サジェストキーワードとは?調べ方とSEO対策に使えるツールを紹介

サジェストキーワードを参考にすることで、ユーザーの悩みやニーズの理解につながるため、質の高いコンテンツ制作に役立ちます。

本記事では、サジェストキーワードの調べ方や、一括で取得できるツールをご紹介します。

サジェストキーワードを理解し、SEO対策に活用したい方はぜひ最後までご覧ください。

目次

サジェストキーワードとは?

サジェストキーワードとは、検索窓にキーワードを入力すると自動で表示される検索候補のことです。

「サジェスト(Suggest)=提案する」という意味の通り、ユーザーが検索するキーワードを予測して候補が表示されます。

そのため、「検索ユーザーの需要を可視化したもの」と捉えることもできますね。

サジェストキーワードが表示される仕組み

サジェストキーワードは、主に下記内容に基づいて表示されます。

  • 検索ボリューム
  • トレンド
  • キーワードを含むサイト数
  • ユーザー属性

Googleはユーザーファーストを重視しているため、ユーザーの利便性が高まるようなキーワードが選ばれます。

検索ボリューム

検索ボリュームとは、検索エンジンでキーワードが検索された回数のことで、一般的には月間の検索回数を指します。

検索ボリュームが多いキーワードは検索ニーズがあると推測されるので、サジェストキーワードとして表示されやすくなります。

トレンド

話題性の高いニュースやイベントは検索回数が多くなるため、サジェストキーワードに表示されやすくなります。

ただし、一時的なユーザーニーズを満たすものであるため、長期的に表示されるケースは少ないです。

キーワードを含むサイト数

キーワードを含むコンテンツは、検索ユーザーのニーズを満たしている可能性が高いです。

そのため、キーワードを含むサイト数が多いほど、サジェストキーワードとして表示されやすくなります。

ユーザー属性

ユーザーの検索履歴や住んでいる場所なども、サジェストキーワードの選定に影響しています。

以前に検索したキーワードやユーザーに関連する内容は、ユーザーが興味をもっていると予測できるためです。

このようにサジェストキーワードは検索履歴などが影響するため、同じキーワードを検索窓に入力しても、ユーザーによって表示内容が異なることがあります。

サジェストキーワードと関連キーワードの違い

サジェストキーワードと混同しやすいのが「関連キーワード」です。

関連キーワードとは、検索キーワードに関連していたり、そこから連想されたりするキーワードのことです。検索窓ではなく、検索結果下部に自動で表示されます。

関連キーワードがサジェストキーワードと異なる点は、ユーザーの検索履歴を反映していないことです。

サジェストキーワードでは検索履歴などの個人情報を反映するため、ユーザーによって表示内容が変わりますが、関連キーワードは検索履歴に影響されずに表示されます。

関連キーワードについて詳しくはこちらの記事でも解説していますので、合わせてご覧ください。

あわせて読みたい
関連キーワードとは?サジェスト・再検索(LSl)キーワードやSEO効果、取得ツールを紹介 関連キーワードとは「特定の言葉に関連するキーワード」のことで、サジェストキーワードや再検索(LSl)キーワードがその一部です。 関連キーワードを把握することで潜...

