[Google SEO Office Hours]良いコンテンツのGoogleの評価方法

毎月楽しみにしているGoogle検索オフィスアワー、SEOのリアルで新鮮な情報収集の場として観させていただいています。

7月の回の中で「良いコンテンツをどうGoogleへ伝えるか」という質問がありました。

結論、Google社員のスピーカーの方は明確な回答はせず、以下のように回答しました。

『GoogleはWeb上の何らかのシグナルを読みとって、良いコンテンツと判断している。リンクもそのうちの一つ』

↑以前の記事でも書きましたが、コンテンツの評価によってはインデックスに登録すらされないことがあります。

上記の記事ではコンテンツの質にフォーカスして書きましたが、コンテンツ改善をせずとも、リンクを見直すだけでインデックス登録される可能性があるということになります。

リンクとは内部リンク・外部リンクの両方です。

外部リンクは簡単に増やすことは難しいですが、自身のTwitterやブログなどからリンクを貼ってみるのはアリです。

内部リンクの方が改善はしやすいです。インデックス登録されていない記事に関して、内部の関連する記事から内部リンクを貼る、これだけです。

そもそもトピッククラスターで管理していれば内部リンクは最適化されるため、導入をおすすめします。

NYマーケティング株式会社では、「SEO対策」の初回無料相談を承っております。ホームページのお問い合わせからお送りいただくか、nakagawa.yuuki.2020@gmail.com、もしくはLINE公式までご連絡ください。
『ポータルサイト』『ECサイト』などのデータベース型SEOは中川にお任せください!!

↓ SEO対策に関する記事を更新しています。トラブル時の逆引きになれば幸いです。

あわせて読みたい
【実用・実践編】被リンク獲得手法、被リンク営業先のサイトまとめ SEO対策をする上で被リンクは最も重要です。 SEO対策の相談が最近多くなり、チームでナレッジを共有するため、改めて最新の被リンク獲得手法や被リンク営業先をまとめま...

↓ Youtubeもぜひご覧ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

NYマーケティング株式会社・代表取締役 中川裕貴
Webマーケティング歴13年、SEOの実績多数。ポータルサイトSEO、コンテンツマーケティングSEOなど、幅広いジャンルのコンサルティング経験が豊富。
SEO以外にもWebマーケティングの全体戦略設計から、SNSマーケ、MA設計、広告運用などWebマーケティング全般のご支援が可能です。

コメント

コメントする

目次
閉じる