オウンドメディアの成功事例10選|SEOのプロが厳選【2022年最新版】

見込み客のリードを獲得したり、採用を成功させたりする方法の一つとして、オウンドメディア運用があります。

オウンドメディアを運用することで、自社のブランディング力を高め、効率的な集客や採用につながります。

この記事ではオウンドメディアの成功事例を10パターンご紹介し、それらに共通する成功するためのポイントを説明します。

「自社でオウンドメディア運用を成功させたい」と考えている方は、ぜひ参考にしてください。

目次

オウンドメディアとは?

はじめにオウンドメディアの定義について詳しく説明します。オウンドメディアの定義を理解し、運用目的を明確にしておきましょう。

オウンドメディアの定義

オウンドメディアとは、「自社で保有し運用するメディア」のことです。オウンドメディアの具体例には、次のコンテンツが挙げられます。

  • ホームページ
  • ブログ
  • SNS(ソーシャルネットワークサービス)

自社のパンフレットやメールマガジンなどのコンテンツも、オウンドメディアに含まれますが、インターネットが普及した昨今では、主に上記3つのコンテンツを指します。

オウンドメディアとほかのメディアとの違い

オウンドメディアのほかに、ペイドメディアとアーンドメディアと呼ばれるメディアがあります。

ペイドメディアは、広告費を支払って自社を知ってもらうためのメディアです。新聞やテレビ、ラジオや雑誌など自社以外の媒体を利用します。

一方アーンドメディアは、消費者が利用するSNSを媒体として、自社アピールや宣伝を行うメディアです。不特定多数の人に自社をアピールすることで、信頼や評判が得られる特徴があります。

そのため、ペイドメディアとアーンドメディアでは、ユーザーに向けて自社から宣伝し続ける労力が必要です。

しかし、オウンドメディアを運用すると、自社に興味をもったユーザーがメディアへアプローチするため、宣伝の労力を減らしつつ、ユーザーを増やしやすくなります。

オウンドメディアの特徴

オウンドメディアの特徴は、今すぐに商品を購入したいと考えている顧客を集めたり、サービスを利用したいと考えている人を集めたりすることだけではありません。

顧客の潜在的な悩みや欲求を解決するコンテンツを公開することで、見込み客を集められるメリットがあります。

このほかにもオウンドメディアには、自社への採用を促したり、サービスや商品を知ってもらえたりするメリットがあります。

オウンドメディアの運用目的

オウンドメディア運用の際は、運用目的を明確にすることが重要です。企業がオウンドメディアを運用する目的は、大きく分けて2つあります。

  • リードを獲得するため
  • 自社への採用を促すため

以下で詳しく解説します。

リードを獲得するため

オウンドメディアを運用する目的として大きいのが、リードを獲得することです。

リードとは、今すぐサービスや商品を買いたい顧客ではなく、将来的に購入につながる可能性のある「見込み客」のことです。

リードを増やす理由は、今すぐ買ってくれる顧客による利益のほかに、将来的な収益の増加が見込まれるからです。

長期的に安定した収益を上げるためには、リードの獲得が重要になります。

従来の広告によるリード獲得

チラシや新聞、インターネット上の広告では、消費者の目に入ることがあっても、内容を読んでもらえる可能性は低くなります。

なぜなら、広告の情報量が多い昨今では、インターネット上の情報を正しく判断し理解する能力「ネットリテラシー」が高まっているからです。

ユーザーが広告を目にしても、「これは企業が商売をするための広告だ」と思ってしまい、中身を読まない人も多いことでしょう。

実際にネット広告がクリックされる確率は、2〜5%程度であることが調査報告でわかっています。したがってネット広告などの方法では、リード獲得するのに毎月まとまった費用が必要になります。

オウンドメディアによるリード獲得

一方オウンドメディアを運用すると、消費者が抱える潜在的な悩みを解決するコンテンツを提供できます。

ユーザーにとって高品質のコンテンツを発信し続けることで、自社への関心を集められるため、潜在顧客への自然なアプローチが可能です。

さらに、一度だけではなく、検索エンジンで上位表示すれば継続的にユーザーにアプローチできるため、長期的な潜在顧客の獲得に適しているといえます。

価値の高いコンテンツを継続して提供することで、企業は好感を得られやすくなり、「この疑問があるときは、この企業のサービスを利用しよう」と考えるユーザーが増えることでしょう。その結果、自社へのリード獲得につながります。

