【ECサイトSEO対策完全マニュアル】SEOに強いECサイトを作るには

「ECサイトを自社で運営しているがSEO対策がうまくいっていない」「これからECサイトを立ち上げる予定だがSEOで何をしたらいいかわからない」

そんなお悩みを持っている方々のために、ECサイトでやるべきSEO対策についてまとめました。

ネットで買い物をすることがより当たり前になってきた昨今、ECサイト業界でも競争が激化しています。広告を使って集客することも可能ですが、SEO対策によってコストのかからない自然検索からの流入を得ることは必至です。

競合サイトが強い業界では正しいSEO対策をして順位を維持するべきですし、競合サイトが少ない業界ではSEO対策で一気に流入を稼ぐチャンスです。

この記事では、基本的なSEO対策からECサイト特有のSEO対策、競合に差をつけるためのコンテンツマーケティングについて解説していきます。

SEO対策は、うまくはまれば長期的に大きな利益をもたらしてくれます。やることはかなり多いですが、1つ1つ着実に改善して強いECサイトを作っていきましょう。

目次

ECサイトにSEO対策が重要になっている理由

経済産業省が2021年に発表したデータでは、2019年までEC市場は右肩上がり、2020年は全体は横ばいでしたが、物販系のECサイトは非常に伸びています。各業界でのEC参入が相次ぎ競合は激化、Web集客の強化は必至の様相になっています。

Web集客には広告やSNSの活用、SEO対策などさまざまありますが、ランニングコストがかからず見込み客を獲得できるSEO対策は最も重要と言えます。

逆に、SEO対策をしていないECサイトは自然検索からの流入が得られず広告費がかさみ、経営面でもWeb集客の面でも競合との差が広がっていく一方です。

ECサイトにとってのSEOとは

ECサイトにとってSEOとは、最も重要な集客手段です。ECサイトには商品をリスト化したカテゴリページ、商品単体のページが多数存在します。

このカテゴリページ、商品ページの数だけ自然検索から流入を得られるチャンスがあるため、適切にSEO対策をしていないと多くの機会を逃すことになります。

キーワード調査からカテゴリ設計、商品ラインナップを決める

ECサイトに関わらず、まずはSEO対策の基本となるキーワード調査を行い、その結果からカテゴリ設計、商品ページの設計を行います。

ユーザーが検索するキーワード=ユーザーの需要になるため、それに併せて適切にページ設計を行う必要があります。

キーワードプランナー、ラッコキーワードのツールでキーワード調査

自社ECで扱うジャンルで、商品名やカテゴリ名をキーワードツールを使って調査します。

Googleのキーワードプランナーは、最も正確に検索ボリュームを提示してくれるため必ず使用します。例えば「スニーカー」というキーワードが月に約何回検索されているかを正確に教えてくれます。

ラッコキーワードは、メインキーワードに対して関連するキーワードの情報を教えてくれます。「スニーカー」がメインキーワードに対して、「スニーカー メンズ」「スニーカー ナイキ」などの関連キーワードを教えてくれます。Googleキーワードプランナーにも同様の機能がありますが、ラッコキーワードの方がより幅広いキーワードを調べることができます。

カテゴリページのSEO対策

キーワード調査の結果からカテゴリページの設計を行います。スニーカーのECサイトを例にあげると、関連キーワードである「メンズ」「レディース」や「ナイキ」「フィラ」などのブランド、「白」「黒」などの色も検索需要があります。

ここで注意点があります。関連キーワードに出てきたからと言って、安易にすべてカテゴリ化してはいけません。関連キーワードのそれぞれの検索ボリュームをキーワードプランナーで調べて、一定数以上の検索ボリュームがあるもののみカテゴリ化しないといけません。

カテゴリページを増やしすぎると、本当に重要なページの評価が遅れたり下がったりするため、慎重に設計をする必要があります。

また、カテゴリ設計をした後に実際の商品登録をしたが、商品数が明らかに少ないカテゴリに関しては、後から非表示にすることも検討する必要があります。

カテゴリページのURLについて

カテゴリページのURLは、英字でそのカテゴリの意味を表し、できるだけ短いURLにしてください。

「/sneakers/mens」「/sneakers/nike」「/sneakers/black」などです。

商品ページのSEO対策

ECサイトは、商品ページが最も重要になります。どれだけユーザーが欲する商品を掲載しているかと、そのページの品質が非常に重要です。

テクニカルなSEOとして、商品ごとのオリジナル文章(紹介文)が重要になります。メーカー販売元の紹介文をそのままコピペして貼り付けるのはNGです。Googleのアルゴリズム的に、重複文章にはマイナス評価を与えられることがあるためです。商品数が多いECサイトですべての商品にオリジナル文章を作るのは大変でしょうが、できる限りオリジナルの紹介文を書いていきましょう。

