SEOがマーケティングに重要な理由を簡単に解説|対策手法やポイントも紹介

SEOは、Webマーケティングにおいて重要な施策の一つです。自社コンテンツやサービスをアピールするのに効果的で、うまく活用できれば多くのユーザー流入が期待できます。

しかし、SEOがマーケティングになぜ重要なのかが分かっておらず、どう活用すればいいか悩む人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、SEOがマーケティングに重要な理由や対策手法、覚えておくべきポイントを紹介します。

この記事で分かること
・SEOとWebマーケティングの関係性
・SEOの対策手法と活用のポイント
・SEOとコンテンツマーケティングの違いについて

こんな人におすすめの記事です
・SEO対策がうまくいかずに困っている人
・SEOをマーケティングに活かしたい人

目次

そもそも、SEOとは?

SEOとは、検索エンジン最適化を指す言葉です。「Search Engine Optimization」の略語にあたり、マーケティング戦略の一つとしてよく用いられます。

マーケティング戦略によく用いられる理由は、商品や企業の認知度向上が期待できるからです。WEBサイトが上位表示されるようSEO対策することで、サイトが閲覧される回数が増えるため、商品のPRなどにうってつけの方法といえます。

検索結果において、一番上に表示されるページのクリック率が高いのはいうまでもありません。クリック率が高いサイトは、閲覧される回数が伸びます。結果として、そのサイト内で紹介されている商品や企業も閲覧されるため、認知度が向上します。

このように、SEOは商品や企業の認知度アップのためによく用いられる、検索エンジン最適化の技術のことを指しているのです。

SEOがWebマーケティングに重要な3つの理由

SEOがWebマーケティングに重要な理由として、以下の3つがあげられます。

  • 広告費を削減できる
  • 資産性が高い
  • 予算を掛けずに実施出来る

広告費を削減できる

SEO対策をすると、広告費の削減が期待できます。なぜなら、SEO対策にかかるお金がリスティングなどの広告費よりも安く済むケースが多いからです。

広告は、出している期間ずっとお金がかかり続けます。お金をかければすぐにユーザーを集めることはできるものの、お金を払わなくなればユーザーを集めることができなくなるのです。

一方で、SEOにかかる費用は記事制作とメンテナンスにかかる費用のみです。しかも、一度上位表示をされれば少しのメンテナンスで上位表示を維持できます。そのため、長い目で見てSEOの方がユーザーを集める費用としては安くおさまるのです。

ただ、SEOに取り組んだからといってすぐにユーザーを集められるわけではないため、その点には注意してください。

資産性が高い

SEO対策のために作られたコンテンツは、サイト内にどんどん蓄積されていきます。そのため、サイト自体がコンテンツを豊富に持つ資産となります。

集客のために広告を打つ場合、成果が出なかった場合は何も残りません。掛け捨てのような状態となり、必要であれば再度広告を打つ必要があります。

対してSEOは時間がかかるものの、半永久的にコンテンツが残ります。そのため、施策に費用がかかったとしても無駄にはなりません。SEOで上がらなかったのであれば、メルマガやYouTubeに横展開することも可能です。

もちろん、上位表示されれば、集客し続けてくれる資産になります。

このように、SEO対策のために生み出したコンテンツは将来的な資産になることもあるため、コストパフォーマンスの高いマーケティング手法といえるでしょう。

予算を掛けずに実施出来る

SEOは数あるマーケティング手法の中でも、予算をかけずに実施できる方法となっています。サイト内に質の良い記事を投稿できれば、コンテンツSEOは実施可能だからです。

また、運営者自体が専門の知識を持っていれば、費用をかけてライターを雇わなくても実施できることもあります。

加えて、SEO対策のための分析ツールである

  • Googleアナリティクス
  • Googleサーチコンソール

などのツールも無料で利用できるため、SEOは予算をかけずに取り組める方法といえるでしょう。

とはいえ、最初からSEOを予算をかけずにやろうとすると、質の低いコンテンツを量産してしまう恐れもあります。そのため、最初のうちはインハウス支援のコンサルなどを頼むことをおすすめします。