自社への採用を促すため

オウンドメディアを運用する目的には、自社への採用を促すことも挙げられます。

なぜなら、オウンドメディアで採用する場合、求職者が得たいと思っている情報を十分に伝えることができ、求人とのニーズの不一致を防げるからです。

オウンドメディアを使わない採用

オウンドメディアを使わない採用では、下記の媒体が使われます。

  • 求人サイト
  • 新聞の折込チラシなどの求人広告
  • 職業紹介サービス

これらの採用方法の懸念点は、多くの広告コストがかかるだけでなく、自社の魅力を伝えきれないため、求職者とのミスマッチが生じる恐れがあることです。

たとえば求人サイトや求人広告の場合、広告を出稿するための費用がかかるうえ、媒体によって広告サイズが定められています。

そのため、費用に対する広告効果を得るためには試行錯誤が必要です。

オウンドメディアを使った採用

一方で、オウンドメディアを利用する場合、出稿費用は不要です。広告費がかからずユーザーへアプローチできることも、オウンドメディアを運用するメリットの一つです。

また自社で運用するコンテンツのため、広告サイズに縛られることなく、自社の魅力を十分にアピールできます。

さらにオウンドメディアでは、一部職業紹介サービスとは異なり、写真や動画の掲載に制限はありません。したがって豊富なコンテンツを通じて、自社の特徴を十分に伝えることができます。

以上の理由から、オウンドメディア運用は採用目的にも効果的であるといえます。

オウンドメディアの構築方法や、費用に関して下記記事で説明していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてください。

あわせて読みたい
オウンドメディア構築のメリット・デメリット、おすすめCMS・費用を解説 自社サービスや商品の魅力を発信できるオウンドメディアは、集客に役立ち、サイトを資産化できるなどのメリットが豊富です。 この記事ではオウンドメディア構築に関して...

BtoBリード獲得オウンドメディアの成功事例5選

オウンドメディアは、BtoBなどのリード獲得に効果的です。

BtoBとは「Business to Business」の頭文字をとった略称で、企業間のみの取引を指します。オウンドメディア運用によって、BtoBリードの獲得に成功した事例を5つ紹介します。

  • ferret
  • LIGブログ
  • ボクシルマガジン
  • 制御機器知恵袋
  • 侍エンジニア塾ブログ

順番に見ていきましょう。

ferret

ferretは株式会社ベーシックが運営しており、Webマーケティングに関するコンテンツを発信するBtoBメディアです。

ferretは、月間550万PV(Webサイトで表示された閲覧数)の獲得と、会員数47万人以上の実績があります。

ferretのオウンドメディアの特徴は、「ユーザーの目線で考える姿勢」です。専門的な知識がない初心者でも、わかりやすく理解できるコンテンツが充実しています。

また実践的な内容を重視したコンテンツ「Webマーケティング講座」の提供や、Webマーケティングに役立つ資料ダウンロードのサービスを行っています。

ferretは、Webマーケティングに関する価値の高い情報を発信し続けることで、オウンドメディアで成功した良い事例だといえるでしょう。

あわせて読みたい
マーケターのよりどころ「ferret」 ferretは「マーケターのよりどころ」をコンセプトとしたWebマーケティングメディアです。 Webマーケティングやマーケティングに関する情報だけでなく、マーケターが新たな...

LIGブログ

株式会社LIGが運営するオウンドメディアが、LIGブログです。株式会社LIGでは、主に下記の事業を展開しています。

  • Webサイト制作
  • システム開発
  • コンテンツマーケティング支援
  • Webクリエイタースクールの運営

LIGブログが目指している目標は、Webサイト制作をはじめとした複数の分野で、リードを獲得することです。

各分野の専門的な情報を発信することで、ブランディングの向上にも成功しています。

またユーザーに親近感が湧きやすく、面白いコンテンツを作成していることが、LIGブログの特徴です。

このためSNSで拡散されやすく、SNSからのリードが獲得しやすいオウンドメディアとなっています。

株式会社LIG
ブログTOP | 株式会社LIG 株式会社LIG(リグ)のブログページです。Webサイト制作、コンテンツ制作、ゲストハウス、コワーキング、教育、飲食、地方創生、経営、お知らせ/募集、Webサービス、テクノロ...