商品ページの口コミの重要性

自社のスタッフでオリジナル紹介文を作るのは膨大な工数がかかりますが、ユーザーの協力をもとに口コミを生成していくことでオリジナルコンテンツが生まれます。

重複文章はマイナス評価があると上述しましたが、ページのほとんどが外部サイトと重複していることがNGということであり、別途オリジナルコンテンツがあればGoogleから評価されます。

商品情報などはメーカーのモノをそのまま使用し、口コミでオリジナルコンテンツを生成してGoogleから高い評価を挙げているのが「アットコスメ」です。圧倒的に口コミが多くなればGoogleから高い評価を得られますし、自動的にユーザーからも信頼・評価を得られます。

カテゴリページ、商品ページのタイトル・ディスクリプション設計

どんな種類のサイトのSEO対策でも基本となってくる、タイトル・ディスクリプションの設計をしていきましょう。

ECサイトのタイトル設計

カテゴリ名や商品名を先頭に配置し、ユーザーの検索キーワードに併せて設計していきます。余計なキーワードは入れてはいけません。

スニーカーの例であげれば、以下のようになります。

・ナイキのスニーカー |サイト名
・メンズスニーカー |サイト名
・黒色のスニーカー |サイト名

ECサイトのディスクリプション設計

ディスクリプションは検索順位に直接影響はしませんが、検索結果のCTRに影響してくるため、間接的にSEOに影響すると考えます。

Google検索結果のタイトルの下に表示される文章がディスクリプションにあたります。

ユーザーの目を引いてクリックしたくなるような魅力的な文章を設定しましょう。

関連するカテゴリ、商品ページを内部リンクでつなぐ

内部リンクはSEO対策で非常に重要になります。関連するページをリンクでつなぐことで、ページの評価を別ページに渡すことができますし、ユーザーの回遊性も向上します。

内部リンクを構築することで、そのサイト内の同一コンテンツの関連性をGoogleに伝えることができます。「メンズスニーカー」のページ同士を内部リンクでつなぐことで、「メンズスニーカー」のコンテンツが豊富にあることがGoogleに伝わり、「メンズスニーカー」の専門性が高いと高評価を獲得できます。

ECサイトの内部リンクは、「カテゴリ⇔カテゴリ」「カテゴリ⇔商品」「商品⇔商品」のそれぞれの関連するページを内部リンクでつなぎます。『この商品を買った人は、他にこんな商品を買っています』がまさにそれに当たります。

内部リンク構築の考え方として、Google評価も大事ですが、ユーザーの利便性を一番に考えましょう。ここにこのページへのリンクがあったらユーザービリティが向上するな…という発想のもと、内部リンクを構築していきましょう。

サーチコンソールで重複ページ、低品質ページを解消する

ECサイトはページ数が多くなる傾向があるため、運用フェーズでのSEO対策が重要になってきます。ページ数が多くなると、重複ページ、低品質ページが発生しやすくなり、Googleの評価を落とします。

また、CWV(コアウェブバイタル)の数値改善を怠っているサイトも多く見られるため、継続的なメンテナンスが必要です。

重複ページとは?発見方法と改善方法

SEOにおける重複ページとは、同じ内容のページが別URLで複数あることを言います。故意に同一内容のページを作ることは基本的にないため、気付かない内に重複ページが発生してしまっているということになります。

多くは、想定していないURLでアクセスが可能となってしまい、結果的に重複ページが出来上がってしまいます。以下がURL例です。

正)https://example.co.jp/mens/
誤)https://example.co.jp/mens/?seed=xxxxxxx
誤)https://example.co.jp/mens/seed=xxxxxx/

