strongタグとSEOの関係性は?ペナルティを回避するポイントも解説

strongタグは文字を太字にし、意味を強調するHTMLタグです。

strongタグを効果的に活用することで、サイトやコンテンツの視認性が高められ、良い評価を検索エンジンから得られやすくなります。

ただしstrongタグを多用するなど不適切に使用すると、検索エンジンからペナルティを受け、SEOに悪影響を及ぼす可能性があります。

この記事ではstrongタグのSEO効果や適切な使用方法、ペナルティを回避しながらの効果的に使う方法を紹介します。

目次

strongタグとは?

初めに、strongタグの概要を説明します。strongタグの効果や正しい使用方法について理解し、SEO施策に活かしましょう。

strongタグは文字を太字にするHTMLタグ

strongタグは、Web上の文字を太字にして、意味を強調するタグです。

表示コード
通常の段落にある文字あいうえお<p>あいうえお</p>
strongタグ使用文字あいうえお<strong>あいうえお</strong>

strongタグを設定することで記事コンテンツの見た目が変わり、サイト訪問者の視認性やユーザビリティ向上につながります。

そのため結果的にサイトの質向上が見込め、検索エンジンからの高評価が期待できます。

strongタグの使用方法

strongタグは、強調したい文章をタグで囲むことで使用できます。

例えば「商品の価格は10,000円である」という文章で10,000円を強調したい場合、「商品の価格は<strong>10,000円</strong>である」と記載すると、strongタグが使用できます。

WordPressなどでテキストを入力する場合は、「B」のボタンを押すとstrongタグが適用されます。

strongタグと似たbタグ・emタグ

strongタグと見たような役割を持つタグに、bタグとemタグがあります。各タグの役割は以下の通りです。

  • bタグ:フォントを太字にするタグ
  • emタグ:フォントを斜めに表示し、意味を強調するタグ

いずれのタグを使用しても見え方が変わるため、ユーザーに強調箇所が伝わりやすくなります。

strongタグがSEOに与える効果

strongタグは、SEOの観点から以下2つの効果があるとされています。

  • 文字の強調箇所を検索エンジンに伝える
  • 強調箇所が明確になり、コンテンツがわかりやすくなる

strongタグを利用すれば、サイト訪問者が重要なポイントを把握しやすく、ユーザーの利便性が向上します。

その結果、検索エンジン側からも「良いサイト/コンテンツ」として認識されやすいため、検索順位が上がるなどSEO評価を高められる可能性があります。

ただしstrongタグを設定したからといって、SEO評価の劇的な向上は見込めず、過度な使用はペナルティの対象になります。

あくまでも補助的な役割を担うものと認識し、適切な使い方を心がけましょう。

bタグ・emタグもSEO効果は変わらない

strongタグと似た役割を持つタグに、bタグ・emタグがあります。

いずれも文章を強調表示するために利用されるタグですが、どちらのタグを使ってもSEO効果は変わらないとGoogle品質管理チームの責任者であるMatt Cutts氏(当時)が回答(*)していました。

ただしstrongタグとbタグは、以下のように意味が違うため注意しましょう。

  • strongタグ:太字と意味の強調
  • bタグ:太字だが意味は強調しない

WHATWGのHTML定義より参照

(*)Google Search Sentral|Is there a difference between the “strong” and “b” tags in terms of SEO?

strongタグによるペナルティを回避するポイント

strongタグの利用方法を誤ると、ペナルティ対象となる場合があります。

ペナルティを受けるとSEOに悪影響を及ぼす可能性があるため、以下3つのポイントを理解してペナルティを回避しましょう。

  • 見出しには使用しない
  • 多用しない

見出しには使用しない

見出しには他の段落等と異なり、すでに強調の意味合いが含まれています。

よって見出しにstrongタグを入れると過剰な強調につながり、ペナルティを受ける場合があるため、使用は控えましょう。

多用しない

strongタグは1記事(コンテンツ)内に1~3回程度を目安に設定しましょう。

strongタグの多用で強調箇所が増えすぎると、重要な箇所がユーザーに伝わりにくく、満足度の低下と離脱率の上昇に繋がります。

ユーザーの満足度が低下すると、必然的に検索エンジンからの評価も下がるため、結果的にSEOへも悪影響を及ぼします。

したがってstrongタグは、特に重要と思われる箇所に使うと良いでしょう。

効果的にstrongタグを活用しSEO施策につなげよう

ここまでページ内の文字を太くし、意味を強調するstrongタグを紹介しました。

strongタグを適切に使えば、ユーザーの利便性が高まり、SEO効果も期待できます。

ただしstrongタグ使用で劇的な効果は見込めず、過度に使用するとペナルティを受ける場合があります。今回紹介した内容をもとに、適切なstrongタグの使用を心がけましょう。

NYマーケティング株式会社では、「SEO対策」の初回無料相談を承っております。ホームページのお問い合わせからお送りいただくか、seo@ny-marketing.co.jp、もしくはhttps://lin.ee/o5wFpsM までご連絡ください。
『ポータルサイト』『ECサイト』などのデータベース型SEOは中川にお任せください!!

↓↓SEOハンドブックを無料プレゼント中!!

あわせて読みたい
被リンク営業、被リンク獲得方法【実用・実践編】 SEO対策をする上で被リンクは最も重要です。 SEO対策の相談が最近多くなり、チームでナレッジを共有するため、改めて最新の被リンク獲得方法や被リンク営業先をまとめま...
あわせて読みたい
SEO対策の費用相場を早見表つきで解説|費用対効果を上げるためのポイント ひとくちに「SEO対策」といっても、施策の内容やSEO対策会社によってかかる費用はさまざまです。いざSEO対策を依頼しようと思っても、会社によって対策内容や費用が大き...
あわせて読みたい
オウンドメディアの成功事例10選|SEOのプロが厳選【2022年最新版】 見込み客のリードを獲得したり、採用を成功させたりする方法の一つとして、オウンドメディア運用があります。 オウンドメディアを運用することで、自社のブランディング...

↓ Youtubeもぜひご覧ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

SEO歴13年、過去に月間1億PVまでWebサイトをグロース。ポータルサイトSEO、コンテンツマーケティングSEOなど、幅広いジャンルの順位UP・売上UP実績が豊富。YoutubeでSEO動画を大量配信中。

目次
閉じる