サジェストキーワードをSEO対策に活用する方法

サジェストキーワードを活用すると検索意図の把握に役立つため、ユーザーに寄り添ったコンテンツが作成できます。

サジェストキーワードをSEO対策に活用する方法は、主に以下の2つです。

  • キーワードを見つける
  • ユーザーの検索意図を把握する

キーワードを見つける

サジェストキーワードから多くのユーザーが興味をもっているキーワードを把握することで、対策すべき複合キーワードを見つけることができます。

複合キーワードとは、サジェストキーワードとして表示されるワードが、2語以上で構成されている語句のことです。

例えば「筋トレ 方法」などは、複合キーワードの一例です。

サジェストキーワードを見ることで、このような複合キーワードが見つかります。

ユーザーの検索意図を把握する

複合キーワードを把握できると、ユーザーの検索意図がより明確に推測できます。検索意図とは、ユーザーが検索した際の目的のことです。

キーワードの数が増えることで、ユーザーの悩みや疑問に関わるヒントが多く得られるため。検索意図を把握しやすくなります。

例えばキーワードが「筋トレ」だけの場合、ユーザーは筋トレを行う頻度を知りたいのか、あるいは筋トレのメリットについて知りたいのか推測は難しいです。

しかし、複合キーワードで「筋トレ 方法」が表示されていると、ユーザーは筋トレの方法が知りたいのだと推測しやすくなります。

このようにサジェストキーワードから検索意図を推測して記事を書くことで、よりユーザー満足度の高いコンテンツを作成することができます。

サジェストキーワードの調べ方

サジェストキーワードを調べる方法は、「検索窓への入力」と「ツール使用」の2パターンがあります。それぞれの方法について、詳しく確認していきましょう。

検索窓に入力する

直接Googleの検索窓にキーワードを入力することで、サジェストキーワードを把握することができます。

直接入力の際の注意点として、シークレットモードを使用するようにしてください。シークレットモードとは、検索した履歴が残らないようにできるモードのことです。

シークレットモードを使わずサジェストキーワードを調べると、以前に検索した履歴によって表示される内容が人によって変化してしまい、客観的なキーワードになりません。

サジェストキーワード取得ツールを使う

多くのサジェストキーワードを調べたい場合は、サジェストキーワード取得ツールがおすすめです。

手動検索では時間がかかりますが、ツールを使えばまとめてサジェストキーワードを取得することができるため効率的です。また、取得したキーワードをCSVとしてダウンロードすることもできるため、まとめる際にも便利です。

サジェストキーワード取得ツール3選

代表的なサジェストキーワード取得ツールは、以下の3つがあります。どれも無料で利用できるので、使いやすいものを選んでください。

  • キーワードプランナー
  • ラッコキーワード
  • Ubersuggest

キーワードプランナー

キーワードプランナーは、Google広告を出稿する際に使用されるツールですが、サジェストキーワードを調べる手段にも使用できます。複合キーワードだけでなく、掛け合わせのないまったく新しいキーワードも発見できるのが特徴です。

例えば「脱毛+〇〇」といった複合キーワードを取得するだけでなく、「背中 毛 処理」のような「脱毛」を含まないキーワードも見つけることが可能です。

キーワードプランナーでは、検索ボリュームも確認することができるため、キーワードの優先順位をつける際にも有効です。

ラッコキーワード

ラッコキーワードは、サジェストキーワードをまとめて取得できるうえ、Yahoo!知恵袋などのQ&Aサイトからキーワードに関する情報を得られるツールです。

また、サジェストキーワードだけでなく、共起語も取得できます。共起語とは、特定のキーワードに強く関連し、コンテンツに出現する頻度が高いワードのことです。

以上のように、ラッコキーワードは、サジェストキーワードだけでなく、検索ユーザーの悩みや共起語などのSEO対策に有効な情報も調べることができます。

無料で使用する場合、検索制限はありますがSEO対策に役立つことでしょう。

Ubersuggest

Ubersuggestは、下記の項目を確認できるSEO分析ツールです。

  • キーワードの検索ボリューム
  • クリック単価
  • 競合性
  • SEO難易度
  • ページの被リンク

Ubersuggestでは、任意のキーワードに対して関連するキーワードを数多く把握できる特徴があります。

無料版を利用する場合、検索回数に制限がありますが、SEO対策に有効なツールの一つです。

これらのサジェストキーワード取得ツールのほかにも、便利なツールはたくさんあります。SEO対策に役立つ便利ツールを詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
SEO対策でよく使うツール(無料・有料) SEO対策の業務をする上で、よく使うツールを一覧にして紹介したいと思います。 【無料ツール】Google Search Console[呼称:サーチコンソール、サチコ]Google Analyti...

サジェストキーワードをSEO対策に活用しよう

ユーザーの検索意図を推測するために、サジェストキーワードは役立ちます。

検索意図を満たすことができれば、SEOにもプラスに働きます。

この記事を参考に、サジェストキーワードを活用して検索意図を見極め、ユーザーの悩みを解決するコンテンツを作成していきましょう。

NYマーケティング株式会社では、「SEO対策」の初回無料相談を承っております。ホームページのお問い合わせからお送りいただくか、seo@ny-marketing.co.jp、もしくはhttps://lin.ee/o5wFpsM までご連絡ください。
『ポータルサイト』『ECサイト』などのデータベース型SEOは中川にお任せください!!

↓↓SEOハンドブックを無料プレゼント中!!

あわせて読みたい
被リンク営業、被リンク獲得方法【実用・実践編】 SEO対策をする上で被リンクは最も重要です。 SEO対策の相談が最近多くなり、チームでナレッジを共有するため、改めて最新の被リンク獲得方法や被リンク営業先をまとめま...
あわせて読みたい
SEO対策の費用相場を早見表つきで解説|費用対効果を上げるためのポイント ひとくちに「SEO対策」といっても、施策の内容やSEO対策会社によってかかる費用はさまざまです。いざSEO対策を依頼しようと思っても、会社によって対策内容や費用が大き...
あわせて読みたい
オウンドメディアの成功事例10選|SEOのプロが厳選【2022年最新版】 見込み客のリードを獲得したり、採用を成功させたりする方法の一つとして、オウンドメディア運用があります。 オウンドメディアを運用することで、自社のブランディング...

↓ Youtubeもぜひご覧ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

SEO歴13年、過去に月間1億PVまでWebサイトをグロース。ポータルサイトSEO、コンテンツマーケティングSEOなど、幅広いジャンルの順位UP・売上UP実績が豊富。YoutubeでSEO動画を大量配信中。

目次
閉じる