別の用途で設計したパラメータやディレクトリが付加されたURLがクロールされ、重複としてGoogleからアラートが来ることがあります。

重複アラートはサーチコンソールのカバレッジで確認することができるため、定期的にカバレッジを確認して重複を改善する必要があります。

改善方法としては、「robots.txtでパラメータ、ディレクトリをDisallowする」「ページにnoindexを入れる」「誤ったURLにアクセスした際に301リダイレクトで正しいURLに遷移させる」などの方法があります。このURLを正しい設計に改善することを「URL正規化」といいます。

低品質ページとは?発見方法と改善方法

SEOにおける低品質ページとは、コンテンツが少なくGoogleがインデックス登録に値しないと判断するページのことです。

ECサイトでは商品点数が多くなるため、商品の基本情報しか掲載していないページなど、低品質ページと判断されることがあります。上述した通り、オリジナルの紹介文や口コミを増やすなどして、オリジナルコンテンツを投入する必要があります。

低品質ページもサーチコンソールのカバレッジで確認することができるため、本来インデックス登録して欲しいページが低品質と判断されている場合は、コンテンツを増やして低品質と判断されないように工夫します。

CWVとは?改善方法

CWV(Core Web Vitals)とは、Googleが2020年にランキング要因として取り入れることを発表した指標です。よりよいユーザー体験を提供するために3つの指標(LCP、FID、CLS)が用意されています。

https://pagespeed.web.dev/

ページスピードインサイトで数値を確認することができ、そこで表示される改善点を地道につぶしていく必要があります。

モバイルフレンドリーに対応する

スマホなどのモバイル端末で、ユーザーが使いやすいようにサイト設計をする必要があります。今でこそレスポンシブデザインが当たり前になりましたが、モバイル対応していないサイトはスマホのGoogle検索で順位が低下します。

https://search.google.com/test/mobile-friendly?hl=ja

モバイルフレンドリーテストツールを使いチェックすることができるため、ECサイトのカテゴリ、商品ページがモバイルフレンドリーか確認してみましょう。

セキュリティ強化のためにSSL対応する

ECサイトでは決済時のクレジットカード情報や個人情報を扱うため、サイトのSSL対応は必ず行う必要があります。SSL対応の是非は、Googleがランキングのアルゴリズムにも取り入れていますし、ユーザーからの信頼性の面でも導入は必須と言えます。

ECサイト特有の構造化マークアップに対応する

構造化マークアップに対応しておくと、Google検索結果でリッチな情報で表示されます。ECサイト用のProductのマークアップを行うと、以下のようにGoogle検索結果で表示されることがあります。

これは必ず表示されるわけではなく、検索クエリによってこの枠自体が表示されないこともありますし、構造化マークアップをしていても自サイトが表示されないこともあります。

また、Googleは構造化マークアップのフィールドの中に固有商品IDの提供を推奨しています。商品個別に割り当てられた世界共通の番号(GTIN、SKU)を提供することで、Googleが正確に商品情報を認識することができます。

画像SEO対策のためにimgタグにalt属性をつける

ECサイトに掲載する商品の中には、ユーザーがGoogle画像検索で商品検索をするものが多くあります。そのため、画像SEO対策を行っていないと、画像検索からの流入を取りこぼしてしまう恐れがあります。

Google画像検索でヒットさせるためには、画像のimgタグのalt属性に、その商品の情報を入れます。基本的には商品名だけを入れればOKです。余計なものを入れることをGoogleは嫌いますから、商品名だけをシンプルに入れましょう。

シェアボタンをつけてSNSでのサイテーション対策

商品ページに各SNS、各ブログへのシェアボタンを配置することをお勧めします。配置することがSEO対策に直接繋がるということは一切ありませんが、SNS・ブログにシェアしてくれる人が増えることで、被リンクやサイテーション対策になり、中長期的なSEO対策になります。

ECサイトは情報量(商品数)がSEOの重要な評価指標

GoogleはECサイトの評価をするときに、情報量すなわち商品数を重要な評価指標とします。先の例で挙げたスニーカーの例で「スニーカー メンズ」と検索した場合、サイトごとのメンズスニーカーの掲載商品数が大きな指標となります。もちろんこれだけで順位は決まっていませんが、さまざまな指標の中の重要な1つと考えます。

これはGoogleのアルゴリズムだけによった考えではなく、ユーザー体験においても同様の考え方ができます。10個のメンズスニーカーを扱っているサイトより、100個の色んなバリエーションのスニーカーを扱っているサイトの方がユーザーは魅力的に感じます。

