【Microsoft・Clarity】無料ヒートマップツール

Webマーケターの中で話題になっているClarity。2020年10月からMicrosoftが無料で提供を始めました。

Microsoft・Clarityでできることは以下です。

・ヒートマップ
・セッションのレコーディング

Clarity公式HPには、この2つを基にユーザーの行動・インサイトを分析したデータドリブンで意思決定し、設計を合理化する、と書かれています。

有料のヒートマップツールがほとんどですが、セッションのレコーディングがついて無料ですので、だいたいのWebサイトはClarityで十分でしょう。

目次

ヒートマップでユーザーの行動を分析

PC、タブレット、モバイルの切り替えが可能。タップとスクロールのそれぞれのヒートマップが閲覧できます。(上記のキャプチャはタップのヒートマップ)

どの部分がユーザーがよくタップするのかを把握し、内部リンク設置の見直しや、アフィリエイトをやっている場合は広告の位置のPDCAに使えます。

こちらはスクロールのヒートマップです。どの位置まで%のユーザーがスクロールしているのか、を把握することができます。

最後までしっかり読んでほしいコンテンツなら、途中で飽きさせない工夫のPDCAが回せます。よく言われるリード文で離脱が高い場合も、ヒートマップでその現象を発見することが可能で、改善につなげることができます。

セッションのレコーディングでユーザー行動を丸裸に

各セッションのページ内での動きを完全ウォッチできます。

どの部分までスクロールし、どの部分で止まって閲覧、どの部分で読むのをやめたかまで、ユーザーの動きを見ることができます。

これが無料で使えるのなんて、Microsoftすごすぎます。

LPOやアフィリエイトサイトの改善に使える

リスティング広告×LPを運用している人には、LPOというランディングページ最適化が不可欠です。お金をかけて流入を得たのに、LPの内容が悪くCVRが低いケースは多々あります。

そういった場合に、なぜCVRが悪いのか、ユーザーはどこで離脱してしまっているのかを把握し、改善を繰り返さなければいけません。

無料のMicrosoft・Clarityを使えばユーザーの行動が丸裸にできるため、LPやアフィリエイトサイトを運営している人はぜひ導入するべきです。

NYマーケティング株式会社では、「SEO対策」の初回無料相談を承っております。ホームページのお問い合わせからお送りいただくか、seo@ny-marketing.co.jp、もしくはhttps://lin.ee/o5wFpsM までご連絡ください。
『ポータルサイト』『ECサイト』などのデータベース型SEOは中川にお任せください!!

↓↓SEOハンドブックを無料プレゼント中!!

あわせて読みたい
被リンク営業、被リンク獲得方法【実用・実践編】 SEO対策をする上で被リンクは最も重要です。 SEO対策の相談が最近多くなり、チームでナレッジを共有するため、改めて最新の被リンク獲得方法や被リンク営業先をまとめま...
あわせて読みたい
SEO対策の費用相場を早見表つきで解説|費用対効果を上げるためのポイント ひとくちに「SEO対策」といっても、施策の内容やSEO対策会社によってかかる費用はさまざまです。いざSEO対策を依頼しようと思っても、会社によって対策内容や費用が大き...
あわせて読みたい
オウンドメディアの成功事例10選|SEOのプロが厳選【2022年最新版】 見込み客のリードを獲得したり、採用を成功させたりする方法の一つとして、オウンドメディア運用があります。 オウンドメディアを運用することで、自社のブランディング...

↓ Youtubeもぜひご覧ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

SEO歴13年、過去に月間1億PVまでWebサイトをグロース。ポータルサイトSEO、コンテンツマーケティングSEOなど、幅広いジャンルの順位UP・売上UP実績が豊富。YoutubeでSEO動画を大量配信中。

目次
閉じる