【無料SEOツール16選】検索順位やキーワード選定、内部・外部対策におすすめ

SEO対策はサイトのアクセス分析への流入把握や、キーワード選定など、着手すべきことがたくさんあります。

そこで便利なのがSEOツールの活用です。SEOツールには無料でも便利で優秀なツールが多くあります。

本記事では、検索順位分析やキーワード選定、内部・外部対策などにおすすめな無料SEOツールを16点紹介します。

目次

SEOツールとは

SEOツールとは、SEO対策に必要なデータ分析や調査、自サイトの改善が行えるツールのことです。

SEOツールの種類は以下のようにさまざまなものがあります。

  • 検索順位分析ツール
  • キーワード選定ツール
  • 内部・外部対策ツール

SEOツールを使えば、データ分析や必要情報の収集が容易になり、SEO施策を効果的に行いやすくなるでしょう。

【必須】Googleが提供するSEOツール

まずは自サイトの現状把握に必要不可欠な、Googleが提供する2種類の無料ツールを紹介します。

Google サーチコンソール

Google サーチコンソールは、Googleが提供するインターネット検索の分析ツールです。

ユーザーがサイト訪問前の行動を把握できる点が特徴で、主に以下4つの機能があります。

  • サイト・ページごとの検索キーワード把握(表示回数やクリック数・クリック率・検索順位)
  • ページに存在する問題点の把握(URL検査ツール)
  • サイトが抱えるセキュリティ問題や手動ペナルティ状況の把握
  • 外部リンク・内部リンクの状況

Google アナリティクス

Google アナリティクスは、Googleが提供しているアクセス解析ツールです。ユーザーがサイトに訪問した後の動きを把握する際に活用します。

ユーザー属性や流入経路、ページの流入数や離脱率、使用デバイスなどのアクセスデータの計測や解析が行えます。

検索順位チェックツール

検索順位ツールは、自サイトや各コンテンツが検索結果の何位に表示されているかを調査するツールです。有料ツールが多いですが、今回は無料で使える便利なツールを紹介します。

SEOチェキ!

SEOチェキ!は、無料で使えるSEOに便利な5つのツールが備わっています。

その中でも検索順位チェックでは、GoogleとYahoo!の検索順位が確認できます。(Yahoo!の順位チェックは10位まで)URL1つにつき、3つのキーワードまで指定が可能です。

他にもURLを入力するだけでSEOデータを一括取得できるサイトSEOチェックや、キーワード出現頻度を確認するツールもあります。

検索順位チェックとサイトSEOチェックでは、1IPアドレスあたり200回/日までと利用制限があるため注意しましょう。

GRC

GRCはPCに直接に直接インストール(*)して、登録したサイトやキーワードの検索順位をリサーチできるツールです。

順位推移をグラフで確認できるため、各キーワードの順位獲得状況が把握しやすいのが特徴です。無料版では登録できるURLは3つ、キーワードは10個までに制限されています。

(*)Windowsは直接インストールするだけで使用可能ですが、Macは直接インストールするだけでは利用できず、アプリをインストールするなど所定の方法を取る必要があります。

Serposcope

Serposcopeは、インストール型の検索順位チェックツールです。WindowsだけでなくMac、Linuxにも対応しています。

無料ながら計測サイトやキーワードを無制限に登録できるため、利便性が高いツールだと言えます。あらかじめ計測時間を設定しておくと、自動で検索順位の計測が開始される機能も備わっています。

検索順位チェッカー

検索順位チェッカーは、URLとキーワードを入力して検索順位を調べられるツールです。

代表的な検索エンジン(Google・Yahoo!、Bing)における検索順位を 一度に5つのキーワードまで同時にチェック可能です。PC・スマホ両方の検索順位が確認できます。

キーワード選定ツール

キーワード選定ツールは、コンテンツ制作時にSEOで上位表示が狙えるキーワードや、トレンドキーワードの把握に有用です。

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーは、Google広告(旧Googleアドワーズ)に付随する、キーワード調査・選定ツールです。

キーワードごとの競合性や月間検索ボリュームが分かります。Google広告を運用していない場合は、詳しい検索ボリュームは表示されませんが、大まかな傾向は掴めるでしょう。

Google トレンド

Google トレンドは、検索ボリュームの推移や、急上昇ワードが確認できるツールです。トレンドの把握やキーワードごとの需要を調べるのに便利です。

キーワード単体の人気度動向や関連キーワードの把握以外にも、2つ以上のキーワードを比較することも可能です。

またメールアドレスを登録し、急上昇ワードやチェックしたいキーワード・トピックを指定すると、メールでこれらの動向通知が届くようになります。

UberSuggest

UberSuggestはG検索キーワードの検索ボリュームやCPC、ウェブサイトの分析などを行える無料キーワード提案ツールです。

トップページからドメインもしくはキーワードを入力すると、検索ボリューム数やSEO難易度、有料難易度、CPCUが表示されます。他にも関連キーワードやコンテンツ候補の取得も可能です。

無料版では1日に3回までデイリー無料検索が行えます。

ラッコキーワード

ラッコキーワードは検索キーワードのサジェストキーワードや共起語の取得、見出し抽出が行えるツールです。検索意図やニーズ把握が効率的に行えます。

無料版では以下のように使える機能と回数が設定されています。

  • 各種キーワード調査:合計1日50回/日
  • 見出し抽出/共起語取得:合計15回/日
  • 上記機能全般の利用:合計65回/日(IP単位)

