不動産業界のSEO対策に有効なキーワード選定方法や注意点を解説

不動産業界のSEO対策においては、キーワード選定が重要です。効果的なキーワード選定を行うことで、自社サイトへのアクセス数増加や収益の拡大が見込めます。

この記事では不動産業界においてSEO効果のある、キーワード選定の具体的な方法から、キーワード選定時の注意点を解説します。

目次

不動産業界のSEO対策はキーワード選定が重要

不動産業界で自社サイトのSEO対策を行うためには、ユーザーのニーズに合った対策キーワードを選定することが重要です。

ユーザーニーズに合ったキーワードを選定する際は、できるだけ具体的にユーザーの置かれている状況を想像し、潜在的なニーズまで考慮することが大切です。

不動産業界で効果的な対策キーワード

不動産業界において効果的な対策キーワードの例として、以下4つを紹介します。

対策キーワードを検討する際は、検索ボリュームも併せて調べましょう。検索ボリュームが大きいビッグワードの場合、競争が激しく上位表示が難しいため、他の対策キーワードを検討する必要がありますので、ご注意ください。

地名+ロングテールキーワード

ロングテールキーワードとは「検索ボリュームが少ない複合語」のことを指します。

ロングテールキーワードは検索ボリュームが小さく、競争過多になりにくい傾向にあります。また複合語であることから、検索者の意図も明確であり、見込客に訴求しやすいメリットがあります。

そのため、検索ボリュームが多く、競争が激しいビッグワードよりも上位を獲得しやすく、サイトへのアクセスやコンバージョンが上がりやすいキーワードといえます。

不動産業界では地名に加え、以下のようなキーワードがロングテールキーワードの候補に考えられます。

  • 賃貸 マンション ペット可
  • マンション 鉄筋 安い
  • オフィス 150坪 駅近

地名+物件の特徴

物件の地名や、物件の特徴に合わせて対策キーワードを打つのも一つの方法です。具体的には間取りや物件の種類などを含めたキーワードが挙げられます。

  • 2LDK
  • オートロック
  • 中古マンション 
  • ファミリー向け
  • インターネット無料
  • 駅近
  • 周辺の学校名

上記のように、物件の特徴には「オートロック」や「間取り」などを入れ、ユーザーが求めているキーワードを選定しましょう。

地名+物件名(有名マンション名)/物件の固有名詞

ブランドマンションなど人気の高い物件を取り扱う場合は、地名+マンション名を対策キーワードに据えるのも効果的です。具体的には以下のようなマンションが挙げられます。

  • プラウド
  • ブランズ
  • パークコート
  • ザパークハウス
  • シティタワー
  • ブリリア

その中でも「広尾ガーデンヒルズ」や「シティタワー麻布十番」など、物件自体の知名度・人気度が高い場合は、物件の固有名詞を対策キーワードとして設定するのも良いでしょう。

地名+「治安」「住みやすさ」などの地域情報

物件情報に加え、地名に合わせた地域情報を発信するコンテンツを作成することで、ユーザー流入が狙えます。

こうしたコンテンツ作成には、以下のように治安や住みやすさに関係する対策キーワードが考えられます。

  • 治安
  • 子育てしやすい街
  • 一人暮らし 女性 初めて

物件情報と合わせて該当地域がどのような特徴であるかを発信することで、よりユーザーのニーズに応えた自社サイトが作成できるでしょう。

不動産業界でSEO対策時の注意点

不動産業界におけるSEO対策として、注意したいポイントは以下の3つです。

ターゲットが求める情報を競合よりリッチに掲載

物件情報を記載するときは、ターゲットとなるユーザーが求めている情報をできるだけ含めましょう。

例えば、学生であれば近くの飲食店や駅周辺の情報、家族連れであれば学校や病院、郵便局といった施設の情報を気にすることが多いです。

特に記載すると良い情報は、以下の通りです。

  • 周囲の飲食店状況
  • 駅前の環境
  • 学校や郵便局などの施設への距離
  • 徒歩圏内にあるスーパーやドラッグストアの情報

競合よりも情報をリッチに掲載しておけば、ユーザーの役に立つサイトとGoogleからも認識され、より上位に表示される可能性が高まります。

コンバージョン(CV)のハードルを下げる

自社サイトにアクセスしたユーザーから、お問い合わせや資料請求など、次のアクションを起こしてもらうためには、あらかじめコンバージョン(CV)のハードルを下げておくことが効果的です。

例えば、内見申し込みや契約に関連する問い合わせのコンバージョンポイントしか設置されていないと、物件の空き状況を知りたいだけのユーザーには問い合わせへのハードルが高く感じられ、離脱される可能性が高いです。

具体的には内見申し込みや資料請求など、気軽に問い合わせができるコンバージョンポイントを設置し、効果的に見込客獲得を図りましょう。

コンバージョンポイントを複数設置する

内見申し込みや資料請求、見積りなど、コンバージョンポイントを設置するときは、必ず複数設置を心がけましょう。

不動産は検討期間が比較的長いため、ユーザーのタイミングによって求めている情報や、起こしたいアクションは異なります。

そのためコンバージョンポイントを複数設置することで、ユーザーが置かれている状況や心境に合わせた訴求を行いやすくなります。

その結果、ユーザーの利便性向上に寄与することから、SEO効果も期待できるでしょう。

適切な対策キーワードを選んで集客につなげよう

今回は不動産業界のSEO対策において、キーワード選定が重要な理由から、具体的なキーワードを中心に解説しました。

効果的な対策キーワードの選定により、アクセス数の増加やコンバージョンポイントの獲得、売り上げ増加が見込めます。

注意点を踏まえながら、不動産業界で効果的なSEO対策を行いましょう。

NYマーケティング株式会社では、「SEO対策」の初回無料相談を承っております。ホームページのお問い合わせからお送りいただくか、seo@ny-marketing.co.jp、もしくはhttps://lin.ee/o5wFpsM までご連絡ください。
『ポータルサイト』『ECサイト』などのデータベース型SEOは中川にお任せください!!

↓↓SEOハンドブックを無料プレゼント中!!

あわせて読みたい
被リンク営業、被リンク獲得方法【実用・実践編】 SEO対策をする上で被リンクは最も重要です。 SEO対策の相談が最近多くなり、チームでナレッジを共有するため、改めて最新の被リンク獲得方法や被リンク営業先をまとめま...
あわせて読みたい
SEO対策の費用相場を早見表つきで解説|費用対効果を上げるためのポイント ひとくちに「SEO対策」といっても、施策の内容やSEO対策会社によってかかる費用はさまざまです。いざSEO対策を依頼しようと思っても、会社によって対策内容や費用が大き...
あわせて読みたい
オウンドメディアの成功事例10選|SEOのプロが厳選【2022年最新版】 見込み客のリードを獲得したり、採用を成功させたりする方法の一つとして、オウンドメディア運用があります。 オウンドメディアを運用することで、自社のブランディング...

↓ Youtubeもぜひご覧ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

SEO歴13年、過去に月間1億PVまでWebサイトをグロース。ポータルサイトSEO、コンテンツマーケティングSEOなど、幅広いジャンルの順位UP・売上UP実績が豊富。YoutubeでSEO動画を大量配信中。

目次
閉じる