昨今のGoogleアルゴリズムはユーザー体験を最重要視しており、Google検索結果上でのユーザーの動きを順位決定のシグナルとしています。「Google検索結果からあるサイトに遷移したが、すぐにGoogle検索結果に戻り別のサイトに遷移、そこでスニーカーを購入して検索行動を終了した」場合、1つ目に遷移したサイトの評価は下がり、2つ目のサイトの評価は上がります。

このアルゴリズムからもわかるように、商品点数が少なくユーザーが魅力的に感じないと、ユーザー体験でマイナス評価が下り順位が下落するのです。

外部リンクを獲得するための戦略を構築

ECサイトのみに関わらず、SEO対策として外部リンクの獲得は最重要課題です。外部リンク獲得のための戦略策定方法はサイトによって千差万別のため、一概にこの手法が良いとは言えません。

手法としては大きく二つあります。「自ら営業をかけて外部リンクを貼ってもらう方法」と「自然に被リンクを貼ってもらえるようなコンテンツを制作する方法」です。

あわせて読みたい
SEO対策で被リンクを獲得し続けるにはコンテンツ設計が命 被リンクの重要性についての記事を書きましたが、今回は具体的に被リンクを獲得し続ける方法について書きたいと思います。 https://youtu.be/d8_MB3UUI9E 【アウトバウ...

ECサイトは記事制作でコンテンツマーケティングをするべき

ECサイトはカテゴリページ、商品ページがメインのコンテンツとなりますが、別軸でコンテンツマーケティングをすることも必須です。

その理由としては、カテゴリページ、商品ページで拾いきれないキーワードに対応するためです。スニーカーの例でいうと、「スニーカー 洗い方」「スニーカー 痛い 小指」などのロングテールキーワードです。

購買行動につながるキーワードについて記事を作成し、Googleから記事に流入をさせる。そこから商品ページやカテゴリページへのバナーを掲載しCVにつなげます。

このようなCVに繋がるロングテールキーワードは非常にたくさんあります。なるべく競合が少ないキーワードを見つけ記事を制作していきましょう。

コンテンツマーケティングをする上で必ず守って欲しいことは、ECサイトのドメインのサブディレクトリでメディアを構築することです。サブディレクトリで構築することで、ECサイトのドメインの評価をそのまま受け継ぐことができ、早期に記事の上位表示が可能になります。

ECサイトSEOのご相談はNYマーケティングまで

NYマーケティングの代表でありSEOコンサルタントの中川は、ポケパラという巨大ポータルサイトの構築とSEO対策の実績があります。その他、ポータルサイト・ECサイトのSEO対策の経験が豊富なため、ECサイトのSEO対策を成功させて売上UPを目指している方は、お気軽に弊社までご相談ください。

NYマーケティング株式会社では、「SEO対策」の初回無料相談を承っております。ホームページのお問い合わせからお送りいただくか、seo@ny-marketing.co.jp、もしくはhttps://lin.ee/o5wFpsM までご連絡ください。
『ポータルサイト』『ECサイト』などのデータベース型SEOは中川にお任せください!!

↓↓SEOハンドブックを無料プレゼント中!!

あわせて読みたい
被リンク営業、被リンク獲得方法【実用・実践編】 SEO対策をする上で被リンクは最も重要です。 SEO対策の相談が最近多くなり、チームでナレッジを共有するため、改めて最新の被リンク獲得方法や被リンク営業先をまとめま...
あわせて読みたい
SEO対策の費用相場を早見表つきで解説|費用対効果を上げるためのポイント ひとくちに「SEO対策」といっても、施策の内容やSEO対策会社によってかかる費用はさまざまです。いざSEO対策を依頼しようと思っても、会社によって対策内容や費用が大き...
あわせて読みたい
オウンドメディアの成功事例10選|SEOのプロが厳選【2022年最新版】 見込み客のリードを獲得したり、採用を成功させたりする方法の一つとして、オウンドメディア運用があります。 オウンドメディアを運用することで、自社のブランディング...

↓ Youtubeもぜひご覧ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

SEO歴13年、過去に月間1億PVまでWebサイトをグロース。ポータルサイトSEO、コンテンツマーケティングSEOなど、幅広いジャンルの順位UP・売上UP実績が豊富。YoutubeでSEO動画を大量配信中。

目次
閉じる