有料版では1日の上限回数が増えるほか、月間検索数も取得できるようになります。

コピペチェックツール

コピーコンテンツはGoogleからの低評価はおろか、著作権違反に該当する恐れがあります。コンテンツを投稿する前は、必ずコピーコンテンツでないかチェックしましょう。

CopyContentDetector

CopyContentDetectorは1回につき4,000文字までの文章のコピペを確認できるツールです。

他のコンテンツとの類似度や一致率を測る項目と、これまで確認したテキストとの類似度を測る項目の3つが判定できます。

1日の上限回数に制限がなく、処理速度が早いため、非常に便利なツールです。

こぴらん

こぴらんは無料の簡易コピペチェックツールです。25〜4,000文字の文章を一度にチェックでき、1日の回数制限も設けられていません。

調べたい文章を入力しチェックを押すと、文章ごとに類似数が表示される仕組みです。文章が他のコンテンツとそのまま一致している場合、類似数が表示されます。

ただし助詞や文末表現を変更した場合は類似数に反映されないため、より精度の高いコピペチェックと合わせて行うことをお勧めします。

内部対策ツール

内部対策は、サイト全体のHTMLタグや画像・リンク、テキストといったサイト内部の構造を改善し、クローラビリティとユーザビリティ向上を目指す施策のことを指します。内部対策で有用なツールは以下の3点です。

Lighthouse

LighthouseはWebアプリの監査を行うツールです。Chrome拡張機能もしくはコマンドラインから使用可能です。

ウェブページの品質改善の指針を以下5項目でチェックし、スコアリングを行います。

  • Performance
  • Progressive Web App
  • Accessibility
  • Best Practice
  • SEO

Pagespeed Insights

Pagespeed Insightsは、Googleが提供しているページスピードを調査するツールです。

サイトURLを入力すると、PCとモバイルそれぞれの表示速度や、パフォーマンスの問題診断の結果が把握できます。

外部対策ツール

外部対策とは、他サイトやユーザーからの評価を高める施策を指し、特に被リンク獲得が代表的な施策です。

ツールを利用することで、自サイトや競合サイトの被リンク状況が確認でき、自サイトの改善に役立てられます。

hanasakigani(マイサイト・競合サイト被リンクチェック)

hanasakigani(マイサイト・競合サイト被リンクチェック)は、自サイトと競合サイトの被リンク状況を無料で確認できるツールです。

マイサイト被リンクチェックツールでは、自サイトの被リンク数やドメイン数、被リンク情報の詳細が把握できます。

競合被リンクチェックツールでは、キーワードとサイトを入力すると、該当キーワードにおける上位ページの被リンク数と、該当サイトの外部被リンク数等のチェックが可能です。

リンクチェッカー

リンクチェッカーは、サイト内のリンク切れを確認できるツールです。サイトのURLを入力すると、サイト全体のリンク切れが簡単に確認できます。

リンク切れのページがあると、ユーザーの利便性やクローラービリティの低下を招くため、定期的にサイト状況を確認しましょう。

無料ツールを活用して効果的なSEO対策を!

ここまでSEO施策を行う上で役立つ、無料で使えるSEOツールを紹介しました。

一口にSEOといっても、内部対策や外部対策、コンテンツSEOなど、やるべきことは多岐に渡ります。用途に応じて、必要なツールを活用しましょう。

あわせて読みたい
SEO対策でよく使うツール(無料・有料) SEO対策の業務をする上で、よく使うツールを一覧にして紹介したいと思います。 【無料ツール】Google Search Console[呼称:サーチコンソール、サチコ]Google Analyti...

NYマーケティング株式会社では、「SEO対策」の初回無料相談を承っております。ホームページのお問い合わせからお送りいただくか、seo@ny-marketing.co.jp、もしくはhttps://lin.ee/o5wFpsM までご連絡ください。
『ポータルサイト』『ECサイト』などのデータベース型SEOは中川にお任せください!!

↓↓SEOハンドブックを無料プレゼント中!!

あわせて読みたい
被リンク営業、被リンク獲得方法【実用・実践編】 SEO対策をする上で被リンクは最も重要です。 SEO対策の相談が最近多くなり、チームでナレッジを共有するため、改めて最新の被リンク獲得方法や被リンク営業先をまとめま...
あわせて読みたい
SEO対策の費用相場を早見表つきで解説|費用対効果を上げるためのポイント ひとくちに「SEO対策」といっても、施策の内容やSEO対策会社によってかかる費用はさまざまです。いざSEO対策を依頼しようと思っても、会社によって対策内容や費用が大き...
あわせて読みたい
オウンドメディアの成功事例10選|SEOのプロが厳選【2022年最新版】 見込み客のリードを獲得したり、採用を成功させたりする方法の一つとして、オウンドメディア運用があります。 オウンドメディアを運用することで、自社のブランディング...

↓ Youtubeもぜひご覧ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

SEO歴13年、過去に月間1億PVまでWebサイトをグロース。ポータルサイトSEO、コンテンツマーケティングSEOなど、幅広いジャンルの順位UP・売上UP実績が豊富。YoutubeでSEO動画を大量配信中。

目次
閉じる