関連キーワードとは?サジェスト・再検索(LSl)キーワードやSEO効果、取得ツールを紹介

関連キーワードとは「特定の言葉に関連するキーワード」のことで、サジェストキーワードや再検索(LSl)キーワードがその一部です。

関連キーワードを把握することで潜在的なユーザーニーズの理解に役立ち、より質の高いコンテンツ制作につながることから、SEO効果が見込めます。

この記事では関連キーワードをはじめ、サジェストキーワード・再検索(LSI)キーワードについての概要説明から、おすすめの取得ツールを紹介します。

目次

関連キーワードとは

関連キーワードとは「特定(メイン)の言葉に関連する、または同時に検索されることが多いキーワード」のことを指します。

具体的には関連キーワードの中に「サジェストキーワード」や「再検索(LSl)キーワード」が含まれています。

上記のような関連キーワードを把握することで、ユーザーの検索意図や潜在的なニーズが汲み取りやすくなるため、上質なコンテンツ制作につながりSEO効果が見込めます。

サジェストキーワード

サジェストキーワードとは、検索窓にキーワードを入力する際、下記のような一覧で表示されるキーワードのことです。

サジェストキーワードは過去の検索結果や関心事、キーワードとの関連などを踏まえ、アルゴリズムが自動で抽出します。

再検索(LSl)キーワード

再検索キーワードはLSIキーワード(共起語)の一つであり、検索画面の下部分に表示されるキーワードのことを指します。

再検索キーワードは、検索結果を閲覧してもユーザーニーズが解消されなかった時に入力されるキーワードです。

再検索キーワードによりユーザーの潜在的なニーズが把握でき、ユーザー満足度の高いコンテンツ制作が可能となります。

関連キーワードが表示される仕組み

関連キーワードは、過去に検索されたキーワード・関連サイト・共起語などをもとに、アルゴリズムによって自動的に抽出されます。

またトレンドを反映した言葉が表示されるケースもあり、検索したメインキーワードを含まない場合もあります。

関連キーワードは削除依頼ができる

表示される関連キーワードの中には、ネガティブなものも存在します。

例えば「ブランド+炎上」「企業名+ブラック」などの関連キーワードは、イメージを損ねる恐れがあるため注意が必要です。

適切でない・明らかに名誉毀損である関連キーワードは、Googleへ削除申請が行えます。「法律に基づく削除に関する問題を報告する」から、申立人の情報・コンテンツ検索に使用したキーワード・サイトURLなどを入力して申請しましょう。

ただしこちらのフォームは違反と思われるコンテンツの報告が主たる目的であり、あくまで関連キーワードの報告は付随的なものです。

報告しても受理・措置が行われる確証はありませんのでご注意ください。

関連キーワード把握におすすめのツール4選

関連キーワードの把握には、さまざまな調査方法・取得ツールがあります。無料ツールも複数あるため、取得したい情報や目的に合わせて活用するのがおすすめです。

キーワードプランナー:検索ボリュームも取得可能

キーワードプランナーは、コンテンツ制作や広告運用に役立つツールです。

関連キーワード・検索ボリュームの把握などが行えるため、広告配信やコンテンツ制作のためのキーワード選定に役立ちます。

無料版では検索ボリューム数の表示が100〜1,000とあいまいなため、より詳細な情報を取得したい場合は有料プランの登録をおすすめします。

有料プランの費用2円〜(リスティング広告を運用するため、決まったプランはない)

Keyword Tool:SNSのサジェストキーワードも取得可能

Keyword Toolは、GoogleやTwitter・Instagram・YouTubeなどのサジェストキーワードが取得できるツールです。

検索窓にキーワードを入力するだけで、750以上の関連キーワードを無制限で取得できます。

有料プランを使えば、検索ボリューム・トレンド・競合性なども確認できます。

Pro Basic$69(月額)/12ヶ月ごとの支払い
Pro Plus$79(月額)/12ヶ月ごとの支払い
Pro Business$159(月額)/12ヶ月ごとの支払い

ラッコキーワード:サジェストやQ&A、共起語を抽出可能

ラッコキーワードは、検索窓にキーワードを打ち込むだけで、関連キーワードを取得できるツールです。具体的には以下の内容が抽出可能です。

  • サジェスト:Google,Bing,YouTube,Google動画,Amazon,楽天など
  • Q&A:Yahoo!知恵袋、教えて!goo
  • 月間検索回数
  • 共起語
  • 周辺語・関連語

