したけど、ちゃんとした専門家の意見を聞きたい」と思い、別のページに入る心理は理解できると思います。

内容的にもユーザーが納得できるものであって、しかも専門家が監修している記事であれば、文句のつけどころがありませんよね。

これらの理由から、E-A-T施策が非常に重要であることがわかります。

NYマーケティング株式会社では、「SEO対策」の初回無料相談を承っております。ホームページのお問い合わせからお送りいただくか、nakagawa.yuuki.2020@gmail.com、もしくはLINE公式までご連絡ください。
『ポータルサイト』『ECサイト』などのデータベース型SEOは中川にお任せください!!

↓ SEO対策に関する記事を更新しています。トラブル時の逆引きになれば幸いです。

あわせて読みたい
【実用・実践編】被リンク獲得手法、被リンク営業先のサイトまとめ SEO対策をする上で被リンクは最も重要です。 SEO対策の相談が最近多くなり、チームでナレッジを共有するため、改めて最新の被リンク獲得手法や被リンク営業先をまとめま...

↓ Youtubeもぜひご覧ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

NYマーケティング株式会社・代表取締役 中川裕貴
Webマーケティング歴13年、SEOの実績多数。ポータルサイトSEO、コンテンツマーケティングSEOなど、幅広いジャンルのコンサルティング経験が豊富。
SEO以外にもWebマーケティングの全体戦略設計から、SNSマーケ、MA設計、広告運用などWebマーケティング全般のご支援が可能です。

コメント

コメントする

目次
閉じる