URLパラメータツールで重複コンテンツを制御

URLパラメータツールという言葉が聞き慣れない方の方が多いと思います。

旧サーチコンソールに搭載されていたツールで、現在でもURLを直で叩けば開けて使用可能です。

↓↓URLパラメータに関するGoogleのヘルプページはこちら

ヘルプに記載されている使用要件
サイトが以下の要件をすべて満たしている場合にのみ、URL パラメータ ツールの使用をおすすめします。
・サイトのページ数が 1,000 を超えていること、および
・URL パラメータのみが異なる大量の重複ページ(たとえば: example.com?product=green_dress と example.com?type=dress&color=green)が Googlebot によってインデックス登録されているのがログに残っていること

目次

URLパラメータツールは重複コンテンツのクロールをブロックする

ポータルサイトやECサイトなどの比較的大規模なWebサイトの場合、さまざまな検索機能がついています。

以前こちらの記事でも解説しましたが、例えば食べログでは検索項目に「エリア」「ジャンル」「こだわり」「料金」などがあります。

名古屋のイタリアンのお店を料金で絞り込んだ時、「1000円~」と「2000円~」で内容に差異はあるでしょうか?

実際にそんな検索はユーザーはしませんが、検索機能として存在してしまうため、結果的に重複ページになってしまいます。(実際に食べログは他の方法で対策済みだが)

こういったときに、URLパラメータツールを使い、料金のパラメータ(?price=1000)を除外する設定をすれば、このパラメータがついているURLをGoogleはクロールしなくなります。

↓ 登録画面はこちら

1.パラメータ名を入力
2.「はい:ページコンテンツを変更、並び替え、または絞り込みます」を選択
3.「クロールしない」を選択

これだけの設定で、「price」というパラメータが付くURLを、Googleはクロールしなくなります。

canonicalとかnoindexの設計も必要ですが、そもそもURLパラメータツールでこの設定をしておけば、かなり楽になることはわかりますよね。

NYマーケティング株式会社では、「SEO対策」の初回無料相談を承っております。ホームページのお問い合わせからお送りいただくか、nakagawa.yuuki.2020@gmail.com、もしくはLINE公式までご連絡ください。
『ポータルサイト』『ECサイト』などのデータベース型SEOは中川にお任せください!!

↓ SEO対策に関する記事を更新しています。トラブル時の逆引きになれば幸いです。

あわせて読みたい
【実用・実践編】被リンク獲得手法、被リンク営業先のサイトまとめ SEO対策をする上で被リンクは最も重要です。 SEO対策の相談が最近多くなり、チームでナレッジを共有するため、改めて最新の被リンク獲得手法や被リンク営業先をまとめま...

↓ Youtubeもぜひご覧ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

NYマーケティング株式会社・代表取締役 中川裕貴
Webマーケティング歴13年、SEOの実績多数。ポータルサイトSEO、コンテンツマーケティングSEOなど、幅広いジャンルのコンサルティング経験が豊富。
SEO以外にもWebマーケティングの全体戦略設計から、SNSマーケ、MA設計、広告運用などWebマーケティング全般のご支援が可能です。

コメント

コメントする

目次
閉じる