非ログイン(無料)で使用する場合は、各種キーワード調査が1日50回・見出し抽出・共起語調査が1日15回まで行えます。使用回数を増やして使いたい人には、有料プランも用意されています。

ライト990円(月額)
スタンダード2,475円(月額)
プロ4,950円(月額)
エンタープライズ9,900円(月額)

キーワードリサーチャー:Google・YouTubeの関連キーワード+ワードツリーが取得可能

キーワードリサーチャーは、ブログブートキャンプが無料で提供している、関連キーワード取得ツール(Google/YouTube)です。

検索窓にキーワードを入力するだけで、以下のように関連キーワードとワードツリーが表示されます。関連キーワードはCSV形式で一括ダウンロードも行えます。

<例:「オンライン」と入力しGoogle検索をかけた場合>

Kouho:検索エンジンのサジェストとTwitterの共起語

Kouhoはキーワード候補を探すための無料ツールで、Google・Bing・Amazon・楽天のサジェストやTwitterの共起語、はてな連想語などが取得できます。

〈参考〉Twitter:流行の話題やユーザーのリアルな関心事が把握可能

Twitterの「explore(虫眼鏡アイコン)」タブは流行の話題・キーワードを簡単に取得できるタブです。トレンド・キーワードを含むツイート件数などをリアルタイムで把握するのに役立ちます。

上記の通り、時事ネタや地方ごとのトレンド、注目を集めるトピックが確認できます。

関連キーワードから見込めるSEO効果

関連キーワードはユーザーの潜在的ニーズを反映している可能性が高いため、把握・適用することで、よりユーザー満足度・納得感の高いコンテンツ制作が可能です。

Googleはユーザー満足度の高いコンテンツを評価するため、関連キーワードまで考慮して制作されたサイトは、検索上位に表示されやすくなり、SEO効果が期待できます。

再検索(LSI)キーワードも活用できる

コンテンツ制作には、潜在的なユーザーニーズが反映されている再検索(LSl)キーワードも取り入れることが重要です。

再検索(LSI)キーワードの把握によりユーザーの「知りたい」が網羅しやすく、満足度の高いコンテンツ制作につながり、SEO効果も見込めるでしょう。

関連キーワードを活用してSEO効果を高めよう

ユーザーニーズを押さえた、質の高いコンテンツ作りには、関連キーワードの活用が重要です。

関連キーワード[サジェスト・再検索(LSI)キーワード]を軸にコンテンツを制作すれば、ユーザーニーズに応えやすく、満足度が高まります。

ぜひこの記事を参考に各種キーワードを活用し、SEO効果を高めましょう。

NYマーケティング株式会社では、「SEO対策」の初回無料相談を承っております。ホームページのお問い合わせからお送りいただくか、seo@ny-marketing.co.jp、もしくはhttps://lin.ee/o5wFpsM までご連絡ください。
『ポータルサイト』『ECサイト』などのデータベース型SEOは中川にお任せください!!

↓↓SEOハンドブックを無料プレゼント中!!

あわせて読みたい
被リンク営業、被リンク獲得方法【実用・実践編】 SEO対策をする上で被リンクは最も重要です。 SEO対策の相談が最近多くなり、チームでナレッジを共有するため、改めて最新の被リンク獲得方法や被リンク営業先をまとめま...
あわせて読みたい
SEO対策の費用相場を早見表つきで解説|費用対効果を上げるためのポイント ひとくちに「SEO対策」といっても、施策の内容やSEO対策会社によってかかる費用はさまざまです。いざSEO対策を依頼しようと思っても、会社によって対策内容や費用が大き...
あわせて読みたい
オウンドメディアの成功事例10選|SEOのプロが厳選【2022年最新版】 見込み客のリードを獲得したり、採用を成功させたりする方法の一つとして、オウンドメディア運用があります。 オウンドメディアを運用することで、自社のブランディング...

↓ Youtubeもぜひご覧ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

SEO歴13年、過去に月間1億PVまでWebサイトをグロース。ポータルサイトSEO、コンテンツマーケティングSEOなど、幅広いジャンルの順位UP・売上UP実績が豊富。YoutubeでSEO動画を大量配信中。

目次
閉じる