「site:」で不要なページのインデックスを検知する

中規模~大規模サイトのSEOを担当している人は知っておいた方がよい技です。

「site:」は、Googleのインデックス状況を把握することができ、「site:URL」のURL以下のページのインデックス状況をチェックできます。

site:https://note.com/engineer_nnn とすると、自分のnoteの投稿がちゃんとインデックスされているか確認できます。

目次

不要なページの存在はSEOでかなりマイナス

不要なページってなんでしょう?ワードプレスでコンテンツSEOをやっている場合はそれほど不要なページは出てきませんが、中規模~大規模のWebサービスの場合は気付かない内に古い不要なページが存在してしまうことがあります。

何年も同じWebサービスを運用して担当者が変わったりしていると、古いページの存在を忘れ、気付かぬうちにゴミページが残ったりしますよね。(仕様書でガチガチに管理されていれば別ですが)

当たり前ですが古いページの存在に気づかなければ、そのまま放置され負の遺産となってしまいます。負の遺産は重複ページにもなり兼ねないためSEO的にとても危険です。

気付いた時にはあるキーワードの検索順位が下がっている…なんてこともあります。

「site:URL キーワード」で不要ページを検知する

「site:URL」だけだと、そのURL配下でインデックスされているページが表示されますが、キーワードをプラスするとそのURL配下でキーワードマッチするページが表示されます。

site:tabelog.com 名古屋 イタリアン
こう検索すると、tabelog.comの中で「名古屋 イタリアン」の検索ができます。

食べログの場合はページ数が多すぎるため不要ページを見つけるのは困難ですが、ここまで大きすぎるサイトで無ければ、Google検索結果の5ページ目以降くらいから不要なページが現れる場合があります。(もっと後ろのページの場合もある)

上位のページには「名古屋 イタリアン」で本当に表示したいページが順に表示されますが、不要ページが存在する場合には後ろの方のページに表示されます。

「(デザインがめちゃめちゃに崩れている昔のページを発見し)こんなページがあったんだ」とか「タイトルが重複してるページがあるじゃん」「タイトルが設定されていなくてサイト名のみになっている」など、site:を使えばそれらを発見できます。

ちなみにサーチコンソールでは重複ページやタイトルが設定されていないページは検出されますが、古い不要なページは検出できないため、site:を使う必要があります。

まとめ

キーワードの検索順位が下がった場合、被リンクの減少(外部要因)、コンテンツの評価が下がる(内部要因)など色々考えられますが、原因究明に行き詰まった場合はsite:で不要ページを探してみても良いかもしれませんね。

NYマーケティング株式会社では、「SEO対策」の初回無料相談を承っております。ホームページのお問い合わせからお送りいただくか、nakagawa.yuuki.2020@gmail.com、もしくはLINE公式までご連絡ください。
『ポータルサイト』『ECサイト』などのデータベース型SEOは中川にお任せください!!

↓ SEO対策に関する記事を更新しています。トラブル時の逆引きになれば幸いです。

あわせて読みたい
【実用・実践編】被リンク獲得手法、被リンク営業先のサイトまとめ SEO対策をする上で被リンクは最も重要です。 SEO対策の相談が最近多くなり、チームでナレッジを共有するため、改めて最新の被リンク獲得手法や被リンク営業先をまとめま...

↓ Youtubeもぜひご覧ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

NYマーケティング株式会社・代表取締役 中川裕貴
Webマーケティング歴13年、SEOの実績多数。ポータルサイトSEO、コンテンツマーケティングSEOなど、幅広いジャンルのコンサルティング経験が豊富。
SEO以外にもWebマーケティングの全体戦略設計から、SNSマーケ、MA設計、広告運用などWebマーケティング全般のご支援が可能です。

コメント

コメントする

目次
閉じる