ボクシルマガジン

ボクシルマガジンは、スマートキャンプ株式会社が運営するオウンドメディアです。

クラウドサービス提供企業のリード獲得や、ブランディング向上を目的として運用されています。

ボクシルマガジンでは、クラウドサービスの導入に役立つ情報を発信したり、導入事例やサービス比較を提供したりするため、ユーザーが使いやすいメディアです。

ユーザー視点に立つことを特徴とするボクシルマガジンでは、下記の大幅リニューアルが行われたこともあります。

  • UI(ユーザインタフェース)をわかりやすくデザイン化
  • 記事内容の充実
  • システム連携の見直し

ユーザーの視点から考えることで、リード獲得に成功した事例だといえるでしょう。

あわせて読みたい
新着記事一覧 | BOXIL Magazine ボクシルマガジンでは、会計、勤怠管理、営業活動にマーケティングなど企業の生産性を高める各種クラウドサービス・SaaS製品の比較検討に役立つ情報やIT用語の解説などの情...

制御機器知恵袋

制御機器知恵袋は、パナソニック株式会社が運用するオウンドメディアです。

エンジニアに向けて、制御機器に関する基礎から応用まで有益な情報を発信しています。

制御機器知恵袋の特徴は、一目でわかりやすいコンテンツであることです。

たとえば用語解説では、文章だけでなく図解も交えて説明するため、直感的に理解しやすいコンテンツとなっています。

また、エンジニアが悩みを抱えやすい問題を取り扱い、事例紹介や具体的な提案を行っています。

よくある質問も掲載しているため、制御機器を扱うエンジニアに役立つコンテンツとなっています。

あわせて読みたい
制御機器知恵袋 | Panasonic 制御機器知恵袋では、商品についての基礎知識や使い方、カタログ用語の解説など、パナソニックの担当者がわかりやすく解説をしています。また、お客様から問い合わせの多い...

侍エンジニア塾ブログ

株式会社SAMURAIが運営するオウンドメディアが、侍エンジニア塾ブログです。

プログラミングスクールやオンラインITスクールなど、スクールへの利用者を増やす目的で運用されています。

侍エンジニア塾ブログでは、下記の3つのコンテンツが特徴的です。

  • プログラミング学習やITキャリアの診断
  • 記事による情報発信
  • 動画による情報発信

プログラミング学習や、ITキャリア就職を考えているユーザーにとって、役立つ診断コンテンツを提供しています。

また情報発信では、記事だけでなく動画も活用しており、プログラミング初心者や未経験者に寄り添った情報が豊富です。

ユーザーに有益なコンテンツ作りを行った結果、月間300万PVを獲得しており、オウンドメディア運用に成功しています。

https://www.sejuku.net/blog/

採用オウンドメディアの成功事例5選

オウンドメディアの運用は、BtoBリードの獲得だけでなく、採用にも効果的です。採用オウンドメディアの成功事例を、5つご紹介します。

  • メルカン
  • ミクシル
  • キャリアハック
  • OnLINE
  • ジモコロ

順番に見ていきましょう。

メルカン

採用メディアの1つ目の事例は、メルカンです。メルカンは、株式会社メルカリが運用するオウンドメディアで、「メルカリの人を伝える」をコンセプトに情報発信しています。

採用時に求人者とのニーズ不一致を防ぐために、社員一人ひとりのエピソードを発信しています。

社員のエピソードや考えを理解できるコンテンツの一つが、メルカリグループで働く人へのインタビュー記事です。

たとえば、エンジニアにインタビューを行い、これまでに歩んできたキャリアや入社したきっかけについて、赤裸々に語っているコンテンツが公開されています。

社員の考えやキャリアが鮮明にイメージできるため、オウンドメディア運用によって採用のミスマッチ防止が期待できます。

表示言語に英語が対応しているため、グローバルな人材募集も実現でき、広い視野をもった採用オウンドメディアだといえるでしょう。

mercan (メルカン) | メルカリの「...
mercan (メルカン) | メルカリの「人」を伝える メルカリではたらく人を伝えるオウンドメディアです。チームの紹介や社内での出来事を中心にお届けします。