SEOの主な対策手法について

SEOにはさまざまな対策手法がありますが、大きく以下の3つに分かれます。

  • コンテンツ施策
  • 内部施策
  • 外部施策

コンテンツ施策

コンテンツ施策とは、「ユーザーの検索意図を分析し、ニーズに沿ったコンテンツを継続的に発信する施策」のことです。自然検索結果からの流入数増加を目的とし、キーワードや共起語の選定を選定したうえでコンテンツを作成します。

ユーザーのニーズを満たした検索エンジンから評価される記事を作成することで、検索結果での上位表示を目指すことが可能です。

あわせて読みたい
【SEOノウハウ公開】検索意図を分類・分析し、上位表示を目指す方法 コンテンツSEOにおいて、ユーザーの検索意図を読み解き、ユーザーにとって満足感の高いコンテンツを作成することが至上命題です。 この記事では、検索意図の重要性、そ...

内部施策

内部施策とはその名の通り、「自サイト内で実施するSEO対策」のことです。タグ設定や構造など、サイトの基礎部分となります。

内部施策の主な役割は以下の通りです。

  • クロール対策
  • インデックス対策
  • ランキング対策

内部施策の主な手法は、検索エンジンにコンテンツの内容を正しく伝える「タイトル、見出し設定」、検索エンジンの巡回を促すための「サイトマップ作成、内部リンク設定」、ユーザビリティを意識した「モバイルフレンドリー、ページ速度の高速化」などがあげられます。

外部施策

外部施策は「他のサイトからのリンク数を増やす施策」のことで、被リンクやバックリンクと呼ばれることも多いです。

外部施策がうまくいけば、検索エンジンから「役立つ・信頼性の高いコンテンツ」として評価され、ドメインパワーの向上につながります。

また、外部リンクの多いサイトの方がクローラーの訪問数が増えるため、結果としてインデックスの促進も期待できるでしょう。

ただし、闇雲に外部施策を行えばいいわけではありません。あくまでも良質な外部施策を増やさなければ、検索エンジンからの評価は得られないため注意しましょう。

特に、スパムリンクと呼ばれる外部リンクを受け取った場合は、むしろサイトの評価が下がることもあるため、注意が必要です。そのようなリンクを受け取った場合は、サーチコンソールから否認するようにしましょう。

▼外部対策についてより深く知りたい方へ

あわせて読みたい
SEO外部対策とは?被リンク対策のポイントや便利なツールを解説 外部対策は内部対策やコンテンツSEO同様、SEO対策に必須で、被リンクやサイテーションの獲得が特に重要とされています。 良質な被リンクやサイテーションの獲得は、ユー...

SEOをマーケティングに活かすために覚えておくべきこと

SEOをマーケティングに活かすためには、以下の4つを覚えておく必要があります。

  • マーケティングにかかる広告宣伝費を抑えられる
  • コンテンツを資産化できる
  • 速効性はあまり期待できない
  • 定期的なメンテナンスが必要

マーケティングにかかる広告宣伝費を抑えられる

SEOをうまく活用できれば、マーケティングにかかる広告宣伝費を大幅に抑えられます。一度評価されてしまえば、対象のキーワードで中長期的にユーザーのアクセスが見込めるからです。

広告を打つ場合は、成果の有無に関係なく継続的な出稿が必要です。それに対して、予算を抑えながら多くの集客を狙えるのは、SEOならではのメリットといえるでしょう。

コンテンツを資産化できる

SEOを目的として生み出されたコンテンツは、半永久的に資産として残ります。資産として残ったコンテンツはメルマガやYouTube台本への再利用など、本来の目的とは違った活用方法としても活かせます。

