指名検索で表示されない場合の対処法

サービス名や企業名の指名検索で、自社サイトが表示されないというトラブルが稀にあります。

原因としては以下の2つが考えられます。

・一般的な固有名詞と同じ名前で埋もれてしまう
・Web上での認知が低すぎてGoogleに評価されていない

目次

一般的な固有名詞と同じ名前で埋もれてしまう

極端な例ですが「株式会社アップル」という会社があったとします。

もちろん「アップル」と検索するとiPhoneのApple社や車買取のアップルが出てくるため、「株式会社アップル」の情報は一切出てきません。

会社を設立する際に、ゆくゆく会社名での検索がユーザーによって行われるのであれば、固有名詞は絶対に避け、さらに他と被らない会社名にしましょう。

Webサービスやメディアを立ち上げる場合も同じです。指名検索で流入を稼ぐことは、SEO対策でとても重要なことです。わざわざ指名検索をしてくれているのに流入を取りこぼすと、ビジネスチャンスも取りこぼしてしまいます。

今の時代、会社名やサービス名を決める際は、Webマーケティングの視点からも考えないといけないということですね。

Web上での認知が低すぎてGoogleに評価されていない

会社のホームページを作って、「会社名で検索してもウチのサイトが出てこないんだけど」という話をたまに聞きます。

こういったケースは往々にして、ただサイトを作っただけで、作れば検索でヒットすると勘違いされています。

めちゃくちゃユニークな名前でほかと被りようがなければ、作って数週間もすれば1位になるかもしれません。

ただほとんどの場合、近しい名前のサイトやSNSのページが上位に表示され、中々1位になれない事態に陥ります。

ではどうすればよいか、

・SNSを会社名で運用してHPにリンクを貼る
・関連会社のHPで紹介してもらいリンクを貼ってもらう
・Yahoo知恵袋で自作自演でHPへのリンクを貼る
・(無料or有料の)求人サイトに登録してHPへのリンクを貼ってもらう

これら以外にも方法はあると思いますが、要するにWeb上で会社の存在を広める活動をおこない、HPにリンクを集めることです。リンクはできればアンカーテキストに会社名を入れてもらいましょう。

おわり

NYマーケティング株式会社では、「SEO対策」の初回無料相談を承っております。ホームページのお問い合わせからお送りいただくか、nakagawa.yuuki.2020@gmail.com、もしくはLINE公式までご連絡ください。
『ポータルサイト』『ECサイト』などのデータベース型SEOは中川にお任せください!!

↓↓SEOハンドブックを無料プレゼント中!!

↓ SEO対策に関する記事を更新しています。トラブル時の逆引きになれば幸いです。

あわせて読みたい
【実用・実践編】被リンク獲得手法、被リンク営業先のサイトまとめ SEO対策をする上で被リンクは最も重要です。 SEO対策の相談が最近多くなり、チームでナレッジを共有するため、改めて最新の被リンク獲得手法や被リンク営業先をまとめま...

↓ Youtubeもぜひご覧ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

NYマーケティング株式会社・代表取締役 中川裕貴
Webマーケティング歴13年、SEOの実績多数。ポータルサイトSEO、コンテンツマーケティングSEOなど、幅広いジャンルのコンサルティング経験が豊富。
SEO以外にもWebマーケティングの全体戦略設計から、SNSマーケ、MA設計、広告運用などWebマーケティング全般のご支援が可能です。

コメント

コメントする

目次
閉じる