ミクシル

ミクシルは、株式会社ミクシィが運用する採用オウンドメディアです。社員のインタビュー記事が豊富なため、実際の仕事内容が具体的にわかります。

インタビューを受ける人は、下記のように様々な立場の社員がターゲットになっているため、会社全体のイメージがつかみやすい特徴があります。

  • 内定者アルバイトを経験した入社予定者
  • 代表取締役社長
  • 執行役員
  • 育児休業制度を利用した社員
  • リモートワークで働く社員

また、福利厚生や社風といった実際に就職しなければ知ることが難しい情報も、コンテンツを通して参考にできる点が強みです。

そのため、入社する前から自分が働く姿をイメージしやすく、社員が「思っていた働き方と違う」と感じる心配を減らせます。

自社の魅力やワークスタイルを包み隠さず、徹底的に情報を公開していることが、採用オウンドメディアでの成功につながっています。

ミクシル
ミクシィグループが“まるわかりできる”メディア「ミクシル」 ミクシィグループの、はたらく人、レポート・お知らせ、カルチャー、プロダクト、事業について幅広く情報を発信しています。

キャリアハック

キャリアハックは、エン・ジャパン株式会社が運用するオウンドメディアで、テック業界で働く人に向けて多くの情報が公開されています。

過去にキャリアチェンジをしたときの社員の考え方や、30歳になってプログラミングを学び始めた当時の心境など、転職に悩む人が共感しやすいエピソードが紹介されています。

エピソード記事のほかにも、働き方や業界に役立つノウハウを発信しており、テック業界におけるブランディング向上にも成功している事例の一つです。

キャリアハック
キャリアハック(CAREER HACK) キャリアハック(CAREER HACK)は、エン・ジャパンが運営するテック業界で働く人のためのWEBメディアです。テクノロジーとアイデアで世の中を沸かす人たちの行動思想・スト...

OnLINE

OnLINEは、2020年にLINE HR BLOGがリニューアルされたオウンドメディアです。

株式会社LINEが運用しており、ユーザーを感動させるための初めての体験や、思わず友達に教えたくなるといった「WOW」を生み出す専門家の働き方を発信しています。

OnLINEは、次の3つのカテゴリーに焦点をあてて、情報を提供しています。

  • VISION
  • CULTURE
  • WORKS

VISIONでは、カーボンニュートラルに対する考えや、LINEが目指すビジョンに関するコンテンツを公開しているカテゴリーです。

CULTUREでは、海外拠点のオフィスや新入社員が紹介されており、企業の雰囲気がわかります

WORKSは、仕事のやりがいや具体的な仕事内容が垣間見えるカテゴリーです。

以上のコンテンツが充実していることから、求人者が安心してキャリア選択できるメディアになっています。

OnLINE(オンライン) - LINEでは...
OnLINE(オンライン) - LINEでは、こうしてます。 LINEの中にある数々のチャレンジを伝えるオウンドメディアです。LINEのビジョンやカルチャー、働き方について発信していきます。

ジモコロ

採用オウンドメディアの成功事例の一つが、株式会社アイデムと株式会社バーグハンバーグバーグが共同運用しているジモコロです。

求人サイト「イーアイデム」から、正社員やアルバイトへ求人応募するユーザーの約10%がジモコロの読者であり、オウンドメディアを効果的に運用できている事例です。

ジモコロでは正社員だけでなく、アルバイト体験者のエピソードも紹介しています。

様々な仕事に取り組む人へ直接インタビューを行うため、リアルな情報が得られるコンテンツになっています。

ジモコロの特徴は、地元の魅力を伝えることによって、メディアの差別化を図っている点です。

コンテンツのエンタメ性が高いため、楽しみながら「地元で働く魅力」を感じられます。

あわせて読みたい
イーアイデムの地元メディア「ジモコロ」 どこでも地元メディア「ジモコロ」は、地元の求人に強い株式会社アイデムとゆる〜いWEBコンテンツ作りが得意な株式会社バーグハンバーグバーグによる新感覚のWebサイトです...