また、サイト内に良質なコンテンツが増えれば、SEOの評価が高まるのもメリットです。そのためコンテンツを作るときは、ただ数を増やすのではなく、質も意識して制作しましょう。

速効性はあまり期待できない

SEOをマーケティングに取り入れる場合、速効性はあまり期待しないようにしましょう。選定するキーワードやライバルの多さにもよりますが、基本的には数か月、長いと半年以上の期間が必要になるからです。

いち早い上位表示を目指すのであれば、検索件数が少ないキーワードを選定してコンテンツを制作しましょう。ビッグキーワードよりは効果が出やすく、上位表示を十分に狙えます。

▼検索件数が少ないキーワードでのSEO対策の方法はこちら

あわせて読みたい
ロングテールSEOとは?実施するメリット・デメリットや注意点を解説 ロングテールSEOを用いれば、中小サイトであっても費用をかけずに検索上位を目指せます。 競合サイトが少ないユーザーニーズに応えやすい という特徴があるため、SEO効...

定期的なメンテナンスが必要

SEOで制作したコンテンツは、制作したら終わりではありません。定期的なメンテナンスが必要です。

検索エンジンはサイト評価のアルゴリズムを定期的にアップデートしています。アルゴリズムがアップデートされると、これまで上位表示されていたページの順位が下降する可能性があります。

ただし、Googleのアップデートはユーザビリティの向上を第一としています。そのため、普段から良質なコンテンツを制作できていれば、そこまで心配する必要はありません。

あくまでも情報を最新のものにすることを目的として、定期的なメンテナンスを実施していきましょう。

SEOを正しく活用してマーケティングを成功させよう

今回は、SEOがマーケティングに重要な理由、および対策手法を解説してきました。

SEOは費用をかけずに始められて、かつ資産性の高いマーケティング手法です。そのため、正しい対策手法や活かすための方法を知っていなければ、うまく成果は得られません。

この記事で紹介した内容をもとに、ぜひSEOを正しく活用して、マーケティングの成功を目指してください。

▼SEOを活用してマーケティングを成功させた事例を知りたい方はこちら

あわせて読みたい
オウンドメディアの成功事例10選|SEOのプロが厳選【2022年最新版】 見込み客のリードを獲得したり、採用を成功させたりする方法の一つとして、オウンドメディア運用があります。 オウンドメディアを運用することで、自社のブランディング...

▼おすすめ記事集

あわせて読みたい
自然な被リンクを増やす。SEOに効果的な被リンク分析・リンクビルディング戦略 2022年現在、被リンクはSEOにおいて重要視されている項目の1つです。Google公式も、サイトを評価する上で被リンクを重要な指標としていることを明言しています。そのた...
あわせて読みたい
被リンク営業、被リンク獲得方法【実用・実践編】 SEO対策をする上で被リンクは最も重要です。 SEO対策の相談が最近多くなり、チームでナレッジを共有するため、改めて最新の被リンク獲得方法や被リンク営業先をまとめま...
あわせて読みたい
【2022版】サイテーションのSEO効果、増加施策、調べ方を徹底解説します SEOの外部施策のひとつに、サイテーションという指標が存在します。サイテーションとは、直訳すると「言及する」という意味で、SEOの文脈では「Web上でサービス名が話題...
あわせて読みたい
【SEOノウハウ公開】検索意図を分類・分析し、上位表示を目指す方法 コンテンツSEOにおいて、ユーザーの検索意図を読み解き、ユーザーにとって満足感の高いコンテンツを作成することが至上命題です。 この記事では、検索意図の重要性、そ...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

SEO歴13年、過去に月間1億PVまでWebサイトをグロース。ポータルサイトSEO、コンテンツマーケティングSEOなど、幅広いジャンルの順位UP・売上UP実績が豊富。YoutubeでSEO動画を大量配信中。『オリジナルSEOハンドブック【無料】』を配布中!!

目次
閉じる