アンカーテキスト(テキストリンク)とは?作り方やSEO効果を解説

アンカーテキストとは、リンク先の内容が簡潔に書かれたリンクのことで「テキストリンク」とも呼ばれます。

適切なアンカーテキストの設置はクローラビリティやユーザビリティを高め、より質の高いサイト・コンテンツにつながることから、SEO効果が見込まれます。

この記事では、アンカーテキストの概要から作り方、SEO効果について詳しく解説します。

目次

アンカーテキストとは?

アンカーテキストとは、リンク先の内容が簡潔に書かれたリンクが設定されているテキストのことで、「テキストリンク」とも呼ばれます。アンカーテキストは以下のように記述します。

<a href=”○○”>△△</a>
○○:ページのURL△△:テキスト

アンカーテキストは読者にクリックを促し、かつリンク後に読者が戸惑いを感じないテキストにする必要があります。

したがってアンカーテキストを書く際には、リンク先の内容を簡潔に伝え、なおかつ読者がクリックしたくなるテキストの記載を心がけましょう。

読者の気を引こうと、キーワードを多用するとかえって読みにくくなり、自然なクリックにつながらず、サイトの順位にも悪影響を与える恐れがあります。

アンカーテキストの役割

アンカーテキストには、読者や検索エンジンにリンク先の内容を簡潔に伝える役割があります。

例えば「Googleサーチコンソールの使用方法」を説明した記事のリンクを設定する場合、アンカーテキストには「Googleサーチコンソールの詳しい使用方法はこちら」と記載すると良いでしょう。

この際「詳しくはこちら」などと曖昧な表現をアンカーテキストで記載すると、読者やクローラーにリンク先の内容がうまく伝わりにくいため、おすすめできません。

アンカーテキストにリンク先の内容を端的に伝えることで、読者は事前にリンク先の内容が把握でき、サイトの回遊率やユーザビリティ向上につながります。

さらにクローラーにもリンク先の内容が伝わりやすく、クローラビリティも高まるため、Googleの高評価にもつながりやすいといえます。

アンカーテキストのSEO効果

アンカーテキストは「内部リンク」と「外部被リンク」において、どのようなSEO効果があるのでしょうか。

内部リンク:回遊率が上がりページがインデックスされやすい

内部リンクとは、同一サイト内にある異なるページをつなぐリンクのことを指します。

クローラーはリンクを辿りページを巡回することが一般的であるため、アンカーテキストを設置することでサイト内の回遊率が上がり、インデックスされやすくなります。

外部被リンク:関連性の高いアンカーテキスト獲得によりGoogle高評価が期待できる

外部被リンクとは、外部サイトから自サイトへ向けられたリンクを指します。

外部被リンクの獲得はSEO効果が期待できるとされていますが、外部被リンクの質が重要であり、質の低い外部被リンクは逆効果につながる恐れがあります。

SEO効果が期待できるのは良質な外部被リンクであり、「ナチュラルリンク」と呼ばれています。ナチュラルリンクは外部サイトから自然に貼られたリンクのことを指し、具体的には以下のようなものがあります。

  • 自分の記事と関連性の高い記事からの外部被リンク
  • 他サイトからの外部被リンクが多いサイトからの外部被リンク
  • 月間のPV数が多いサイトからの外部被リンク
  • ドメインパワーの強いサイトからの外部被リンク

特にGoogleは、自サイト・コンテンツとの関連性が高いサイト・コンテンツからの外部被リンクを高く評価すると言われています。

反対に、質の低い外部被リンクとは「スパムリンク」と呼ばれ、以下のようなものがあります。

  • 自分の記事との関連性が低い記事からの外部被リンク
  • SEO効果のみを狙った不自然な外部被リンク
  • 購入して得た外部被リンク
  • 低品質なサイトからの外部被リンク

スパムリンクからの外部被リンクが増えると、自サイトも悪質なサイトだと思われ、Googleの評価が下がる傾向にあるため注意しましょう。

アンカーテキスト設置時のポイント

SEO効果を高めるために、アンカーテキスト設置時のポイントを4点紹介します。

リンク先の内容を確認する

アンカーテキストを設定する際は、アンカーテキストとリンク先の内容が一致しているかを確認しましょう。

アンカーテキストとリンク先のページが全く違う内容だった場合、読者は欲しい情報が得られずに直帰する可能性が高くなります。

クローラーにおいても、アンカーテキストとリンク先の内容が異なる内容であればそのリンクを「関連性の低いリンク」と認識し、場合によっては「品質の低いリンク」としてGoogleから低評価を受ける恐れがあります。

起こりがちなミスですが、サイトの信頼性にもつながるため、公開前の確認をおすすめします。

キーワードを含めた簡潔な記載を心がける

クローラビリティやユーザビリティを高めるためにも、アンカーテキストは長くても50文字程度に留め、できるだけ簡潔な記載を心がけましょう。

アンカーテキストの文字数に関して、明確な決まりはありませんが、長すぎると読みにくく、クローラーが正しくアンカーテキストの内容をくみ取ってくれない可能性もでてきます。