事例からわかるオウンドメディア運用で成功するためのポイント

オウンドメディア運用の事例に共通して見られる、メディア運用で成功するためのポイントを3つ紹介します。

  • オウンドメディア運用の目的を明確にする
  • 運営体制を整える
  • 分析と改善を行い継続する

以下で詳しく解説していきます。

オウンドメディア運用の目的を明確にする

1つ目のポイントは、オウンドメディア運用の目的を明確にすることです。

いずれの成功事例でも、「リード獲得が目的だからこのコンテンツを充実させよう」「インタビュー記事を増やして採用ミスマッチを減らそう」といった目的が明らかです。

運用目的を決める際は、成果目標も決めることをおすすめします。なぜなら、成果目標を定めることで、オウンドメディアの分析と改善が可能になるからです。

オウンドメディアを運用する際は、目的と成果目標を決めるようにしましょう。

運営体制を整える

2つ目のポイントは、運用体制を整えることです。目的や成果目標が明確であっても、運用体制が整っていなければ、効果的に施策できないからです。

運用体制を整えるためには、下記のメンバーを集めると良いでしょう。

  • エンジニア
  • ライター
  • ディレクター
  • マーケター

サイトを構築する人やコンテンツ作成、戦略を練るメンバーが必要になりますが、自社のみで体制を整えることは簡単ではありません。

オウンドメディア運用に成功するためには、実績がある制作会社への依頼をおすすめします。

分析と改善を行い継続する

成果目標に対して分析と改善を行い、メディア運用を継続することもポイントの一つです。なぜなら、オウンドメディアで成果をあげるのに、少なくとも半年はかかるからです。

効果があらわれる時間が長いため、成果目標に対する分析と改善の繰り返しが欠かせません。

分析と改善を行いながら、質の高いコンテンツをユーザーに提供し続けることで、長期的に成果をあげることができるでしょう。

失敗しないオウンドメディアの作り方

オウンドメディアを運用することで、企業のブランディングを高められます。

またBtoBリードの獲得や、採用ミスマッチを防ぐことができることから、オウンドメディアを運用する企業が増えています。

メディア運用に失敗しないためには、制作会社に依頼することがおすすめです。

成功事例を参考にして、オウンドメディアの運用を検討してみてはいかがでしょうか。

NYマーケティング株式会社では、「SEO対策」の初回無料相談を承っております。ホームページのお問い合わせからお送りいただくか、seo@ny-marketing.co.jp、もしくはhttps://lin.ee/o5wFpsM までご連絡ください。
『ポータルサイト』『ECサイト』などのデータベース型SEOは中川にお任せください!!

↓↓SEOハンドブックを無料プレゼント中!!

あわせて読みたい
被リンク営業、被リンク獲得方法【実用・実践編】 SEO対策をする上で被リンクは最も重要です。 SEO対策の相談が最近多くなり、チームでナレッジを共有するため、改めて最新の被リンク獲得方法や被リンク営業先をまとめま...
あわせて読みたい
SEO対策の費用相場を早見表つきで解説|費用対効果を上げるためのポイント ひとくちに「SEO対策」といっても、施策の内容やSEO対策会社によってかかる費用はさまざまです。いざSEO対策を依頼しようと思っても、会社によって対策内容や費用が大き...
あわせて読みたい
オウンドメディアの成功事例10選|SEOのプロが厳選【2022年最新版】 見込み客のリードを獲得したり、採用を成功させたりする方法の一つとして、オウンドメディア運用があります。 オウンドメディアを運用することで、自社のブランディング...

↓ Youtubeもぜひご覧ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

SEO歴13年、過去に月間1億PVまでWebサイトをグロース。ポータルサイトSEO、コンテンツマーケティングSEOなど、幅広いジャンルの順位UP・売上UP実績が豊富。YoutubeでSEO動画を大量配信中。

目次
閉じる