サイトを作ったらXMLサイトマップをサーチコンソールに必ず送ろう

SEOにちょっと詳しい人なら当たり前の話題かもしれませんが、意外とサーチコンソールでXMLサイトマップを送っていない人がいます。

XMLサイトマップは、Googleに『ウチのサイトはこういうページがあって、このページが重要だから重点的に見てね~』って伝える手段です。

XMLサイトマップを送らなくても、Googleはサイトをクロールしにきてくれますが、XMLサイトマップを送った方がGoogleに対して親切なので絶対に送るようにしましょう。

▽内部対策について重要な記事
SEO内部施策・内部対策 ECサイトのSEO対策 ポータルサイトのSEO対策

目次

ワードプレスの場合のXMLサイトマップ

個人的に使っているプラグインは「Google XML Sitemaps」です。

これでシンプルなXMLサイトマップを作ってくれるので、あとはサーチコンソールに登録するだけです。

CMSで作ったサイトの場合

大抵のCMSはXMLサイトマップが用意されているはずですので、そのURLをサーチコンソールに送ってください。

フルスクラッチで作ったサイトの場合

このパターンが一番厄介であり、カスタマイズができるのでうまく設計できればプラスに作用します。

大規模なサイトであればあるほど設計が重要になります。サイト内でも重要なページ、そうでないページがあるため、XMLサイトマップを設計に沿って作成しましょう。

大規模なポータルサイトやECサイトの場合、正しくXMLサイトマップを作成することでGoogleのクロールが効率化されます。プラスの面では検索順位の向上、マイナスを排除するという面ではクロールバジェット対策になります。

※XMLサイトマップは、1ファイルにつき50,000URLが上限になりますので、URLの詰め込みすぎには注意です。

XMLサイトマップで送ったURLがインデックスされない場合

この原因は、Googleがそのページをインデックスする価値がないと判断している場合がほとんどです。(間違ってnoindex入れてしまっているケースもあるが)

サーチコンソールのカバレッジを見れば、そのページがなぜインデックスされていないのか確認できます。

重複ページになっている、canonicalで別ページを指定している、コンテンツ量が少なすぎる、などの原因を特定して改善しましょう。

あわせて読みたい
XMLサイトマップの送信で低品質ページの把握ができる 以前、低品質ページの見つけ方の記事を書きましたが、XMLサイトマップを設定しておけば、より見つけやすく便利になります。 XMLサイトマップはGoogleにインデックス登録...

▼おすすめ記事集

あわせて読みたい
【ECサイトSEO対策完全マニュアル】キーワード調査からカテゴリ設計まで 「ECサイトを自社で運営しているがSEO対策がうまくいっていない」「これからECサイトを立ち上げる予定だがSEOで何をしたらいいかわからない」 そんなお悩みを持っている...
あわせて読みたい
【ポータルサイトのSEO対策】イチから作るときのサイト設計方法と戦略策定方法 ラーメン屋を探すポータルサイトを例にして考えます。ポータルサイトをイチから作るときには、SEO対策を大前提として設計や戦略を構築していく必要があります。 ポータ...
あわせて読みたい
自然な被リンク・外部リンクを増やす。被リンク分析とリンクビルディング戦略 2022年現在、被リンク(外部リンク)はSEOにおいて重要視されている項目の1つです。Google公式も、サイトを評価する上で被リンクを重要な指標としていることを明言して...
あわせて読みたい
被リンク営業、被リンク獲得方法【実用・実践編】 SEO対策をする上で被リンクは最も重要です。 SEO対策の相談が最近多くなり、チームでナレッジを共有するため、改めて最新の被リンク獲得方法や被リンク営業先をまとめま...
あわせて読みたい
検索意図を分類・分析し、上位表示を目指す方法【SEOノウハウ公開】 コンテンツSEOにおいて、ユーザーの検索意図を読み解き、ユーザーにとって満足感の高いコンテンツを作成することが至上命題です。 この記事では、検索意図の重要性、そ...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

SEO歴13年、過去に月間1億PVまでWebサイトをグロース。ポータルサイトSEO、コンテンツマーケティングSEOなど、幅広いジャンルの順位UP・売上UP実績が豊富。YoutubeでSEO動画を大量配信中。『オリジナルSEOハンドブック【無料】』を配布中!!

目次
閉じる