画像のリンクではalt属性を書く

画像にリンクを設定する場合は、alt(オルト)属性を使用しましょう。

画像にリンクを設定し、alt属性で正しいリンク先のテキストを書くことで、アンカーテキストと同じ効果が得られます。alt属性のコードは以下の通りです。

<img src= “○○”  alt=”△△”>
○○:画像ファイル名(「cat.png」など)△△:テキスト

URLの記述はしない

アンカーテキストは、リンク先の内容を読者とクローラーにわかりやすく伝えるものです。

よってURLを記述すると、リンク先の内容が分かりにくくなり、ユーザビリティやクローラビリティの低下につながる可能性があります。

ただし新しく作成したサイトのURLを宣伝する場合など、サイトの主要なURLを提示したい場合は、アンカーテキストにURLを記述した方が望ましいでしょう。

アンカーテキストが確認できるツール4種

最後にアンカーテキストが確認できる、4種類のツールを紹介します。無料で確認できるツールもありますので、この機会に内・外部リンクそれぞれのアンカーテキストを確認しましょう。

Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソールでは、内部リンクにおけるアンカーテキストを確認することが可能です。確認手順は以下の通りです。

<内部リンクのアンカーテキストを確認する方法>

  1. Googleサーチコンソールにログインする
  2. 左側にある「リンク」をクリックする
  3. 「内部リンク」に表示されたURLから、確認したいページのURLをクリックし、リンク元ページを開く
  4. 画面上で右クリックを行い、「ページのソースを表示」を選ぶ
  5. 【Ctrl】+【F】のキーを押し、リンク先ページのURLを検索する
  6. <a>タグ(<a href=”○○/”>△△</a>)で設定されている△△の部分を確認する

ANATOMY(アナトミー)

ANATOMY(アナトミー)は、SEO分析とアクセス解析が横断的に分析できるSEO分析ツールです。

ANATOMY(アナトミー)では内部リンクと、自サイトから他サイトへのリンク(外部発リンク)が確認できます。アンカーテキストの確認方法は以下の通りです。

<内部・外部発リンクのアンカーテキストを確認する方法>

  1. ホーム上部にある「LINK」アイコンをクリックする
  2. 確認したいページのタイトルをクリックする
  3. 分析パネルの左・右側でアンカーテキストを確認する

(左側:内部リンク、右側:外部発リンク)

ANATOMY(アナトミー)は月額10,000円~の有料ツールで、具体的な料金体系は以下の通りです。またコンサルティング・サービス(月額25万円〜)では、より手厚いサポートが受けられます。

<ANATOMY(アナトミー)の料金(スキルアップ支援・アナトミーツール料金)>

100URL分析月4万円(税別)
スモールビジネス版月1万円(税別)
プロ・アドバイス月5万円(税別)
技術サポート月1万円(税別)

ohotuku.jp

ohotuku.jpは、内部リンクのアンカーテキストを確認できる無料ツールです。

  1. トップページのURL記入欄に、内部リンクのアンカーテキストを知りたいページのURLを入力する
  2. 「チェックする」のボタンを押す

以上の手順で、リンク先のURLとアンカーテキストの一覧が簡単に抽出できます。

hanasakigani.jp

hanasagigani.jpは、自身のサイトの被リンクをチェックできる無料ツールです。使用方法は以下の通りです。

  1. トップページにある「マイサイトのURL」の欄に、調べたいサイトのURLを入力する
  2. 「チェックする」のボタンを押す

URLを入力しクリックすると、被リンク数(ドメイン数)や、被リンクを受けているサイトに記載されているアンカーテキストが確認できます。

アンカーテキストを活用し内外部リンクの最適化を図ろう

ここまでアンカーテキストの概要からSEO効果、設置時のポイントを解説しました。

アンカーテキストだけでは大幅なSEO効果は期待できませんが、適切な活用により内・外部リンクの最適化が図られ、ユーザビリティやクローラビリティの向上が期待できます。

その結果、サイトやコンテンツの質が上がり、サイトの高評価にもつながりやすいでしょう。

ぜひこの記事を参考に、適切なアンカーテキストを作成し、自サイト・コンテンツの質を高めましょう。

NYマーケティング株式会社では、「SEO対策」の初回無料相談を承っております。ホームページのお問い合わせからお送りいただくか、seo@ny-marketing.co.jp、もしくはhttps://lin.ee/o5wFpsM までご連絡ください。
『ポータルサイト』『ECサイト』などのデータベース型SEOは中川にお任せください!!

↓↓SEOハンドブックを無料プレゼント中!!

あわせて読みたい
被リンク営業、被リンク獲得方法【実用・実践編】 SEO対策をする上で被リンクは最も重要です。 SEO対策の相談が最近多くなり、チームでナレッジを共有するため、改めて最新の被リンク獲得方法や被リンク営業先をまとめま...
あわせて読みたい
SEO対策の費用相場を早見表つきで解説|費用対効果を上げるためのポイント ひとくちに「SEO対策」といっても、施策の内容やSEO対策会社によってかかる費用はさまざまです。いざSEO対策を依頼しようと思っても、会社によって対策内容や費用が大き...
あわせて読みたい
オウンドメディアの成功事例10選|SEOのプロが厳選【2022年最新版】 見込み客のリードを獲得したり、採用を成功させたりする方法の一つとして、オウンドメディア運用があります。 オウンドメディアを運用することで、自社のブランディング...

↓ Youtubeもぜひご覧ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

SEO歴13年、過去に月間1億PVまでWebサイトをグロース。ポータルサイトSEO、コンテンツマーケティングSEOなど、幅広いジャンルの順位UP・売上UP実績が豊富。YoutubeでSEO動画を大量配信中。

目次
閉じる